2020年2月 7日 (金)

つなぐ~家康が眠る1159段までの近道~

2020年2月3日~2020年2月9日放送 
静岡放送 ラジオ局編成制作部 和田紗弓

【番組概要】
静岡市には、国宝で徳川家康が眠る久能山東照宮と、富士山を望む景勝地、日本平の二大観光地があります。その2つをつないでいるのが、「日本平ロープウェイ」です。ゴンドラにはガイドが乗り込み、ゴンドラから見える静岡の風景や、久能山東照宮の歴史を独自の語り口で解説してくれます。しかし、ロープウェイが開通する前は、「イチイチゴクロウサン」と親しまれていた石段を登らなければ、久能山東照宮へ参拝することができませんでした。その「イチイチゴクロウサン」のくだりをはじめとする、静岡への思いが、名物ガイドの鈴木美音さんから、今年1月にデビューした新人ガイドの大塚朋美さんへとつないでいきます。

【制作意図】
静岡市の二大観光地をつなぐ「日本平ロープウェイ」。そのゴンドラの中で、ガイドが独自の語り口で「静岡」というものを伝えているのが風物であると感じ、このテーマにしました。実は、久能山東照宮へ参拝するには、日本平からロープウェイに乗るルートと、久能山側から1159段の石段を上る2つのルートがあります。ガイドの中には、ロープウェイが開通する前は、1159段の石段を「イチイチゴクロウサン」とシャレを言いながら登っていたことが語られています。この静岡の古き良き風情を感じるガイドに焦点を当て聞かせることで、50年前のガイド、現在の名物ガイドの鈴木さん、新人ガイドの大塚さんへと語り継がれ、静岡への思いもつながっていることを伝えたいと思いました。

【制作後記】
日本平ロープウェイの名物ガイドの鈴木さんに密着していると、研修中の大塚さんに出会いました。取材をすると、大塚さんのガイドの中にも、開通当時から引き継がれているガイドのくだりが含まれていることを知り、「つなぐ」というテーマで番組を制作したいと思いました。富士山と徳川家康をつないでいるロープウェイの中のガイドを聞いていただき、皆さんの頭の中に、静岡の風景が浮かんでくれたらうれしいです。

広島親子三代 この街でビールをつぐ

2020年1月27日~2020年2月2日放送 
中国放送 RCCフロンティア 大橋綾乃

【番組概要】
広島市の中心部にある繁華街・流川で、連日行列ができる「ビールスタンド重富」。重富酒店の倉庫の一角に設けられた店舗は、わずか3坪の敷地ながら「うまいビールが飲める店」として、全国からお客さんがやってきます。営業は1日2時間、注文できるのは1人2杯までと、一風変わった業態のお店を始めたのは、重富酒店の社長で、ビールスタンド重富のマスターでもある、重富寛さん。昭和のサーバーと現代のサーバーを使って、同じ銘柄のビールを注ぎ分けます。「うまいビール」の提供を通して、重富さんが目指すこととは。極上のビールの背景に迫ります。

【制作意図】
流川で育ち、地元を愛する重富さん。この地を元気にするには何ができるのかと考え、自分が得意な「うまいビールを注ぐこと」を思い立ったそうです。集客のための店舗なので、営業時間は短く、「仕事じゃなくて趣味だ」と仰っていました。「ビールスタンド重富」は、流川でやることに意味があります。こだわりのビールが飲める人気店、というだけではなく、地元の活気を取り戻すために活動する姿を伝えます。

【制作後記】
重富さんの地元への愛やビールへのこだわりを聞くと、ビール好きな方はもちろん、あまりビールが得意ではないという方にも、訪れてほしい店だと感じました。また、取材中、ビールを飲んだお客さんの、「うま!」という反応がとても印象的でした。うまいものには人を笑顔にする力がある。それを強く実感する取材でした。重富さんが愛する流川の地、ぜひ訪れてみてください。

雪国に響け おらのスコップ

2020年1月20日~2020年1月26日放送 
青森放送 制作局ラジオ制作部 斉藤暢

【番組概要】
青森県五所川原市で生まれた宴会芸、スコップ三味線。スコップを三味線のように抱え、栓抜きをバチ代わりに叩きます。曲はCD等で再生しますが、まるでスコップから聞こえているかのよう…。
宴会芸とはいえ、究めようとすると奥が深いものです。そんなスコップ三味線の達人である、青森市在住のサフロ吉崎さんに、スコップ三味線の魅力を教えていただきました。

【制作意図】
スコップと言えば今の季節の青森には必需品ですが、それを楽器にしてしまう人たちがいます。津軽三味線のある青森県で、わざわざスコップ三味線に手を出すなら熱い想いがあるはず。軽く見られがちな宴会芸ですが、それが人の心を救うこともあるのです。

【制作後記】
取材にお邪魔するまで知らなかったのですが、吉崎さんは意外な経歴をお持ちの方で驚きました。厳しい状況はいくらでもあったかと思いますが、スコップ三味線があれば笑顔にあふれていたそうです。
細かい音の違いまで教えてくれた吉崎さんですが、スコップ三味線は楽しむことが第一だとしきりに言っていたのが印象的でした。これを機に、少しでも触れる人が増えることを願っております。

2020年1月14日 (火)

南阿蘇に生きる!人々を癒し続ける地獄の湯

2020年1月13日~2020年1月19日放送 
熊本放送 ラジオ局ラジオ制作部付 宮川理佳

【番組概要】
阿蘇郡南阿蘇村にある温泉旅館「地獄温泉 青風荘.」は、200年以上に渡り、湯治場として人々の傷を癒し続けてきました。しかし、2016年の熊本地震、その後の大雨により土砂崩れが発生。建物の約3分の2が被害に遭いました。道路は寸断され、誰もが再建不可能だと感じていた中、2019年4月、温泉の一部を再開。営業をしながら、湯治場としての役割を果たすべく、旅館の建物の再建工事を進めています。地震のみならず、土砂災害の被害を受けてもなお、人々に温泉を届けようと前へ進み続ける「地獄温泉 青風荘.」の河津誠さん。その原動力には、限りない自然の恵みと先人達のメッセージがありました。

【制作意図】
2019年4月16日。阿蘇郡南阿蘇村の観光地「地獄温泉 青風荘.」が温泉の一部を再開させたという嬉しいニュースが届きました。しかし、いざ旅館へ行ってみると、工事中の道路は凸凹で、時折目に飛び込んでくる崩れた山肌はとても痛ましかったです。
ようやく辿り着いた「青風荘.」は、温泉の一つが復活したのみで、これまで人々が宿泊していた建物などは無くなっていました。土砂崩れの形跡が残る周囲の風景を見ると、よくこの3年で復活できたなというのが正直な感想でした。地震と、土砂災害・・・自然の猛威を二度も経験した「青風荘.」が、どうして歩みを止めずに前進できたのか?河津さんの原動力を支えているものには、200年以上の歴史と、自然の恵みがありました。
熊本地震からやがて4年が経とうとしています。自然は毎年のように日本各地で牙をむいています。そのような中、自然と向き合い、先人の姿に思いを馳せ、この地が築いてきた歴史の上で生きていくと決めた河津さんの姿を全国へ届けたいとの思いで制作しました。


【制作後記】
河津さんが「青風荘.」の復活を目指す理由の一つには、被災地の希望の光になりたいという思いもあります。被災地というのは、熊本県内のみならず、毎年各地で起きる自然災害により被害を受けた地域も含まれます。「青風荘.」が復活をすることで、一つのモデルが出来上がります。つまり道しるべとして、傷ついた人々が復活できる道筋を示していきたいそうです。「青風荘.」のことだけではなく、もっと広い視野で前進していらっしゃる河津さん。地獄温泉は、温泉だけではなく、河津さんの姿にも力をいただける場所だと感じました。



ひびけ!とっかん

2020年1月6日~2020年1月12日放送 
信越放送 松井健悟

【番組概要】
同じものでも地域によって呼び名が変わるものがあります。「とっかん」もそのひとつ。コメを膨らませたいわゆる「ポン菓子」のことを指す長野の方言です。主人公は長野市でポン菓子の移動加工業をしている新井敬一さん(77歳)。軽トラックにポン菓子を作る器械を載せて各地を回り、その場で加工するというスタイルを半世紀近く続けています。番組では新井さんに密着取材。今では見ることが少なくなったポン菓子加工という文化を伝え、続けていきたいという新井さんの思いを綴ります。

【制作意図】
今ある日常は、未来の子どもたちには違う景色のように見え、聞こえるはずです。変わらないもの、変わりゆくもの。かつて「とっかん加工」が日常に存在した信州の景色は、私の子どもが大人になった時にはなくなってしまう景色・音かもしれません。半世紀近くポン菓子加工を続けてきた新井さんを通じて、今ある日常を描きたいと制作しました。

【制作後記】
ポン菓子加工をするときには、かなり大きな音が出ます。釜の目の前にいると耳をつんざくほどの迫力ある爆音です。新井さんは、この作業を何万回と繰り返してきているはずです。にもかかわらず、新井さんは「うっとうしいから」と耳栓をしません。年齢もあって、最近耳が聞こえにくくなったそうです。これからも健康に続けていくためにも、耳を大切にして仕事を続けてもらいたい…。マイクを向けながら感じていた、私からのささやかな願いです。

2019年12月18日 (水)

母がくれた宝のコロッケ

2019年12月30日~2020年1月5日放送 
山梨放送 小林奈緒

【番組概要】
山梨県甲州市の小さな惣菜店「ほっこりや」。看板メニューは、その名も“ばくだんコロッケ”です。ソフトボール大の特大コロッケには、山梨で馴染みのある馬肉がたっぷりと使われており、1日に300個近くが完売するといいます。店主の松崎しず江さん(64歳)は、精肉店の娘として生まれ、
50年に渡って愛され続ける地域の味を守っています。しかし、現在の「ほっこりや」をオープンさせるまでには、幾重もの苦難がありました。番組では、悲しみを乗り越えて「母の味を守る」と決意したしず江さんの熱い思いと、人々を虜にする“ばくだんコロッケ”の秘密に迫りました。


【制作意図】
地域で50年に渡って親しまれているめずらしいコロッケがあると聞きつけ、早速店に出向きました。まず、その大きさにびっくり!普通のコロッケの3個分はあろうかという、特大サイズのコロッケです。一口食べて、またびっくり!普通のコロッケとは一味違う馬肉の旨味、滑らかなじゃがいもの食感、塩コショウが効いたシンプルな味付けながら、胸焼けせず後を引く美味しさ…
魅力がたっぷり詰まったのルーツを辿るべく、取材を開始しました。コロッケづくりから見えてきたのは、しず江さんの亡き家族への想いと、一緒に歩んできたお客さんとの絆です。心温まる山梨ならではの風物誌を、コロッケが揚がる美味しい音とともにお送りします。

【制作後記】
「ほっこりや」を訪れる常連客はコロッケ愛に溢れていて、取材中もたくさんの笑顔に出会いました。
“ばくだんコロッケ”が50年に渡って地域で親しまれている理由は、その味だけではありません。しず江さんの人柄があってこそなのです。弟と母親を亡くし、悲しみに暮れるしず江さんの背中を押してくれたのは、精肉店時代からの常連客でした。しず江さんは地域で待ってくれている人の想いに応えるため、涙をこらえて自分を奮い立たせたのです。たくさんの愛情が詰まった“ばくだんコロッケ”は、これからも変わらず、地域の味としてずっと受け継がれていくのだと思います。


宮ケ瀬ダム~治水だけでなく観光名所へ

2019年12月23日~2019年12月29日放送 
文化放送 制作部 牟田 春輝

【番組概要】
ダムは一般に治水を目的に作られていますが、近年観光地としても人気となっています。
都心からおよそ50km、日帰りで行ける場所にある神奈川県・宮ケ瀬ダムは、関東圏のダムで唯一、観光放流を行っているダムです。大迫力の観光放流の音をお届けすると同時に、豪雨が各地で発生し、治水が社会的関心事となっている中で、ダムで働く人々はどのような思いで仕事をしているのかお伝えします。

【制作意図】
元々、今年10月の台風19号の影響で緊急放流を行ったダムへの批判の声に疑問を持っていました。緊急放流はできれば避けたいことであるのはダムで働く人も当然わかっているはずで、それでも緊急放流をせざるを得ない状況だったのではないかと思ったからです。一方で、ダム好きの友人の話でダムが観光地にもなっていることを知っていました。そこで、そのダム好きの友人に宮ケ瀬ダムを紹介してもらい、観光地としてのダムの魅力と、ダムで働く方の思いを両方お伝えすることはできないか、と思い制作致しました。

【制作後記】
観光放流は見た目、音ともに大迫力で、なかなか体験できないエンターテインメントだと感じました。番組本編に入っている周りの人々の歓声がそれを物語っています。ダム管理事務所の岡崎さんの話で最も印象に残ったのは、「ダムに携わり、下流域の安全を担っていると同時に、自分もその下流域に家族と暮らしているので、安全を担われている立場でもあった」という言葉です。多くの人々、そして自分の暮らしがかかっている中で仕事をする責任は大変なものだと思います。毎年のように「過去に類を見ない大雨」が降る中、それに対応していかなければいけない困難に立ち向かい、暮らしを守る人がダムにはいます。


バトンタッチ~老舗喫茶店の新たな船出~

2019年12月16日~2019年12月22日放送 
RKB毎日放送 制作局ラジオ制作 金山宏美

【番組概要】
2018年の10月に町から市になった福岡県那珂川市。水と緑の街と謳われる自然豊かな街で、福岡市のベッドタウンとして注目が集まっています。街は人口が増えるのと比例し、増えていくチェーン店。そんな中、まるで船のようなひときわ目を惹く建物が、市民から長年愛され続けている喫茶店「コーヒーハウスキャプテン」です。お店の中も、まるで船内にいるような雰囲気。それは先代のオーナーが元船乗りだったから。那珂川市のシンボルとも言える「キャプテン」ですが、今年の6月末をもって閉店することになりました。「どうにかキャプテンを残したい!」と立ち上がった地元那珂川市出身の木藤亮太さん。メニューや雰囲気も残せるものはすべて残していく。先代の船長から、新たな船長へのバトンタッチの様子をお届けします。

【制作意図】
チェーン店やUber Eatsなどの利用で簡単においしいものを食べられる時代。チェーン店とは異なる魅力を持つ昔ながらの喫茶店は、皆さんの街にもきっとあるはずです。「キャプテン」もそんな喫茶店です。お店の空気、時の流れ、コミュニティーなどそんなお店の雰囲気が伝わっていれば幸いです。

【制作後記】
朝一に来てコーヒーを飲みながら無言でスポーツ新聞を読んでいる方、夕暮れ時、一日の締めに来る方、いろんな常連さんに出会いお話を聞くことが出来ました。皆さん、快く思い出や今の気持ちなどお話してださいました。気が付いたらアッという間に時間が経っている・・・そこには何とも言えないゆったりとした時間が流れていました。そして、残してくれてありがとう!みんな声をそろえて言っていたのが印象的でした。那珂川市にお越しの際はぜひ見つけてみてください!すぐにわかるはずです。あ!最寄りの博多南駅には新幹線の車両基地があるので、博多駅から1区間ですが、なんと300円で新幹線に乗れちゃう!という特典付きです(乗車時間約8分)

2019年12月17日 (火)

次世代へ届け!~若き船頭の声~

2019年12月9日~2019年12月15日放送 
山陰放送 コンテンツ局制作部  森谷佳奈

【番組概要】
島根県松江市を訪れる観光客に人気の「堀川めぐり」。国宝・松江城を囲む堀を船でめぐる観光遊覧船です。松江城下の美しい景色とともに、ガイドする船頭の「声」も魅力の一つ。松江市のことを知り尽くしたベテラン船頭が活躍するなか、今年6月、21歳の新人船頭がデビュー。堀川めぐり至上、最も若い船頭の誕生となりました。船頭デビューをして、約半年。彼が今、一番苦労するのが「ベテラン船頭との情報量の違い」。松江市の知識はもちろん、季節や気候で変化する植物・生き物の話など…見えた景色に合わせてガイドをしなくてはならないため、膨大な知識を持たないといけません。日々先輩の背中を追いつつ、未来をも見据える新人船頭の姿を皆さんにお届けします。
それでは…松江堀川の音景色とともに、水上さんぽへ出航です。

【制作意図】
松江市出身の新人船頭がデビューしたと聞き、まず会いに行きました。年齢を聞くとなんと21歳。私自身も、松江市で生まれ育ちましたが、これまでこんなに若い船頭の方を見たことはありませんでした。松江の知識が問われる仕事ということで、正直不安を感じましたが、なんのその。試しに船に乗せてもらえば、流暢なガイドを披露してくれました。しかし、現状で1人しか20代の船頭がいないことや、先輩とのレベルの差に不安を感じることも多いそうです。ただ、そうした思いの背景には「立派な船頭になって、松江市を盛り上げたい!」という強い思いがありました。
進学や就職を機に、都会に出ていく若者も多いなか、松江市の未来をみつめる彼の姿に感銘を受け、制作に至りました。また、昔から変わらない松江城のお堀周辺の景色も感じてもらえれば幸いです。

【制作後記】
取材時は、鳥取県から初めて遊覧船に乗りに来たというご家族と一緒に乗船させてもらいました。終始楽しい雰囲気の船旅で、乗客も大満足。終盤はかなり盛り上がり、紅葉を眺めながら童謡のもみじをみんなで歌うという場面もありました。乗船後のインタビューで聴かせてくれたモットーは「まずは楽しんで帰ってもらいたい」。そんな彼だからこそ作りだせる雰囲気だと感じました。時折、若者らしい情報をプラスしながら楽しい船旅は、未来へつながる松江旅だと感じます。ぜひ、松江市にお越しの際は彼のガイドともに「堀川めぐり」を楽しんでください。
お聴きいただき・・・だんだん!(出雲弁でありがとうの意味です)

 

半世紀ぶりに蘇る、古の音色

2019年12月2日~2019年12月8日放送 
北海道放送 HBC FLEX 氏家誠一

【番組概要】
50年前に廃線になった、定山渓鉄道。当時、駅舎で鳴り響いていた電鈴の音、定山渓鉄道に載っていた人には、懐かしい音色。その音が、半世紀ぶりに復活しました。電鈴が付いたタブレット閉塞器を保存してる郷土資料館を訪れた鉄道好きの会社員の田中さんが修理をかって出て復活しました。定山渓鉄道を振り返るナレーションと復活に尽力した黒岩さんと田中さんのインタビューを交え構成しました。最後は、二人の閉塞のパフォーマンスで電鈴の音を聞かせます。

【制作意図】
大正7年から札幌と定山渓温泉を結び、沿線に住む人々や定山渓温泉を訪れる観光客の足として愛された定山渓鉄道。しかし、今から50年前の昭和44年10月にそのまま役目を終えました。この秋、当時、定山渓鉄道の駅舎で鳴り響いていた懐かしい音色が蘇りました。単線の定山渓鉄道で複数の列車が入ってるくるのを防ぎ、事故を防止する機械「タブレット閉塞器」の電鈴(ベル)の音。半世紀ぶりに復活したその音色をラジオを通して聞いてもらい、知る人には在りし日の定山渓鉄道の姿を思い出してもらい、若い人には北海道の歴史の1ページに定山渓鉄道があったことを知ってもらいたい。

【制作後記】
半世紀ぶりに復活した電鈴があると知って取材に行った簾舞の郷土資料館、そこで館長さんにお話をうかがっていると偶然、修理した会社員の田中さんが資料館を訪れ、館長さんだけの取材予定が、田中さんにもお話を伺えるという幸運な偶然がありました。

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad