2017年3月23日 (木)

聴いたことはないけど懐かしい~太陽が奏でる音~

2017年3月27日~2017年4月2日放送 
信越放送 編成制作部 中嶋直哉

【番組概要】
耳にすれば、心が落ち着く、わくわくする、聴く人によって感じる音色様々な「オルゴール」。長野県東部の小さな町にぽつんとたたずむ小海町高原美術館には、太陽の力で音色を奏でる「そらごーる」というものがあります。館長でオルゴール技師の名取淳一さんが制作しました。オルゴールと自然をかけあわせて、本来音を発しないものを音にのせて、表現したものです。オルゴールから流れてくる生演奏は、聴く人をタイムスリップさせてくれます。懐かしいようで、新鮮な音をお聴きください。

【制作意図】
わたしたちが日常つかっているオーディオ機器の先祖「オルゴール」。箱を開ければ機械仕掛けになっていますが、流れてくる音は生の音です。オルゴールが演奏する音を聴くのではなく、感じていただければ幸いです。

【制作後記】
まず・・・オルゴールの話をする館長の名取さんの目にやられましたが。「わくわく」が伝わりすぎて、何度も目をそらしたのはたぶん名取さんにも気づかれたはず。オルゴールの音色を聴いて、私の頭の中にこどものころの思い出がよみがえってきたときに、名取さんの「わくわく」を少し共有できた気がしました。オルゴール、久しぶりに生で聴きましたが、少し感情がざわつきました。聴いてください、オルゴール。「たまにでいいんです」って名取さんもおっしゃっていましたよ。

万年筆職人~”書く”ということ~

2017年3月20日~2017年3月26日放送 
山梨放送 ラジオ本部ラジオ制作部 上野美咲

【番組概要】
山梨県甲府市にある文房具店・甲府銀座ブラザー。創業は1916年、大正5年です。こちらで万年筆の製造・修理をしているのが中川良一さん85歳です。パソコンやスマートフォンが普及している現代ですが、中川さんは万年筆で文字を”書く”ことの大切さを話しています。

【制作意図】
若い世代にはあまり馴染みのない万年筆。中川さんは毎月およそ20本の万年筆を修理しています。お客さんの「あっ」という声を聞くと本当にうれしいという中川さんの職人魂と、文字を”書く”ことの大切さを伝えたいと思い、企画しました。

【制作後記】
私自身、万年筆を使ったことは今まで一度もありませんでした。自分の手に合った万年筆で文字を書くと、本当に「あっ」という声が出てしまいます。中川さんのお客さんに対する温かい気持ちや、あらためて”書く”ことの大切さを知ることができました。

2017年3月 9日 (木)

ブラジルからおーりたぼーり!~沖縄県系5世大城・ブルーナ・マリコ 憧れのとぅばらーま大会に挑戦~

2017年3月13日~2017年3月19日放送 
ラジオ沖縄 制作報道部 阿利貴子

【番組概要】
八重山地方で大事にされている叙情歌「とぅばらーま」思い思いの歌詞をとぅばらーまのメロディに乗せて歌い競う大会は昭和22年から続いています。この大会の前夜祭にあたる、とぅばらーまの歌碑がある、三本アコウの木の下で、とぅばらーま大会の前日「なかどぅ道ぬとぅばらーま祭りが毎年開催されています。本選への出場者や、地元民謡研究所に通う小中学生、歴代チャンピオンなどとぅばらーまを愛する観客が多数訪れました。前夜祭とはいえ、ピリピリと緊張感の漂う中、マリコさんは見事歌い上げ、拍手を頂きました。帰る直前に立ち寄った金武さん兄弟とのとぅばらーまを通しての交流など、1曲をキーワードに広がるグローカルな世界観郷土番組。

【制作意図】
世界のウチナーンチュ大会イヤーだった2016年。この年に沖縄伝統芸能を学ぶため、沖縄県費留学生として来沖している大城・ブルーナ・マリコさん。100年前にブラジルに移民をしたルーツを持つマリコさんが沖縄の文化や人々との出会いを伝えたかった。ブラジルと日本、距離的には日本の裏側だが、YouTubeで沖縄民謡を勉強するなどイマドキ事情も驚き。

【制作後記】
マリコさんが、予定していた方から借りられず、間に合わせで借りた三線の蛇皮が破れていて、は抜けた音に。演奏が始まると、観客から「あれは、(三線が)割れているね」とざわついていました。石垣島、恐るべし。帰り際に立ち寄った金武さん兄弟の畑小屋。何度もとぅばらーまのリクエストをうけ、唄うたびに涙を流す金武さん。マリコさんは、もらい泣きをこらえるのに苦労したそうです。&ありがたや、「囲炉裏と布団あるから泊まっていきなさい」との引き留め攻撃にに苦労しました。金武榮保さんは、50年前に友人からブラジルのコーヒー農園に出稼ぎ移民に誘われたそうです。その友人は大成功を治めているそう。もし、海を渡っていたら僕の人生は変わっていたかも、とつぶやいたのも印象的でした。人々の温かさ、陽気さ、熱さ、芸能好きなところがブラジルと八重山に、共通点はたくさんあるとまりこさんは語っていました。

最強のコミュニケーションツール 太鼓!!

2017年3月6日~2017年3月12日放送 
RKB毎日放送 吉留樹里

【番組概要】
小さな集落に鳴り響く太鼓の音。福岡県糸島市の山奥の集落では、太鼓の音で住民の集合を合図するという風習が残っています。住民の方にとっては当たり前すぎて、いつから始まったのか誰も知りません。それほど「日常なのです」電話やメールなど連絡をとる手段が進化している時代に、なぜ今もこの風習が残っているのか、各集落の太鼓のリズムと共にお聞きください!!!

【制作意図】
「原始的な連絡手段」という事で取材を始めました。各集落で太鼓の大きさや音、合図のリズムも違います。この風習がいつから始まったか、などの歴史が残っていませんでした。人から人へ伝わっている素晴らしさと音を番組を作ることで残したいと思い制作しました。

【制作後記】
各集落の方々尾ほかの集落の太鼓音をじっくりと聞いた事がないということで、録音した音をCDにして取材に協力して頂いた方にお渡ししました。首座宇宙、住民の方々の中には「住民の高齢化と人口減少などの理由で、いつまでこの風習が残るのかわからない」という声もあったので、少しでも力になれたらと思います。

響け!バスカーたちの音楽

2017年2月27日~2017年3月5日放送 
文化放送 制作部 高橋 渉

【番組概要】
神奈川県川崎市、京急川崎駅前にある商店街「川崎銀座街」では毎週末、開かれる「バスカーライブ」。「バスカー」とは路上演奏者のことです。9年前に初めて開催されたこのライブは現在、神奈川県内外から多くの参加アーティストやファンを集めるライブになっています。このバスカーライブの軌跡やこれからについて音楽とともにお伝えします。

【制作意図】

「あらゆるところに路上演奏者の姿が見られ、音楽であふれている」これが川崎市を初めて訪れた時に感じたことです。この環境はどのようにして作られているのか、どんな人たちが携わっているのか知ってもらいたい。そして、未だ出会えていない音楽と遭遇する機会になってもらえればと思い、制作しました。

【制作後記】

取材を進めるとアーティストのファンでなくとも足を止め、音楽を聴く人も多いということに気づきました。川崎市が街全体で音楽を推進しているということが肌で伝わってきました。
ラジオをお聞きの皆様で興味のある方はぜひ一度、川崎銀座街までライブを聞きに来ていただければと思います。

 

2017年2月27日 (月)

100年前の音色再び~愛しのノヴィー~

2017年2月20日~2017年2月26日放送 
山陰放送 テレビ総局報道部 森谷佳奈

【番組概要】
島根県松江市にある明治時代に建てられた旧田野医院で、長い間ひっそりと眠っていたチェコ製ピアノ「ノヴィー」。2013年、建物の調査にやってきていた安部隆さんに発見されたことから、ノヴィーの再生物語はスタートしました。現代のピアノ修復士の井土和幸さん、再生プロジェクトの人々とノヴィーが赤い糸で結ばれていく様子を描きました。たくさんの人を引き付ける魅力のあるノヴィーがどんな音を奏でるのか、お楽しみください。

【制作意図】
私は小さいころからピアノを習っていました。そこで、自分の住む松江市に100年以上も前のピアノが修復されたということを聞き、そのピアノが発する音に興味を持ち取材しました。ノヴィーの音色は、どこか素朴で柔らかな音で、現代のピアノにはない魅力を感じました。この魅力的なピアノを多くの人に知ってもらえればと思い、制作しました。

【制作後記】
取材してわかったことは、ノヴィーには人を惹きつける力がある、ということでした。ノヴィーの再生プロジェクトの方々をはじめ、ピアノ修復士の井土さんにとって、ノヴィーはピアノというよりは「人」でした。彼女の魅力はどんなところにあったのかを放送を聞きながら多くの人に感じてもらえれば幸いです。そして、ノヴィーの「友達」になっていただければと思います。

2017年2月15日 (水)

雪原に轟く馬蹄、開拓の魂は脈々と

2017年2月13日~2017年2月19日放送 
北海道放送 HBCフレックス 氏家誠一

【番組概要】
北海道開拓の為、フランスから輸入されたサラブレッドの2倍の体重をもつ農耕馬達、その子孫たちが競う世界で唯一の馬のレース、ばんえい競馬。このレース風景からスタートします。場面は変わって、十勝牧場。ここでは、ばんえい競馬の馬達と同じ大型の若い馬たちが群れを成して駆け巡る、「馬追い運動」と呼ばれる真冬の風物詩あります。約30頭の大型馬の群れが、800メートルのコースを駆ける迫力の音を伝えます。また、牧場の係りの方や写真を撮りに来た方に「馬追い運動」の目的や魅力を語ってもらいます。

【制作意図】
北海道は明治の開拓期から今日まで、馬との強い関わりの歴史があります。開拓期の農耕馬、その後の軍馬の生産、戦後の競走馬の生産。その中で農耕馬は、開拓民にとって家族同様に暮らしていた時代がありました。しかし、昭和30年をピークにどんどん減って、農耕馬のような大型の馬を見たことのない世代が増えています。その姿が残るばんえい競馬と「馬追い運動」を取材し伝えることで、農耕馬の歴史を伝えていきたい。ばんえい競馬の力強さと「馬追い運動」の迫力を音で、その姿を想像してもらいたい、また、この時期の北海道の厳しさを透明感のあるナレーションで伝えたいと思いました。そして、ラジオを聞いてくれているリスナーが開拓期の馬の姿を思い描いてくれればありがたいと思い企画しました。

【制作後記】
取材した1月9日、10日はとても寒く、特に10日の「馬追い運動」はマイナス7度くらい、馬場は遮るものがないから、風が吹くと地吹雪で体感温度もぐっと下がるような状況でした。現場で命の次に大切な録音機材が古かったので、体で温めながら馬が駆ける音をひろいました、むちゃくちゃ辛かったです、笑。

2017年2月10日 (金)

くみ上げる文化~時代を越えて広がる組紐~

2017年2月6日~2017年2月12日放送 
京都放送 ラジオ編成制作局制作部 永田和美

【番組概要】

2016年8月に公開されると瞬く間に国内、そして世界へと広がった映画「君の名は。」興行収入は200億円を突破し、今もなお人気を博しています。その映画で登場する「組紐」が今注目されています。組紐というと帯締めを思い浮かべる方が多いかと思いますが、おぼ締めとして使われたのは組紐の歴史からみると最近のこと。昔は男性のファッションの要でした。番組では組紐がどのように作られるのか、インタビューと音を紡ぎながら紹介。そして映画でも登場する手組みで組む組紐。組んでいる最中に木玉のおもりがぶつかり合って響く、なんともいえない音が印象的です。リズムよく聞こえるその音は職人がする音と体験で一般の方がする音では大きく違います。この違いも感じていただけたら幸いです。映画の影響はどんな形で表れているのか、そしてその先に見える組紐の可能性をご紹介します。

【制作意図】
映画から注目されることになった組紐。改めて組紐がどういったものなのかを知るとともに、時代を超えて、用途を変えながらも今なお使われている組紐の魅力を探りたいと思い制作しました。また、組紐を組む時のおもりの入った木玉と木玉がぶつかるあの独特の音を番組で紹介できればと思い、体験の方と職人の方の音を収録しました。違い感じていただけたら幸いです。

【制作後記】
取材の最中にもご家族で、友達同士で海外からとお客さんが訪れていて「あっこれ似てるやつ!」などと言いながら買っていかれる方が多く、映画の影響を肌で感じました。また、帯締めのイメージが強い組紐ですが、アクセサリーはじめ様々なものに形を変えていきます。それに加えて、商品としてではなく文化として海外へ伝えていこうとする八田さん。日本で時代とともに形を変えて受け継いできた組紐という文化を海外に伝える。日本とはまた違った、その土地にあった活用法で変化し、受け継がれ広がっていく、、、まだまだ組紐の可能性を感じた取材となりました。

2017年1月25日 (水)

星空のカウントダウン

2017年1月30日~2017年2月5日放送 
南日本放送 ラジオ制作部 七枝 大典

【番組概要】

日本のロケット打ち上げは、独立行政法人のJAXA(宇宙航空研究開発機構)が内之浦宇宙空間観測所(肝付町)と種子島宇宙センター(南種子)で行っています。2016年12月9日に種子島、20日には内之浦から それぞれ打ち上げが行われました。この様子を一目見ようと、全国からファンが集まり 満天の星空の下、宇宙への旅立ちを見守りました。番組では それぞれの打ち上げを取材し、打ち上げのカウントダウンに のせて それぞれの発射の瞬間や地域の想いを伝えます。

【制作意図】
年に何回か 行われるロケットの打ち上げは、全国から鹿児島に大勢の見学者が訪れる、人気コンテンツ。2016年12月には2回の打ち上げが行われ、無事に成功しました。番組では、この打ち上げを一目見ようと集まったファンの声や、長年 ロケット基地と地域の絆を大切にしている 橋本雅子さん(82歳)への取材やインタビューをもとに、「打ち上げだけではない、ロケットの魅力」を紹介したいと思い、企画しました。

【制作後記】
MBC本社のある、鹿児島市からもロケットの打ち上げは見ることができますが実際に地域に入って取材するのは初めての事でした。きっかけは、とある友人から「ロケットの打ち上げがある街ってスゴいよね」という一言。確かにっ!と納得して 打ち上げ関連の情報を調べてみると興味深いことだらけ。取材を通して2つの地域の想いを知ることもできましたが、何よりも「日常の面白さ」について、改めて気付かされた取材でした。

2017年1月19日 (木)

変わりゆく道後と変わらぬ音風景

2017年1月23日~2017年1月29日放送 
南海放送 メディア情報センター 藤田勇次郎

【番組概要】
道後温泉本館の最上階にある太鼓楼振鷺閣(しんろかく)。
赤いギヤマン障子に囲まれた道後温泉本館の象徴です。毎朝午前6時にここの扉が開き、道後温泉の開館を告げる「刻太鼓(ときだいこ)」が鳴り響きます。今年で改築123年を迎える道後温泉本館がずっと続けてきた習わしです。道後は近年、温泉とアートを掛け合わせた「道後オンセナート」というアートフェスティバルが好調で日本最古の温泉で最新のアートを表現するというコンセプトに共感した観光客や地元の人たちが道後を訪れ宿泊者数が飛躍的に伸びています。道後オンセナートの仕掛け人に聞きました。

【制作意図】
日本最古といわれる道後温泉。愛媛県で最大の観光地ではあるけれど近くに住む人たちは「行ったことがない」と答える人が意外にたくさんいます。しかし2014年の「道後オンセナート」を境にオシャレな場所としての認識があがり若者に人気のスポットとなりつつあります。古いものと新しいものが融合する今の道後にどんな音があるんか?どんな音が残っているのか?訪ねてみようと思いました。

【制作後記】
伝統の「刻太鼓」。太鼓楼振鷺閣の中に入らせてもらいました。午前6時きっちりに時を刻むため自国の参考にしていたのはラジオの時報でした。太鼓が鳴ると嬉しそうに道後温泉に入る人の中には毎日通う地元の人もたくさんおり改めて地域にも愛されている温泉だと感じました。

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad