2019年11月29日 (金)

29年目の歌声

2019年11月18日~2019年11月24日放送 
南日本放送 ネットワーク局ラジオ部 相原尚典

【番組概要】
鹿児島市にある原良地区は、市内中心部にも近い、閑静な住宅街です。この地区にある、鹿児島市立原良小学校では、毎週月曜日になると元気な子供たちの声と共に、美しい女性合唱の歌声と笑い声が聞こえてきます。原良小学校の校区公民館を拠点に、29年間、県内外のステージで活躍するママさんコーラス団体「コールはらら」の練習風景です。元々は、PTAの活動として始まったこのコーラス団体は、子供が卒業した後も、続き、様々な年代のお母さんたちの交流の場としての役割も担っています。取材に訪れた9月の練習日は、10月11日に開催される「鹿児島県お母さんコーラス合唱祭」に向けての練習の真っ最中。今年で結成29年目を迎える「コールはらら」の元気なお母さんたちの本番までの様子を追いました。

【制作意図】
鹿児島市にある原良地区は、市内中心部にも近い、閑静な住宅街です。この地区にある、鹿児島市立原良小学校では、毎週月曜日になると元気な子供たちの声と共に、美しい女性合唱の歌声と笑い声が聞こえてきます。原良小学校の校区公民館を拠点に、29年間、県内外のステージで活躍するママさんコーラス団体「コールはらら」の練習風景です。元々は、PTAの活動として始まったこのコーラス団体は、子供が卒業した後も、続き、様々な年代のお母さんたちの交流の場としての役割も担っています。取材に訪れた9月の練習日は、10月11日に開催される「鹿児島県お母さんコーラス合唱祭」に向けての練習の真っ最中。今年で結成29年目を迎える「コールはらら」の元気なお母さんたちの本番までの様子を追いました。

【制作後記】
今回、制作にあたり、毎週月曜日の練習と、その間のステージに同行させていただきました。聴けば聴くほど、驚かされる圧巻の歌声に感動しながら、お母さん達の気さくな人柄に癒されたり、笑わされたり。制作者である私自身が、誰よりも楽しんで取材をさせていただきました。指揮者の池田先生が常におっしゃっていた、「いくつになっても一人の女性として生き続けて欲しい。」という思い。この思い通り、団員全員が、合唱をしている時間は、「一人の女性」として輝いて見えました。来年、結成30年目を迎え、再び「お母さんコーラスコンクール全国大会」を目指す「コールはらら」。今後も、その活躍から目が離せない、素晴らしい皆さんでした。

2019年11月15日 (金)

ホンジュラスと愛媛をつなぐ珈琲物語

2019年11月11日~2019年11月17日放送 
南海放送 メディア制作部 古茂田圭

【番組概要】
愛媛県大洲市にこの夏オープンした『カトラッチャ珈琲焙煎所』オーナーは愛媛県松山市出身の今井英里さん29歳。6年前、大学卒業後 青年海外協力隊として中米のホンジュラスに小学校の教諭として赴任しました。そこで目の当りにした「貧困」教育ではなく経済的に、ホンジュラスと関りたいとホンジュラスの珈琲の販売(フェアトレード)を決意したのです。オープンさせた場所は 西日本豪雨の被災地でもある大洲市。実は昨年復旧ボランティアとして活動したことがきっかけとなり、そこで、出会った酒店のご主人。再建した新店舗の一角を借りての営業です。ホンジュラスと出会い、人とつながりから生まれた今井さんの新たな挑戦を珈琲焙煎の「音」とともにお送りします。

【制作意図】
伊予の小京都といわれる大洲の町 昨年の西日本豪雨では一級河川の「肱川」が氾濫し甚大な被害が発生しました。あれから1年廃業する企業や店舗も多いなか新しいお店がオープン。これだけも嬉しいニュースです。さらに海外とつながる事業です。「珈琲焙煎所」から漂う香ばしい香りとゴトゴトと毎日動く焙煎機の音が大洲の町にやさしさと活気を届けられればと思い制作致しました。

【制作後記】
今井英里さん、とにかく「笑顔」が素敵な女性です。そして誰もが応援したくなるような女性です。 世界一治安が悪いといわれる「ホンジュラス」ですが、そこに住む人と真剣に向き合い続けているからこそにじみ出る「魅力」だと思います。それからホンジュラス産の珈琲は「香り」が豊です。まだ飲んだことがないという方ぜひ一度お試しください。

 

2019年10月29日 (火)

和の心が鳴らす太鼓と鉦

2019年11月4日~2019年11月10日放送 
山形放送 報道制作局制作部 堀田孝

【番組概要】
山形県山形市の豊烈神社で、毎年10月6日例大祭に合わせて騎馬打毬の試合が行われている。打毬は馬にのり、約75cmの毬杖の先に毬をのせ、2・7m先の的穴めがけて投げ入れる競技。紅白に分かれて白が入ると太鼓の音、紅が入ると鉦の音が鳴らされる。現在、打毬が定期的に行われているのは宮内庁と青森県八戸市、山形市の3か所だけ。約200年続く打毬を後世に残そうと、豊烈神社には打毬保存会が設立された。しかし、会員の平均年齢は49歳とやや高め。今年2人の新人が入ってきた。一人は打毬を山形に伝えた水野家家臣の末裔、水野優介さん(37)、山形市立第一小学校の「打毬クラブ」1期生の田村翔さん(35)。乗馬もほぼ初体験ながら夏から練習を重ね、いざ本番に臨んだ。

【制作意図】
国内で定期的に行われている打毬は3か所だけという貴重な競技。山形県の指定無形民俗文化財にも指定されている。ニュース映像では毎年見ているが、一度足を運ぶと奥深い競技。豊烈神社の地元では、全国的に珍しい市立第一小学校の打毬クラブがあり、馬に乗らず走りながら毬を投げ入れる「徒(かち)打毬」を行っている。打毬保存会が子どもたちの指導にあたっている。この一期生が今回保存会に入会し、地域あげての打毬への取り組みが実を結んだ形。さらに水野家ゆかりの男性も入り、これからも打毬を後世に伝えていただきたい。

【制作後記】
打毬の起源は古く紀元前6世紀の古代オリエントのペルシャ(現イラン)だとか。これが
西欧に伝わったものが「ポロ」となり、シルクロードを東進し唐(現中国)を経て平安時代に
伝えられたのが打毬という歴史にロマンを感じました。さらに、豊烈神社の打毬は宮内庁に伝わるものとほど同形だそうで、昭和25年には三笠宮崇仁殿下をお迎えし、宮内庁と公劉試合を行ったとのこと。元号が変わった年にこの番組で放送できることに不思議な縁を感じ、また、令和でも交流試合をやってくださるとうれしいんですが…。

歯ごたえが命!火力マックス、豪腕鍋ふり~大分のまち中華・にら豚~

2019年10月28日~2019年11月3日放送 
大分放送 ラジオ放送制作部 植村裕

【番組概要】
全国有数の「にら」の産地である大分市。その「にら」を使った大分市発祥メニュー「にら豚」。豚肉とキャベツといっしょに炒め醤油ベースの味付けをした料理。発祥と言われる大分市の中華料理屋「王府」では注文して、わずか1分で料理ができあがる。その手軽さと美味しさで人気ナンバーワンメニューである。注文が入ると活気のいい店内から、小気味よく包丁の音が聞こえ、中華鍋で強く炒められ、あっという間に完成。空腹の客が待つテーブルへ運ばれる。大分市は「にら」の消費拡大を図り、「にら豚」を新たな名物として売り出している。その活気の模様を届ける。

【制作意図】
大分市では古くから馴染みのある中華料理「にら豚」大分市が「PR大作戦」を打つほど全国的な認知度が全くない。その事実に驚きました。「関アジ・関サバ」「からあげ」「温泉」に続く名物になって欲しい全国の人に知ってもらいたいと思い制作しました。 

【制作後記】
にら豚発祥のお店と言われる 大分市内の中華料理屋 王府店長の糸永さんは料理人歴およそ50年。インタビューをするときは優しいおじいちゃんのような方でしたが、いざ厨房に入ると目つきが変わりにら豚を素早く作り上げます。重い中華鍋をたくましい腕で何度も振る姿を見ると、年齢は全く感じませんでした。その糸永さんから大分県内の中華料理屋に広がった「にら豚」大分にお越しの際は是非ご賞味ください!!

丘の上の保育園 55年変わらないもの

2019年10月21日~2019年10月27日放送 
琉球放送 ラジオ局編成制作部 久田友也

【番組概要】
番組の舞台となった「緑ヶ丘保育園」は、沖縄本島中部・宜野湾市に古くからあるバプテスト教会が、1964年に設立した認可外保育施設だ。宜野湾市は住宅密集地だが、希少な緑が残された一角の、小高い丘の上にある。鳥のさえずり、虫の声、様々な自然の音が、子どもたちが裸足で駆け回る園庭にまで届く。園の設立当初から保育に携わる名護タケ先生は、園に勤めて55年。県民の生活が今よりもずっと貧しかった頃から、園の大黒柱として、地域の人々の生活を支えてきた。親・子・孫3世代で卒園生、という世帯もある。恵まれた環境に思えるこの園では、鳥や虫の声の合間に、まったく異質な音が紛れ込む。米軍機の騒音だ。普天間基地の滑走路から約1キロの場所に位置する緑ヶ丘保育園。2017年には「飛ぶ前に外せ」を意味する「REMOVE BEFORE FLIGHT」と書かれた米軍ヘリの部品が、ワイヤーが千切れた状態で、1歳児の部屋の屋根の上で見つかった。騒音に慣れていた保護者たちは「魔法が解けた」ように危険を感じるようになり、空の安全を求めて声を上げている。

【制作意図】
鳥や虫の声、子どもの声というごく普通の生活の音と、米軍ヘリの音を対比させたつもり。その土地ならではの風俗、という基本から逸れるのではないかとも考えたが、そこでしか聞けない音ではあるということで、取材を決めた。番組の趣旨にそぐわないのであればそのような評価も甘んじて受けたい。さて、ひと口に米軍ヘリの騒音と言っても、沖縄県内でも騒音被害には温度差がある。那覇市まで離れると、多くの人はほとんど意識しない。しかし宜野湾市、とくに普天間基地の滑走路両端周辺の人々は、深刻な不安・悩みを抱えている。見えるところにいても熱さを感じないロウソクの炎でも、手をかざすと熱さで痛みを感じるのと似ている。全国のリスナーの耳にわざわざ騒音を届けるこの作品を通じて、米軍ヘリの騒音を普段意識せずに生活できる自分との温度差を見つめてほしい。


【制作後記】
名護先生のインタビューは1時間に3度中断した。米軍ヘリの騒音のせいだ。途中、「普天間基地の近くにいる人が悪いという悪態もよく聞くけどね」と声を落として語った言葉。理解されてこなかった悔しさがにじんだ。園設立当初の緑ヶ丘保育園の園児たちは、フェンスもなかった普天間基地の敷地内へコオロギを獲りに散歩に出かけた。それほど基地と住民は近かった。無理もない。土地を奪われた人が、その近くに住んだだけだ。しかも、滑走路の両端周辺、約3,600人が居住する地域が、米国内であれば土地の利用が禁じられ、安全基準に抵触することが明らかになったのは2007年になってからだ。緑ヶ丘保育園もその中にある。普天間基地を使い続ける人たちの人命軽視の姿勢と、使わせ続ける日本側の人たちが、危険を継続させている。これを書いている途中(10月22日)、新聞を手に取ると、今度は嘉手納基地の機体が3.6㎏の部品を落としたニュースが1面トップだ。親たちの「鳥だけが飛ぶ空を」という願いは、過剰な要求だろうか。

2019年10月15日 (火)

生活をつなぐ海の道 高知県営渡船に乗って

2019年10月14日~2019年10月20日放送 
高知放送 ラジオ編成制作部 野口賢明

【番組概要】
太平洋に面した、高知県高知市のほぼ真ん中にある浦戸湾。浦戸湾では地域の人たちが利用する高知県営渡船がいまでも運航を続けています。その昔は手こぎ船などで湾を行き来していましたが記録を辿ると、エンジン付きの今の県営渡船の形になったのはおよそ70年前。以来、湾の対岸にある造船所に向かう人や、買い物に行く人、また通学に使う人など、地元の人たちの生活を支えています。しかもこの渡船の航路は、全国的にも珍しい、海の上を走る県道に指定されています。また四国霊場八十八カ所を歩いて回るお遍路さんにとっても最短のルートとなります。ところが、今から20年ほど前、湾の入り口にかかる橋が無料化されたことに伴い、一時は航路の廃止が議論されたことがありました。しかし航路を残してほしいという地元の人たちの願いによって航路は存続することになりました。地元の利用者やお遍路さんの声を聞きながら、海の道を穏やかに走る高知県営渡船を取材しました。

【制作意図】
現代の車社会において、交通手段の効率化というのは行政にとっては大切な課題だと思います。しかし、湾の対岸に渡るために最短距離で、しかも無料の渡船をこれまで日常的に利用していた人たちが、湾の出口にかかる橋が無料化されたからといって、その橋を渡ることは、非常に遠回りであり、車を持たない高齢者など交通弱者にとっては難しい現状があります。行政が運航するということは、税金を投入することになりますが、地域の人たちの足として、また四国の文化である八十八カ所巡りの歩き遍路にとって大切な意義をもつ高知県営渡船の日々の様子を伝えたく取材しました。

【制作後記】
県営渡船は平日は1日20便運航し、船長と船員2人のあわせて3人で運航しています。運行自体は日々淡々としていますが、お客さんを安全に運ぶという海の男の誇りを持ちながら業務にあたる寡黙な姿が印象的でした。また渡船を利用するお客さんは、ほぼ毎日利用している人が多いようで、生活の一部として欠かせないもののように感じました。税金を使っての運航とはいえ、地元の人たちにとっては無くてはならないものであることに違いはありません。今後、過疎高齢化などで、渡船の利用者が減少していくことも考えられます。例えば船を小型化したり減便するなどして運航形態を変える、また要望があれば湾内を巡る観光遊覧船のような使い方も考えられます。いずれにしても地域の足として残していくことが大切ではないかと感じました。

尾道水道を渡る~60円の近道~

2019年度録音風物誌番組コンクール 最優秀賞受賞作品
(再放送)

2019年10月7日~2019年10月13日放送 
中国放送 RCCフロンティア 立分美有

【番組概要】
広島県尾道市の南側に、向島と呼ばれる島があります。その向島と尾道の間には「尾道水道」という幅300mもない海峡があり、その海峡をひっきりなしに小さな渡し船が行き交っています。50年前に島への橋ができたにもかかわらず、向島の中心部から尾道駅に向かうには遠回りになる為、今でも渡船を利用する人が多くいます。尾道水道を往復する渡船は3社ありますが、その中でも運賃60円で一番安く乗れるのが今回取材した福本渡船。しかし、船員の高齢化による船員不足により、現在午前中と夕方以降のみの運行となっています。運休となると遠回りをするか、別の渡船を少し高いお値段で利用するかの二択。では実際、福本渡船がどれだけ早くて便利なのか?ということを、全国の視聴者にも体験していただきたく、実際に船を待つ時間から乗って降りるまでの一連の流れをノーカットでお届けします。

【制作意図】
住民の足として欠かせない渡船。お値段が安い、そして乗船時間が一番短いといった理由から学生が多く利用するのが福本渡船。特に朝のラッシュ時の船内は、自転車ごと乗船する多くの学生であふれかえっています。そんな学生の足として欠かせない渡船が、日中は運休状態になっているという現状と、どれだけ便利な交通手段で、どれだけ早いのかということを知っていただきたく制作しました。実際の乗船時間を使って制作しています。体感してみてください。

【制作後記】
操縦室内でのメディア取材は基本的に断っているそうですが、ラジオの取材なら入ってもいいよと特別に許可をいただき操縦室へ。想像していた船の操縦とは程遠く、ハンドルではなく、たくさんのレバーを使い、複雑かつ繊細に操縦されていました。取材をした船長の栗本さん曰く、「他の船と操縦方法が違うので、時間をかけた研修が必要」とのこと。現在研修中の若手研修生が2名いらっしゃいますが、一人で運転できるようになるには、もう少し時間がかかるそう。住民と学生の為にも、早く元の運行状況に戻ることを願っています。

2019年9月30日 (月)

笑顔を届ける 86歳のアコーディオン

2019年度録音風物誌番組コンクール 優秀賞受賞作品
(再放送)

2019年9月30日~2019年10月6日放送 
青森放送 制作局 ラジオ制作部 斉藤 暢

【番組概要】
青森県十和田市に住む藤田みつさんは、県内の老人ホームなどを回って音楽療法のボランティアをしています。藤田さんは今年で86歳、入居者の皆さんの平均年齢と変わりません。演奏中、藤田さんは約5kgのアコーディオンを持ちながらも座る事なく、入居者の間を歩きまわります。そうする事で、その場にいる皆さんが参加するようになるのです。音楽療法に大切な事は、入居者自身が曲を選んで歌う事。簡単な事ではありませんが、それでも藤田さんは決して「この曲をやりましょう」とは言いません。約4000曲のレパートリーで、歌謡曲や演歌、民謡など多種多様なリクエストに応えます。
 藤田さん自身の元気の秘訣は、毎日のウォーキングとよく食べる事。今でも20本以上が自分の歯なので、食事が楽しいようです。短命県の烙印を押された青森県でがんばっている、元気な86歳に密着しました。

【制作意図】
1人1人が支える高齢者の数が増え続けている世の中、同じ年頃の人たちを相手に音楽療法を行っている藤田さんは貴重な存在です。若者だから出来る事、同世代だからわかる事、それぞれにそれぞれの出来る事があります。こういった活動をより多くの人に知ってもらう事で、福祉に興味を持つ人が少しでも増えればと思います。また、やっている事だけ聞くとストイックに思える藤田さんですが、併せ持つかわいらしさが伝わってくれれば嬉しい限りです。

【制作後記】
まず、取材のお願いをする電話をかけた時、声のハリに驚きました。そして取材当日、イスに座るものだと思っていましたが、30分間立ったまま弾き続けたではありませんか。ウォーキングにご一緒させていただいた時もピンとした背筋ですたすたと1時間歩き、驚かされてばかりの取材でした。
 今回は番組内で触れる事が出来ませんでしたが、藤田さんの活動の裏には多くの人たちの協力があります。施設へ行くために車を出してくれる友人、スムーズに進行できるように動く施設のスタッフ。まだまだお話を聞きたい事、番組で紹介したい事ばかりです。

2019年9月27日 (金)

親子で繋ぐ”んまい”味。~元祖!日本のハンバーガー

2019年度録音風物誌番組コンクール 新人賞入賞作品
(再放送)


2019年9月23日~2019年9月29日放送 
東北放送 ラジオ局制作部 小笠原悠

【番組概要】
東北随一の繁華街、仙台・国分町に”日本最古のハンバーガーショップ”があります。1950年創業の『ほそやのサンド』です。牛100%にこだわった看板メニューの「ほそやのハンバーガー」は、世代を超えて多くの人に愛され、これまでになんと129万個を売り上げました。戦後、先代の主人が、山形の米軍キャンプで食べた本場の味に衝撃を受けたことが「ほそやの味」の始まり。その先代は8年前に亡くなり、現在は二代目の細谷正弘さん(65)が息子さんとともに厨房に立っています。「親父に教えられた通りに牛100%であること、誠心誠意”ハヤイ、んまい、やすい”を守ること。」が信条と話す細谷さん。親子で繋ぐ”んまい”へのこだわり、そして元祖日本のハンバーガーの美味しい音をたっぷりとお届けします。

【制作意図】
牛タンやずんだ餅といった広く知られた名物以外にも、仙台の街に根付いた味があります。昭和レトロな佇まいのカウンター席で、パティが焼ける音を聞きながらハンバーガーを待つワクワク感。出来立て熱々をほおばったときの幸せ。カウンター越しに見えるご主人の笑顔。時代とともに街並みが大きく変化する中で、70年近く愛される「変わらない味」。そのルーツと親子の絆に迫りたいと思いました。

【制作後記】
テレビでの報道経験はあるもののラジオは今回が初めて。開店前の仕込みから夜の営業終了まで、色々な音を録らせてもらいました。忙しい中、たくさんお話を聞かせてくれた細谷さん。インタビューにその人柄が出ていると思います。50年前から通う常連さんや、元祖の味に感動していた学生さんの”んまい”表情も伝わっていたら嬉しいです。取材後、お土産にと包んでくれたハンバーガー。んまかったなぁ…。

2019年9月20日 (金)

しあわせ運ぶSL銀河

2019年9月16日~2019年9月22日放送 
IBC岩手放送 ラジオ放送部 佐々木美穂 

【番組概要】
SL銀河の汽笛音を背景に流し、東日本旅客鉄道株式会社 盛岡支社 盛岡運輸区 主任運転士 菅原甲子郎さんにSLの魅力や、仕事の大変さについて話していただきました。「震災からの復興」を目的として始まったSLの運行ですが、運転士になりたいと思ったきっかけ、想いを話してもらっています。

【制作意図】
みんなに愛されるSL銀河。一方裏で汗を流しながらSLを運転する機関士に焦点をあて、機関車を運転する人の存在にも注目してもらいたいという意図で制作しました。実際に乗車したお客さんの声も入れながらSL銀河の魅力と共に伝われば幸いです。

【制作後記】
SL銀河に乗った際、壮麗な宮沢賢治の世界感に包まれた空間にお客さんの笑顔が溢れていたこと、また沿道から手を振る地域住民の方々との交流に心打たれました。機関士さんの仕事へのやりがいと想いが、想像以上に熱く、人々を楽しませるための仕事があることをラジオを通してより多くの人に感じてもらいたいです。

 

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad