2017年11月17日 (金)

松江ゴーストツアー~八雲の足跡を辿って~

2017年11月13日~2017年11月19日放送 
山陰放送 コンテンツ局報道部 森谷佳奈

【番組概要】
島根県松江市を代表する作家・ラフカディオ・ハーン。別名、小泉八雲。世界を転々とし、松江にやってきた彼は、その地で「怪談」を綴りました。作品には、「雪女」「耳なし芳一」があり、誰しも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。こうしたなか、松江市では、10年前から、八雲の怪談ゆかりの地を巡るゴーストツアーが開催されています。ツアーは日没後にスタートし、語り部と共に市内を練り歩きます。暗闇に身を委ねると、聞こえてくるのは松江の夜の音とおどろおどろしい怪談話。しかし最後には、八雲が怪談に込めた心温まるメッセージを感じることができます。八雲の綴った怪談とその背景にあった松江の音風景。彼の足跡を辿る旅に皆様をご案内します。

【制作意図】
松江市は、山陰地方の中でも風情のある町のひとつです。この歴史深い景観をどうにか音で伝えられないかと考えた時に、松江ゴーストツアーと出会いました。
取材をしてみると、夜だからこそ感じることのできる音景色が広がり、怪談話がより一層鮮明に聴こえてきました。怪談とともに、五感を研ぎ澄まして、八雲の生きた松江の世界観を感じてもらえればと思います。

【制作後記】
松江ゴーストツアーでは、小泉八雲の怪談の舞台となった場所を巡るので、彼が過ごした松江の情景を感じることができます。取材をしてみて、普段何気なく過ごしていると分からない音や景色もあり、昔から変わらない早朝のシジミ漁の音、どう行列の太鼓の音、そして静寂の中から聞こえる水音や虫の音などが現代の松江に継承されていることに気づきました。

同時にこれが未来へ伝えていくべきものではないかと感じています。
また、八雲の怪談には怖さと、愛が詰まっています。それはどこか、日本人特有の愛情表現に思えてくるから不思議です。きっと松江を愛していた八雲のことですから、心はすでに日本人だったのでしょう・・・。



2017年11月 8日 (水)

秋の恵みとインディアン水車

2017年11月6日~2017年11月12日放送 
北海道放送 HBCフレックス 氏家誠一

【番組概要】
「秋あじ」とも言われ秋の恵みとして北海道民に一番親しまれている魚、「鮭」。その鮭のふ化事業をおこなっている千歳川には遡上してきた鮭を捕獲する捕魚車、通称インディアン水車があります。その水車が回る豪快な音。鮭の捕獲時の生きのいい鮭が跳ねる音。それに専門家の方に教えて頂いたサケのふ化事業の歴史、インディアン水車についての解説を加えて構成しています。

【制作意図】
昔は秋になると道内いたるところの川で鮭が遡上していました。しかし、時の流れと共に遡上する鮭が減ってしまいました。北海道の千歳川は日本で最初の鮭のふ化事業が始まった川であり、その鮭の捕獲のために設置されたインディアン水車は秋の風物詩として千歳市民だけでなく北海道民に親しまれています。その水車が豪快に水を掻き揚げる音、捕獲した時、鮭が飛び跳ねる音を使った番組から北海道の秋、鮭との長い歴史をお伝えしたいと企画しました。

【制作後記】
予定していたパーソナリティーが病気の為NGとなり、考えていた企画がダメになってしまいました。急遽、別のパーソナリティーにお願いをして制作しましたが、意図していたものとちょっと変えざるを得なかったのが残念です。ただ、取材時はラッキーにも結構鮭が上がっていた日で、捕獲され豪快に跳ねる音が新鮮でした。この取材で改めて、鮭が我々北海道に住む人にとって大切な魚だと認識できました。千歳水族館の館長さんも非常に協力的で助けられました。

2017年11月 2日 (木)

八幡靴を守るたった一つの工房~靴職人の思い~

2017年10月30日~2017年11月5日放送 
KBS京都 ラジオ編成局制作部 永田和美

【番組概要】
滋賀県近江八幡市の伝統産業、八幡靴。昔は町内のほとんどの方がこの八幡靴に関わるほどの主力産業でした。しかし、大量生産や海外の安価な革靴に負け、八幡靴をつくる工房は有限会社リバーフィールドたった1社を残すだけとなりました。ベテラン靴職人2人を中心に中堅・若手の職人2人、そして研修生3人の7人で靴を作っています。番組ではこのベテラン靴職人2人を中心にお話を伺いました。靴作りの工程すべてをお伝えすることができませんが、革をたたく音、革を削る音などをお聞きいただきながら、職人2人がポツポツと語る中にある、靴への愛情を感じていただければ幸いです。

【制作意図】
近江八幡市の伝統産業である八幡靴は、昭和のはじめころ最盛期を迎えます。靴職人の藤田さんがお話いただいたように生まれる前からこの仕事に就くと決まってたというように町内のほとんどの方が関わるような主力産業でした。それがここ数十年で1店舗を残すのみ、一時期は職人が3人しかいないというまでになりました。一足一足手作りで作られる八幡靴は、大量生産のものとは違い一つ一つ思いをこめて丁寧に作られます。お客さんの足にフィットするのはもちろんですが、職人が靴に対するこだわりを持ち、磨き上げることで出来上がる靴はほかの何にも替えがたいものがあります。ふるさと納税の返礼品になったことで注目を集め、注文数も増え、軌道に乗りかけている八幡靴。それでも、工程を変えるつもりはなくオーダーメイドで一足一足お客さんの足に合わせて作っていくというこだわり。靴という完成品そのものだけでなく、その工程にも目をむけ、職人の思いまで感じ取っていただきたいと思い、制作しました。


【制作後記】
代表の川原さんはもともと八幡靴を卸して販売していた会社だったのですが、工房の棟梁が無理だとなった際、これではいけないと八幡靴の工房を引き継いだそうです。当初大きな工房の中には職人が3人しかいなかったのが今は研修生も受け入れ、7人にまでなり、にぎやかになったとうれしそうに話されていたのが印象的でした。まだ八幡靴の後継者不足の課題は完全に解決とまではいきません。ですが研修生のお話を聞いていても、靴作りへの思いをもって仕事をされていて、それはベテラン靴職人であるお二人の思いと重なる部分があるなと感じました。やり方は少しずつ近代的なものを取りいれていったとしても、靴作りに対する思いは変わらずそこにあり続けてほしいと強く感じた取材となりました。

2017年10月20日 (金)

薩摩に伝わる幻の竹笛~天吹(てんぷく)~

2017年10月23日~2017年10月29日放送 
南日本放送 編成局ラジオ制作部 立和名 梨絵

【番組概要】
「てんぷく」と呼ばれる尺八に似た竹笛「天吹」。天吹は、長さ30センチ、三つの節と五つの孔(あな)からなり、尺八よりもやや高い澄んだ音色を出します。名前の由来は、「天(あま)の八重雲を吹き放つ事の如し」という古文書の詞からとったとされ、現在は鹿児島にだけ伝承されています。
天吹の起源は未だにはっきりしていませんが、昔の武士や明治時代のハイカラな学生たちの嗜みとして愛用されていたようです。時代とともに天吹は廃れていき、今では「幻の笛」とも呼ばれています。
その幻の笛「天吹」を絶やしてはいけないと結成されたのが「天吹同好会」。昭和56年に結成され、天吹の楽しさ・面白さを若い世代に伝えています。指導するのは白尾国英さん。白尾さんは、母校である姶良市立加治木中学校1年生の子どもたちに天吹の楽しさを伝えています。子どもたちは白尾さんの指導のもと、11月の文化祭で発表する天吹演奏に向けて、練習を頑張ります。天吹に触れた子どもたちの感想、白尾さんの思い、そして素朴な天吹の音色をお届けします。

【制作意図】
とある番組で天吹奏者と出会い、つい時間を忘れてしまいそうなほど癒される演奏を聞いたことがきっかけで取材を始めました。天吹は鹿児島だけに伝わり、市販もされていません。完全に手作りの楽器で、材料となる竹は、自分たちで竹林に行き探しにいきます。まるで宝探し。伝承曲も7曲しかなく、演奏者も本当に限られている楽器です。リコーダーでも尺八でもない「素朴な音色」と、その音色を奏でるみなさんの思いを伝えたいと思い制作しました。

【制作後記】
今回の取材を通して感じたことは、同好会のみなさんが本当に天吹を愛しているということです。ある日の練習にお伺いしましたら、すでに私専用の「天吹」を作ってくださっていました。温かい雰囲気の中、私も会員の一人となって、取材の傍ら練習スタート。シンプルな楽器なのに音を出すことがとても難しく四苦八苦。一音出すので精一杯でした。練習中、会員のみなさんが天吹を気持ちよさそうに吹く姿には感動しました。吹けば吹くほど味わい深い「天吹」をもっと多くのみなさんに知ってほしいなと思いました。きっと天吹の虜になるはず!


松山・道後の新名所 太古のロマンに浸かる場所

2017年10月16日~2017年10月22日放送 
南海放送 ラジオ制作部 三瀬 雄一

【番組概要】
9月26日松山市道後地区にオープンした「道後温泉別館 飛鳥乃温泉(ゆ)」聖徳太子が入浴したとされる歴史を元に、飛鳥時代の建築様式を取り入れた松山市民期待の施設です。大浴場を彩る壁画は、銭湯などでおなじみの富士山ではなく、地元の風景が描かれています。それも愛媛を代表する陶磁器「砥部焼」の陶板にかかれた風景。番組では、作者である女性陶芸家、山田ひろみさんに注目。独自の技法「ブラッシング」を駆使した壁画が完成した時、山田さんは何を思うのでしょうか。

【制作意図】

愛媛・松山の観光の顔、国指定の重要文化財「道後温泉本館」も、建築から120年以上が経過し、耐震工事の必要性に迫られています。工事期間中の観光客の減少が懸念される中、新たな温泉施設の建設が始まりました。それが「道後温泉別館 飛鳥乃温泉」です。愛媛の伝統文化のショーケースをテーマにしており県内の伝統工芸品が館内にふんだんに取り入れられています。その中で最大のもの、そして温泉施設である以上誰もが必ず目にするであろう壁画と、それを手がける女性陶芸家に注目。彼女が駆使する技法「ブラッシング」へのこだわりと、壁画作成への思いを伝えられないかと制作しました。

【制作後記】
今回取り上げた砥部焼は、今年、誕生240年目の節目を迎えます。砥部焼に限らず、長い歴史を積み上げてこられたのはなぜかと考える時、従来の方法にとらわれない、新しい発想を持った人が出現し、
産地をもりあげてきたに違いないと思うのです。山田ひろみさんも確実にその一人。とにかくパワフルで、繊細で、作品に向かえば妥協することがない…
自身を振り返って、見習うところばかりのすてきな方でした。



2017年10月11日 (水)

紡ぎ、紡がれ~錦織りなす北限の絹~

2017年10月9日~2017年10月15日放送 
山形放送 報道制作局制作部 新野 陽祐

【番組概要】
舞台は山形県鶴岡市。江戸時代、この地域を治めていた庄内藩の藩士たちが明治維新の後、刀を鍬に持ち替えて土を耕し、カイコのエサとなる桑の木を植えました。この時、国内最北限の絹産地が誕生しました。そして、140年余りが経過したいま、一つの産地でカイコを飼育する養蚕から、私たちの手元に届く商品になるまでのすべての工程が存在する、日本で唯一の絹産地になりました。絹が生まれる時、その工程の中でどんな音が生まれているのでしょうか。そして、人と歴史はどんな音を奏でてきたのでしょうか。そこに暮らす人々の風景とともにお届けします。

【制作意図】
絹に音はありません。そう思った時、絹ができるまでにはどういう音が存在するのだろうと、ふと思ったのが取材のきっかけでした。侍が刀を鍬に持ち替えて養蚕を始めたというストーリーにも惹かれました。豊かな歴史と文化がはぐくんだ絹産地の魅力をぜひ多くの人に知ってもらいたいと思っています。そして、絹産業にはこんなにも多くの工程があり、支えている人たちがいるということを知ってもらい、絹自体の魅力も再認識してほしいと思っています。

【制作後記】
取材を始めたのはいまから7年前2010年にさかのぼります。以来、年に数回は絹産業の会社やそこに携わる人たちの取材を続けています。カイコが桑の葉を食べる音、糸が作り出される音、機織り機の音・・・目で見るとすぐ分かるはずの音が、耳だけになるとまったく違った音に聞こえ、より効果的にラジオとして聞いてもらえるようにするのは苦労しました。7年の間に、加藤さんは亡くなり、番組には反映できませんでしたが、製糸会社も火事にあいました。それでも一生懸命に絹産業を支える人たちをこれからも応援していきたいです。

2017年10月 3日 (火)

古楽器に魅せられて~古の音色が響く森

2017年10月2日~2017年10月8日放送 
大分放送 ラジオ局アナウンス部 平川侑希

【番組概要】
大分県北部に位置し豊かな自然に囲まれた杵筑市山香町。田園風景の中現れる小さな森の工房で古楽器の制作を行っているのは松本公博さん(68)。大学卒業後ピアノの調律しをしていた公博さんは、ピアノの前身であるチェンバロを制作したのを機に古楽器づくりの道へと進み、以後約60種類、数千にも及ぶ古楽器を制作してきました。公博さんがつく角は中世ヨーロッパ時代に存在した古楽器。実物はもちろん設計図もないため、設計、制作、調音そして時には材料尾となる木の伐採まですべて自分の手で行っています。古楽器の魅力を多くの人に伝えようと、妻のてるさん、息子の未來さん、長女の舞香さんと共に一家で演奏活動を行っています。工房がある森には、いつも古楽器が作る音、そして美しい古楽器の音色が響いています。

【制作意図】
古楽器の制作には、材料となる木の伐採から調音まで様々な過程がありますが、その中でも公博さんが大切にしているのが木の乾燥です。伐採後、短いものでも3~4年、長いものでは100年以上乾燥が必要なものもあります。当然自分たちが生きている間に使わないものもあり。公博さんは、古楽器が存在していた過去、そして自分が伐採した木が使われる未来にも思いを馳せながら日々古楽器づくりを行っています。そんな公博さんの楽器へのこだわりや強い思い、そして古楽器が奏でる音色の素晴らしさをお伝えできればと思って制作しました。

【制作後記】
公博さん工房がある森では、毎年松本さんの息子未來さんと、長女舞香さん主催で「Sing Bird Cocert」というイベントを行っています。古楽器の演奏や、アーティストによるライブ、古楽器づくりが体験できるワークショップ等が行われ、今年も県内外から200人を超える人々が訪れました。今は家族4人で古楽器を奏でている松本さん一家ですが、今年の春にはお孫さんが誕生しました。公博さんは、いつか孫も加わっての演奏が出来ればと夢を膨らませていました。

2017年9月14日 (木)

録音風物誌リスナープレゼントのお知らせ

番組をお聴きの皆さまにプレゼント 「米の食味(しょくみ)ランキング」で
7年連続の特A評価を獲得した 佐賀県産「さがびより」の今年の新米5キロを5名様に
お送りします。

Saga

(イメージ)



【ご応募方法】

■住所

■氏名

■年齢 

■電話番号
 

■番組の感想、ご要望など

をお書き添えのうえ、お聴きの放送局へはがき、またはkayoukai@radio.or.jp まで、
「録音風物誌新米プレゼント」と明記してご応募ください。 
締切りは10月20日です。 
当選者の発表は11月の賞品発送をもって代えさせていただきます。

たこプロレス

2017年9月25日~2017年10月1日放送 
新潟放送 報道制作課 佐藤智也 

2017年度録音風物誌番組コンクール 最優秀賞
再放送です


【番組概要】
新潟県新潟市北区白根地区(旧白根町)で江戸時代から続く白根大凧合戦。毎年6月初旬に5日間に渡り行われる夏の風物詩です。越後平野を流れる「信濃川」の支流「中ノ口川」の両岸から畳24畳分の大凧を揚げ、空中で絡ませ川に落とし、相手の凧綱が切れるまで引き合う勇壮なお祭りです。白根に住む人はこのお祭りの準備に1年をかけます。縄、凧、凧に書く絵は全て手作業です。その1年間の想いをお祭りの5日間にぶつけます。お互いの組のプライドを賭けたこの戦いで組の団結を強くします。凧を揚げるため、勇壮な若者が堤防を賭け、綱を引く。その迫力と思いを音と実況で届けます。

【制作意図】
準備に一年かかるという白根大凧祭り。一年間の想いが、堤防を駆けるその一瞬に凝縮されます。その激しさ、迫力、想いを言葉でなく音で伝えたいと考えました。ただ、白根大凧合戦のルールは複雑で、現地で見ていてもわかりづらい部分もあります。この説明をナレーションで行うのではなく、敢えて現地の興奮をそのままに実況することで、臨場感も伝えられたらと考えました。白根大凧合戦協会会長 種村幸夫さんと中之口川河川敷で凧を見上げているような、そんな雰囲気を感じて頂けたら幸いです。

【制作後記】
取材したのは5日間行われる白根凧合戦の初日でした。この激しさでこの後も凧を揚げ続けるのかという驚きがありました。銭湯のお祭りが地域にもたらすものとは何か、その答えが河川敷にあったように思います。この意地と意地がぶつかりあう合戦で、地域は結束を深め、地域のアイデンティティを育んでいます。私が生まれた地域にはこのようなお祭りはありませんでしたので、少し羨ましい気持ちになりました。是非、来年観に来て頂き、白根大凧合戦の:迫力、青春の匂いを感じて頂けたらと思います。

最強のコミュニケーションツール 太鼓!!

2017年9月18日~2017年9月24日放送 
RKB毎日放送 吉留樹里

2017年度録音風物誌番組コンクール 優秀賞
再放送です

【番組概要】
小さな集落に鳴り響く太鼓の音。福岡県糸島市の山奥の集落では、太鼓の音で住民の集合を合図するという風習が残っています。住民の方にとっては当たり前すぎて、いつから始まったのか誰も知りません。それほど「日常なのです」電話やメールなど連絡をとる手段が進化している時代に、なぜ今もこの風習が残っているのか、各集落の太鼓のリズムと共にお聞きください!!!

【制作意図】
「原始的な連絡手段」という事で取材を始めました。各集落で太鼓の大きさや音、合図のリズムも違います。この風習がいつから始まったか、などの歴史が残っていませんでした。人から人へ伝わっている素晴らしさと音を番組を作ることで残したいと思い制作しました。

【制作後記】
各集落の方々尾ほかの集落の太鼓音をじっくりと聞いた事がないということで、録音した音をCDにして取材に協力して頂いた方にお渡ししました。首座宇宙、住民の方々の中には「住民の高齢化と人口減少などの理由で、いつまでこの風習が残るのかわからない」という声もあったので、少しでも力になれたらと思います。

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad