2018年2月22日 (木)

こどもたちの落語会

2018年2月19日~2018年2月25日放送 
長崎放送 ラジオ局ラジオ制作部 中島千夏

【番組概要】
こどもたちがたった一人で高座に上がり落語を披露する「佐世保かっちぇて落語っ子の会」。佐世保市で起きた小6女児同級生殺害事件に心を痛めた放送作家・海老原靖芳さんの「ふるさとのこどもたちの為に何かできないか」との思いから始めた落語会です。ネタは全て佐世保の地名や方言を使った、海老原さんのオリジナル。人情味あふれる佐世保の人々も登場します。それぞれの個性にあわせたネタを託されたこどもたちは、熱心な自主練習と定期的な稽古でしっかりと頭に叩き込み、緊張の一席に臨みます。予定外の出来事もなんのその。立派に高座をやり遂げ、たくさんのあたたかい拍手をもらったこどもたちの笑顔は、どこか誇らしげです。海老原さんの思いは、確実にこどもたちに届いています。

【制作意図】
落語ブームと言われる昨今。噺家の巧みな話術とネタの面白さに、改めて注目が集まっていますが、「佐世保かっちぇて落語っ子の会」の魅力は地元を感じられるネタと、ひたむきに「笑い」と向き合うこどもたちの姿にあります。番組ではこどもたちの緊張の一席と、落語を通してふるさとのこどもたちに「笑い」を届けたいと願う放送作家・海老原靖芳さんの思いを描きます。

【制作後記】
あぐらをかいたり、あくびをしたり。稽古場で自由に振舞うこどもたちにはじめは少し驚きましたが、高座に上がるとその姿は一変。目はしっかりと客を見据え、力強い声でネタを披露する堂々とした様は頼もしく、笑いの世界に一気に引き込まれました。あたたかい笑顔とウィットに富んだ口調でこどもたちと向き合う海老原靖芳さんにも、大いに笑わせていただきました。もしかしたら、取材中だということをうっかり忘れた私の声が番組の中に入り込んでいるかもしれません。

名人たちによる技の競演 勝山年の市

2018年2月12日~2018年2月18日放送 
福井放送 ラジオセンター 制作担当 松村和也

【番組概要】
福井県勝山市の冬の風物詩となっている「勝山年の市」が1月28日、市中心部の本町通りで開かれる。手作りの木工品や民芸品、伝承料理など市内外の50店がずらりと並び、寒さが厳しい奥越に活気を呼び込む。年の市は江戸時代に山村の農家の人たちが自分たちで作った副業製品を売るため、路上で市を開いたことが始まりとされる。「ないものは馬の角だけ」と言われるほど品ぞろえが良かったという。現在は勝山本町通り商店街振興組合が毎年1月の最終日曜日に開催している。約400メートルの通りに地元の飲食店や農産物加工グループなどが露店を設置する。伝統の保存食「鯖の熟(な)れ鮨(ず)し」、アマゴやアユの加工品、かき餅などを販売。きねや臼、まな板などの木工品、木炭など手作りの逸品も並ぶ。恒例の「むらの達人」コーナーでは、ござ帽子やわら・竹細工、報恩講料理など3人が製作、調理した品を販売する。

【制作意図】
江戸時代から続く、勝山 年の市。毎年県内外から多数の来場者が訪れる市の魅力は?もちろん、むらの達人として認定を受ける伝統工芸の品々は魅力的だが、それほどの需要があるとも思えない。でも、人を集める魅力はどこにあると思い、調べるうちに、市に出る皆さんがそれぞれの分野で名人となり、その名人の品を求めて、人が集まることに気づきました。むらの達人は名人の代表ではあるが、普通に生活をする方が名人であり、地域の宝である子供たちが今後名人になる、そんな思いを表現できたらと制作しました。

【制作後記】
子供の声が響き渡る。雪深い、福井県勝山市は今年は特に雪が多く、一日一日生活を続けるのが大変です。そんな冬のこの季節に「勝山 年の市」は開催されます。そして、この市は子供たちの声が響きます。子は鎹。元気な子供たちは地域の宝。この「勝山 年の市」すべての人たちが名人であり、将来名人になりうる人たち。そして、何十年後もこの賑わいを続けてほしいと切に思います。

2018年2月 2日 (金)

真冬に新茶のできる里

2018年2月5日~2018年2月11日放送 
四国放送 ラジオ編成制作部 林敬

【番組概要】
徳島県最南端の海陽町(かいようちょう)の山間集落には、古くから「寒茶」(かんちゃ)という独特の茶が伝えられている。十分に育った冬の茶葉を使うのが最大の特徴であり、今年も地元の主婦らによる茶摘みが始まった。茶摘みの後は手作業で少しづつ加工され、少量の寒茶ができる。全国でも珍しい「真冬の茶摘み」を音で取材し、山里の環境や生産者の思いを伝える。

【制作意図】
地域に伝わる独特の製茶文化を紹介し、それを生み、伝えてきた山間部の暮らしや自然環境、そしてそこに生きる人の心にスポットをあてることを意図している。

【制作後記】
背丈より高く繁る茶畑にまず驚かされた。葉も不揃いで、とにかくワイルドだった。しかし冬の茶葉こそ栄養を蓄えているので茶に甘みがあるとの説明は説得力があった。またこの時期の寒風こそが、できた茶の乾燥にうってつけだとのことで、長年の山の暮らしから生まれた知恵を感じた。寒茶づくりを通し、地元の人自身が改めて「山の豊かさ」に感謝している様子が印象深かった。

津軽弁の日30年 ~方言詩人のにぎやかな法事~

2018年1月29日~2018年2月4日放送 
青森放送 ラジオ局ラジオ制作部 齊藤暢

【番組概要】
毎年10月23日、青森県青森市では「津軽弁の日」というイベントが開催されます。青森市や弘前城と桜で有名な弘前市、立佞武多で知られる五所川原市など、青森県の西側にあたる地域を津軽と言い、そこで使われている方言が津軽弁です。10月23日は、津軽弁の詩集を著した高木恭造さんの命日。高木さんの事を多くの人たちに覚えていてもらいたい、方言を残していきたいという思いで、方言詩人・伊奈かっぺいさんとその仲間たちが手弁当で行っているのが「津軽弁の日」です。この日は県内外から1,000人以上の人たちが集まり、津軽弁で書かれた詩や川柳、体験記などを楽しみます。津軽の人たちに秋の深まりを感じさせる存在になった津軽弁の日は、今年で30周年。にぎやかな法事はこれからも続いていきます。

【制作意図】
 私が生まれる前から続く「津軽弁の日」は、30年という節目を迎えました。長い間、一般から津軽弁の作品を募集して開催されてきましたが、スタッフの高齢化により募集は終了することになりました。しかし、「津軽弁の日」そのものが終わるわけではありません。形を変えて、高木恭造さんの功績、津軽弁の面白みをこれからも伝えていきます。私自身そうですが、方言を話せる人間というのはどんどん減っています。これは、文化の損失なのではないでしょうか。この放送が、自分たちが生まれ育った場所の言葉について、改めて考える機会になればと思いました。

【制作後記】
伊奈かっぺいさんの「方言を失うのはもったいない」という言葉を聞いて、祖母の事を思い出しました。祖母はネイティブな津軽弁だったので私には聞き取れず、母の通訳が無ければ意思疎通が困難な事がよくありました。当時は笑っていましたが、今思うとこれが方言を失う寂しさなんだと思います。
 津軽弁が持つニュアンスは津軽弁でしか表現できません。これは、どの方言にも言える事だと思います。共通語で表せる事は微々たるものです。私のリスニング力も幾分マシにはなりましたが、今回の編集中に精進が足りない事がはっきりと分かったので、もっと津軽弁を聞く機会を増やしたいと思います。
 

2018年1月29日 (月)

ほんの少しの彩りを~希少伝統工芸・加賀象嵌~

2018年1月22日~2018年1月28日放送 
北陸放送 ラジオ制作部 宮下 潤

【番組概要】
石川県の希少伝統工芸に指定されている加賀象嵌は藩政時代、加賀藩前田家によって、京都から伝えられました。いま全国で象嵌が伝統工芸として根付いているのは、京都の京象嵌、熊本の肥後象嵌、そして石川の加賀象嵌です。京都から伝えられた技術は、加賀の素材や文化が加わり独自のデザインが確立されます。そんな加賀象嵌に魅了された作家・笠松加葉さん。女性ならではの目線と感性でオリジナルの作品づくりに励んでいます。笠松さんが作る加賀象嵌の作品は、鑑賞用ではなく、アクセサリーや食器など、普段使いのもの。「希少なもの」としてではなく、自分の作品によって、ほんの少し豊かな気持ちになって欲しい。そんな気持ちで伝統工芸と向き合っています。

【制作意図】
石川県の中でも、その知名度はまだまだ低い加賀象嵌。今回取材した笠松加葉さんは高校生の頃に象嵌に出会い、それからは迷うことなく象嵌一筋で活動されてきました。 タイトル通り「ほんの少しの彩りを加えたい」という気持ちが笠松さんの作品作りからも伝わってきます。作品を見せることは出来ませんが、人柄と音で、それが少しでも伝わればと思います。

【制作後記】
笠松さんとお話する中で、「不器用だから続けられる」ということをおっしゃっていました。これは先輩作家が笠松さんに対して言ったそうなんですが、不器用だからこそ立ち止まり、悩みながら、作品作りを深めていけるそうです。続けていくことは簡単ではない世界ですが、これからも笠松さんの作品が多くの人の目に留まり、加賀象嵌の魅力が少しでも伝われば、と思います。

2018年1月10日 (水)

やねよりの箸屋

2018年1月15日~2018年1月21日放送 
山口放送 ラジオ制作部 千田 正秀

【番組概要】
山口県東部にある周防大島。ここに「やねより」という屋号を掲げた箸屋があります。そこの主、河合 悦生さん69歳は40年ほど前から竹を使った箸を作り続けています。その箸は孟宗竹を使ったものと希少な煤竹を使ったもので、どちらもしなやかで使いやすく、そして美しい箸です。そんな箸を黙々と作る悦生さんは大の人好き、お酒好き。夕方になると部屋の中央にある囲炉裏に炭を起し、海の幸を肴に晩酌するのが日課。お客さんがいれば一緒に囲炉裏を囲むことを勧めてくれます。そして酔いが回ってくると、箸を作る気持ちを表した自作の「詩」を披露してくれます。そんな愉快な主人がいる「やねよりの箸屋」を「絵に描き」ます。 

【制作意図】
河合 悦生さんが作る箸も魅力的ですが、ご本人の人としての魅力と「やねより」の雰囲気を伝えたいと思いました。職人であり、大酒飲みであり、詩人でもある。一度、その人柄に惹かれるとまた会いに行きたくなる。「やねよりの箸屋」を描くことは悦生さんという「人」を描くことだと考えて制作しました。

【制作後記】
「やねよりの箸屋」へは会社から車で行くしか交通手段がありません。3回、取材にお邪魔し、3回とも晩酌にお付き合いさせてもらいましたが、いずれの取材も運転手だったため、毎回ノンアルコールでお付き合い。絶品のコノワタやサザエの刺身など、酒好きにはたまらない肴の数々をお茶で流し込みながら、次は必ず運転手確保してお邪魔したいと心に強く誓った次第です。            

-60℃の世界~焼津のCold Space Creator

2018年1月8日~2018年1月14日放送 
静岡放送 ラジオ局編成制作部 鈴木保

【番組概要】
日本で有数の冷凍マグロ・冷凍ガツオの水揚げを誇る静岡県焼津市の焼津漁港。私たちが普段、何気なく食べている魚の味、品質の裏側には過酷な環境で作業する人たちがいました。焼津のとある水産加工会社では-60℃の冷蔵庫で働く作業員の方を「Cold space creato」と呼んでいます。「Cold spac eace creator」とはどんな仕事なのか、普段は見られない裏側の仕事を紹介します。

【制作意図】
焼津は魚で有名な街です。漁港やさかなセンターの認知度も高いのですが、この寒い季節に極寒の世界で働く人がいることはなかなか知られていません。私たちが何気なく食べている魚が過酷な作業の上に成り立っていることを伝えたいと思いました。また漁港の雰囲気や冷蔵庫の迫力ある音も体感してもらいたいです。

【制作後記】
今回、はじめて漁港のセリの様子や-60℃の冷蔵庫の中を見させてもらいました。-60℃の世界は、鼻の中やまつ毛まで凍ってしまうなど想像以上の寒さでした。この過酷な環境で毎日何時間も作業されている方たちのおかげで新鮮で美味しい魚が食べられていることを痛感しました。過酷な環境ですが若い「Cold space creator」も増えてきています。大変な仕事であることもそうですが、若手の社員が先輩社員のお、想いを受け継いで頑張っている様子なども伝わればと思います。

2017年12月20日 (水)

つなげるエール 我ら、不死鳥応援団!

2018年1月1日~2018年1月7日放送 
中国放送 RCCフロンティア 宮崎夏音

【番組概要】
広島県の中央部に位置する、東広島市西条。豊かな自然に囲まれ、酒造りが盛んなこの街に、広島大学、通称 “広大”があります。夕暮れ時、この大学の片隅から「声」が聴こえてきます。その声の正体は、広大で活動している、『広島大学体育会応援団』です。蘇りし伝説の鳥、“不死鳥”を応援団のテーマに掲げ、運動部の試合や大学行事、地域のイベントなどで演舞を行っている彼らですが、実は、2010年頃から、団員の数は0で休部状態でした。今から4年前・・・一人の学生の入団を機に、応援団は復活を遂げます。手探りの中でエールを始め、広大の伝統を蘇らせた不死鳥応援団の声をお聴き下さい。

【制作意図】
「休部状態だった応援団を、復活させた大学がある。」ということを知り、広島ではあまり馴染みのない”大学の応援団”が、どんな演舞を行うのか、そもそもなぜ、応援団を復活させたのか気になったので、会いに行きました。団員も少なく、今後の成り行きによっては再び休部になりそうな広大応援団ですが、彼らの迫力ある声を聴いて心を打たれました。広大応援団が、全身全霊かけて贈るエールを、たくさんの人に届けたいと思い、企画に至りました。

【制作後記】
学園祭をもって応援団を復活させた4年の先輩たちが引退、団員数が大幅減となりました。録音風物誌の中で、その落差を描こうと企んでいたのですが・・・新応援団のエールに驚かされました。
確かに、人数が減った分、声に厚みはなくなりましたが、迫力は衰えることなく、力強い声に圧倒されました。新応援団の姿を見て、すぐに番組の構成を変えました。今後、どのように先輩から託されたエールを繋いで伝統の応援団を守るのか。これからの活躍がますます楽しみになり、目が離せない存在になりました。



アフリカの村に命の灯を

2017年12月25日~2017年12月31日放送 
秋田放送 ラジオセンターラジオ制作部 利部昭勇

【番組概要】
秋田県内のイベント会場で最近、注目を浴びている屋台「ザンビア風お好み焼き」。アフリカの国、ザンビアの貧しい村に診療所を建てる資金集めのために、秋田大学医学部の学生たちが切り盛りしています。チームリーダーでメニューを考えたのは、医学部3年生の宮地貴士さん。実際にザンビアで貧困と医療弱者の現状を目の当たりにしました。宮地さんは命の尊厳を求め、診療所建設に向けての活動を続けています。

【制作意図】
日々、新たな殺人事件やいじめによる自殺を報じるニュースを目にします。これほど命が軽んじられていることに、怒りとむなしさを感じている人が多いと思います。命は大事なもの。その理屈は誰かが教えてくれても、本当に命の大切さを想像できているでしょうか?きな臭さを増している国際情勢の中、まだ平和な日本、成果と効率だけが評価される日本。今、命の重さを考えなければ、すべてが綻んでしまうのではないでしょうか。命の尊厳を考えてほしいと思います。

【制作後記】
医学生・宮地貴士さんは、これから現場実習に入り、人の臓器の温度を実際に彼の手で感じることになります。また、患者たちの心理的な訴えも耳にするようになります。お好み焼きを売っている今は、夢を追う若者ですが、いよいよ命の重さに向き合い、大きな壁に何回もぶつかることでしょう。彼は「命の尊厳」をどう考え、どう言動にしていくのか。今回の録音風物誌は、彼の物語の序章です。ABSラジオは「命」をテーマに宮地貴士さんのこれからを追い続けます。次回もお楽しみに!

お法使さん~世代を越えてつなぐ、つながる~

2017年12月18日~2017年12月24日放送 
熊本放送 報道制作局 ラジオ制作部 岡村久美

【番組概要】
熊本県の益城町・菊陽町・西原村の合わせて12地区で、600年以上続くと言われる「お法使祭(おほしまつり)」。毎年10月30日に行われるこの祭は、神殿を持たない神様を1年ごとに地区から地区へ受け渡すもので、今年は菊陽町の辛川地区から益城町の平田地区へ受け渡されました。この祭の一風変わったところは、ご神体を乗せた神輿を田畑や道に投げたり転がしたり、手荒に扱うことです。少子高齢化などの問題から継承が難しくなっている現状もありますが、今年も祭は賑やかに執り行われ次の地区へと引き継がれました。今年は、去年の熊本地震で被害の大きかった地区に受け渡すということもあり、様々な想いのこもった祭となりました。その様子を地区の人々の声と共に届けます。

【制作意図】
3町村12地区で1年ごとにご神体を受け渡し600年もの間続いてきたと言われるお法使祭。この祭最大の特徴は神輿を落とすことですが、去年は熊本地震直後ということもあり、神輿を手荒に扱うことなく次の地区へ渡されました。そして、今年ご神体を受け渡すのは、地震の被害の大きかった地区。復興お法使祭として開催された今年の祭を取材しました。12年に1度の祭に込めた思いや、熊本地震からの復興への思いなど、様々な思いを、祭のにぎやかな雰囲気、神輿を落とす音と共に伝えたいと思います。

【制作後記】
地方の祭には、多かれ少なかれあると思いますが、この祭も少子高齢化の問題に直面しています。私は10年ほど前に別の地区でこの祭を見たのですが、地区の違いというだけでなく、確かに少し勢いが落ちているように感じました。今回取材をする中で、若者が地区の行事から離れつつあるという言葉を聞きました。しかし、当日は平日にも関わらず老若男女、初参加の人からベテランまでたくさんの人が参加し、賑々しく祭が執り行われました。こういった行事のない地域で育った私としては、少し羨ましくもありました。地域の伝統を受け継いでいくことの素晴らしさ、また、地震後元気にがんばっている熊本の様子も感じて頂ければと思います。


半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad