2017年5月22日 (月)

ウミネコ集う蕪の島

2017年5月15日~2017年5月21日放送 
青森放送 ラジオ局ラジオ制作部 ウミネコ集う蕪の島


【番組概要】
青森県八戸(はちのへ)市から太平洋に突き出した蕪島にはウミネコが集まります。ウミネコとは、猫のような声で鳴く海鳥の一種です。魚のいる場所に集まるため、港町である八戸市では神の使いとしてシンボルになっています。ウミネコは蕪島に2月頃から飛来し始め、4月下旬から産卵、この番組が放送される頃にはヒナが孵ります。蕪島の頂上には蕪嶋神社がありましたが、平成27年に火災に遭い、社殿は全焼してしまいました。それでもウミネコが帰ってこなくなることはありませんでした。ウミネコがいる間は建て直しの工事は中断していて、ウミネコが飛び去ったお盆頃から再開します。蕪島でのウミネコの子育てには、人間の気遣いが欠かせません。人間とウミネコがお互い助け合って生きています。

【制作意図】
蕪島は東日本大震災の津波と平静27年の火災、2つの試練に直面しました。それでも、ウミネコと蕪嶋神社おいう八戸市のシンボルを絶やさないため、多くの人たちの支援を受けながら立ち向かっています。この2つのシンボルについて、既に知っている人には改めて見つめ直してもらい、知らない人にはどのような存在なのかを知ってもらいたいと思いました。

【制作後記】
4月中旬、蕪嶋神社のお祭りの時に取材に向かいました。地元の人たちにとって最初の春祭りということもあり、出店やブラスバンド演奏、神楽などで賑わっていました。海沿いなので一年中風が強い場所ですが、この日は特に強く、よろめく人や帽子が飛ばされてしまい人がいました。驚いたのが、ウミネコがとても人に慣れている事です。鳥に近づくと普通は飛び去ると思いますが、蕪島のウミネコはスッと横に数歩動いてかわします。まるで人混みをあるく人間のような動きで、とても愛くるしかったです。これも地元の人たちがウミネコへの気遣いを忘れないからだと思います。

2017年5月 8日 (月)

歌うはたのし!懐かしの歌声喫茶再び...

2017年5月8日~2017年5月14日放送 
北陸放送 ラジオ制作部 内潟堅太郎


【番組概要】
石川県金沢市で、毎月1回、開かれる「金沢うたごえの会」。昭和30年代に全国で流行した歌声喫茶の空気感を醸し出したこの会には、50歳代から80歳代の人たちが集まります。この会を発足させた、楠 英介さんは「下手でもいいから歌える場を作りたい」と15年以上にわたって、世話役を務めてきました。うたごえの会の楽しさは「みんなで声をそろえて歌うこと!」ここでは一人だけが主役となるカラオケとは違って、歌に参加するみんなが主役です。歌われる曲もロシア民謡、日本のうた、世界のうたなど様々。参加者はみんなで声をそろえて歌うことを楽しみます。

【制作意図】
カラオケは、みんなで歌を楽しんでいるようで、"歌い手”と"聴衆”が明確に分かれています。今回、紹介する金沢うたごえの会はかつての歌声喫茶と同様、司会者のリードでみんなで声を合わせて歌うことが魅力です。参加する熟年の皆さんは、歌声喫茶への憧憬だけではなく、今を生きていくうえでの生きがいとしてこの金沢うたごえの会を楽しんでいます。そんな参加している皆さんの楽しそうな様子が伝わればと思っています。

【制作後記】
音楽性だとか、音程だとか、上手だとか、下手だとか小難しいことを考えず、とにかくみんなで歌うということが、参加者の表情を明るく、楽しげにしています。そして若き日の歌声喫茶を懐かしがるだけでなく、歌うことを純粋に楽しむことが、生きがいとなっている。現場で取材しているときも、スタジオで編集しているときも、そんな楽しい空気感に包まれているような気持となりました。

命をつなぐ宿

2017年5月1日~2017年5月7日放送 
山口放送 ラジオ制作部 千田正秀


【番組概要】

山口市阿知須にある小さな料理旅館「てしま旅館」。山口県がイヌやネコの殺処分数で毎年全国の上位という不名誉な記録を続けていることを知った3代目の主人、手島英樹さん。家業と社会問題を結び付けて何か出来ないかと模索した結果、去年6月、旅館の中庭に貨物コンテナを再利用したその名も「猫庭」を 設置しました。設備費は全国の猫好きからクラウドファンディングで募り、 餌代や手術の費用などは旅館の売り上げから充当する形で、 保護したネコ20匹を飼育して里親に譲渡する仕組みを作ったのです。猫庭で館長を務める手島家の次女、小学4年生の姫萌ちゃんを中心に「猫庭」の取り組みを紹介します。 

【制作意図】
本来、イヌやネコを飼育する人はパートナーとしてその最期まで責任を持つもの。しかし、無責任な飼い主は後を絶たず、日々多くの不幸な命が失われています。行政に頼らず、民間でできることを考えて実行している 「てしま旅館」の取り組みを多くの方に知ってもらうことで「ネコの命をつなぐ」輪が少しでも広がればと思いました。

【制作後記】
「猫庭」はグッドデザインの受賞歴もある建築デザイナーがデザインした「おしゃれな空間」。ネコは元々きれい好きな動物で、さらに手島さん家族やボランティアスタッフが猫庭の中を清潔に保つことで、これからネコを飼ってみようと訪れた人たちがネコを飼うことにプラスのイメージを持てるような「仕掛け」になっています。取材前はネコアレルギーがある身で大丈夫だろうかと心配しましたが、「猫庭」の中は特に臭いもなく、人懐っこいネコたちに癒される取材となりました。

 

2017年4月17日 (月)

山里に子どもが増えた!大川にいらっしゃい!

2017年4月24日~2017年4月30日放送 
静岡放送 ラジオ局編成制作部 山本真弘


【番組概要】
過疎が進み、限界集落となっている静岡市の山間部・大川地区だが、子どもの数は増加傾向。地区の小学校では転入によりクラスも教員も増えることに。そこには、地域全体で子育て世帯の移住を支援しようという取り組みがありました。番組では、大川地区に暮らす子どもや教員、地域の方々の声を地域の音とともに切り取った。

【制作意図】
地域ならではの自然や風習が過疎によって廃れていくなか、積極的に移住者を受け入れ地域を存続させようと動き始めた大川地区。地域の人たちはどんな想いを持っているのか、またそこに移住した人はどんなことを考えているのか。繋げたいと願う自然・暮らし・風習を表現することを試みた。

【制作後記】
限界集落に子どもが増えているという新聞記事を見て、取材を始めた。静岡市大川地区は藁科川の上流、市街地からは車で1時間の山間地。本山茶というお茶の産地でもあるが、農林業の衰退で過疎が進んでいる。しかし、地域住民たちは子育て世帯の移住を受け入れていくことで地域を存続させようと頑張っている。地区に120軒を超える空き家を活かそうと家主と移住希望者のマッチングを図ったり、地域の繋がりを保とうと地道な努力を続けている。田舎暮らしというと牧歌的なイメージもあったが、実際は地域で協力してやっていかなければならないことが多いこともわかった。番組制作に当たって、当初は移住支援活動を中心に据えようと考えていたが、予定されていた取り組みが中止になるなど変更を余儀なくされた。大川小学校の放課後児童クラブも取材したが、地域のおじいさん・おばあさんがいきいきと子どもたちと会話し、遊んでいた。そうした地域ぐるみの子育てや支援の風景や大川の茶畑の景色など、音で表現できれば良かったのですが。。。


人生を変える小さな木箱~職人はバイオリン病~

2017年4月17日~2017年4月23日放送 
中国放送 RCCフロンティア 制作部ラジオグループ 宮崎夏音


【番組概要】
広島県南部に位置する街、三原市。穏やかな瀬戸内の海を臨む駅のすぐそばに、築およそ100年の古民家を改装した工房があります。三原市と言えば、頭にハチマキを巻いた伝統工芸品の「三原だるま」が有名ですが、この工房でつくられているのは、だるま・・・ではなく楽器です!バイオリン職人の三原博志さん。もともとサラリーマンだった三原さんは、バイオリンの姿・形に惚れ、職人になる事を決意します。バイオリンに魅せられた一人の男性の姿を製作現場の様子とともにお届けします。

【制作意図】
35歳で会社を辞め、バイオリン職人へ転身した男性が広島県三原市にいると知り、ぜひとも話を聞いてみたいと今回の企画に至りました。脱サラをしてまで職人になった理由とは?バイオリンの製作現場とは?聞きたいこと知りたいこと満載で取材に臨みました。一見、寡黙な三原さんから溢れ出すバイオリンへの熱い想いをお伝えできれば幸いです。

【制作後記】
バイオリン製作はひたすら木を削る・・・何とも気が遠くなりそうな光景でした。そんな地道で力のいる作業を黙々と続ける三原さん。なぜ仕事を辞めてまで職人を目指したのか不思議でたまりませんでしたが、三原さんの「バイオリン病」という言葉で謎が全て解けた気がします。好きだから知りたい、追求したい…恋の病にも似た病気は永久に治ることがなく、また職人としての原動力になっているのだと思いました。もしかすると…ラジオの仕事も「ラジオ病」によって成り立っているのかもしれません。

 

2017年4月10日 (月)

まわれ!光の冬牡丹 ~花火職人の挑戦~

2017年4月10日~2017年4月16日放送 
秋田放送 ラジオ制作部 渡邉洋祐


【番組概要】
夏の花火大会が全国的にも知られている秋田県大仙市大曲。この街では、冬にも、若手花火師たちが自慢の技を競い合う「新作花火コレクション」という大会が行われています。地元の花火業者・響屋大曲煙火の6代目 齋藤健太郎さんは、観覧車から発想を得た、花火の中で光がぐるりと回る作品でこの大会に挑戦します。地元のライバルたちと切磋琢磨しながら、花火の可能性を追求する齋藤さんの想いと、冬空に響く花火の音をお聞きください。

【制作意図】
夏のイメージが強い花火ですが、冬の花火は空気中の塵が少なく澄んでいるために色合いがはっきりと見えます。そんな環境の中行われる「新作花火コレクション」は若手花火作家たちの登竜門とも言われています。花火の歴史を受け継ぎながら、新しい技術に挑戦する若手花火職人の創意工夫と、冬花火の魅力が伝わればと思い企画しました。

【制作後記】
花火の製作現場を取材して、ひとつひとつの細かい作業の積み重ねがあの美しい花火を生み出しているのだと知りました。あれだけの時間をかけても花火が夜空に咲くのはほんの一瞬で、それでも「お客さんが驚く顔を見ると、やっぱりやってよかったって思える」という齋藤さんの言葉が印象的でした。また、花火の構造を知ったことで、花火の見方が少しだけ変わりました。

人々に日常を!熊本・老舗映画館物語

2017年4月3日~2017年4月9日放送 
熊本放送 ラジオ制作部付 宮川理佳

【番組概要】
熊本市中心部のアーケード街にある映画館「Denkikan」。明治44年創業から約105年間、熊本に映画文化を発信してきました。近年、郊外の複合型映画施設の勢いに押され、歴史ある映画館が閉館となる中独自の視点で選んだ作品を上映し、多くの映画ファンに親しまれています。長年、熊本の映画ファンに愛される理由とは何なのか?熊本地震をきっかけに見えた「Denkikan」の魅力に迫りました。

【制作意図】
去年4月、熊本は2度にわたる大きな揺れを経験しました。熊本地震により多くの映画館が被災。今でも開館できない映画館もあります。しかし地震の3週間後、一番に上映を再開したのが老舗映画館「Denkikan」でした。その頃は余震が続き、ライフラインが完全に復旧していない地域もある時期です。「娯楽どころではない」と言われるような時期でも、「人々に日常を感じて欲しい」と、再開に向け決断した老舗映画館の思いを届けたいと思いました。

【制作後記】
再開の日に、お祝いとして花を持ってくるお客さんがいらっしゃいました。地震直後の話を映画館スタッフと話、再会を喜ぶ姿を見て、いかにこの映画館が人々の日常にあり、スタッフとお客さんの距離が近いのか感じることができました。

2017年3月23日 (木)

聴いたことはないけど懐かしい~太陽が奏でる音~

2017年3月27日~2017年4月2日放送 
信越放送 編成制作部 中嶋直哉

【番組概要】
耳にすれば、心が落ち着く、わくわくする、聴く人によって感じる音色様々な「オルゴール」。長野県東部の小さな町にぽつんとたたずむ小海町高原美術館には、太陽の力で音色を奏でる「そらごーる」というものがあります。館長でオルゴール技師の名取淳一さんが制作しました。オルゴールと自然をかけあわせて、本来音を発しないものを音にのせて、表現したものです。オルゴールから流れてくる生演奏は、聴く人をタイムスリップさせてくれます。懐かしいようで、新鮮な音をお聴きください。

【制作意図】
わたしたちが日常つかっているオーディオ機器の先祖「オルゴール」。箱を開ければ機械仕掛けになっていますが、流れてくる音は生の音です。オルゴールが演奏する音を聴くのではなく、感じていただければ幸いです。

【制作後記】
まず・・・オルゴールの話をする館長の名取さんの目にやられましたが。「わくわく」が伝わりすぎて、何度も目をそらしたのはたぶん名取さんにも気づかれたはず。オルゴールの音色を聴いて、私の頭の中にこどものころの思い出がよみがえってきたときに、名取さんの「わくわく」を少し共有できた気がしました。オルゴール、久しぶりに生で聴きましたが、少し感情がざわつきました。聴いてください、オルゴール。「たまにでいいんです」って名取さんもおっしゃっていましたよ。

万年筆職人~”書く”ということ~

2017年3月20日~2017年3月26日放送 
山梨放送 ラジオ本部ラジオ制作部 上野美咲

【番組概要】
山梨県甲府市にある文房具店・甲府銀座ブラザー。創業は1916年、大正5年です。こちらで万年筆の製造・修理をしているのが中川良一さん85歳です。パソコンやスマートフォンが普及している現代ですが、中川さんは万年筆で文字を”書く”ことの大切さを話しています。

【制作意図】
若い世代にはあまり馴染みのない万年筆。中川さんは毎月およそ20本の万年筆を修理しています。お客さんの「あっ」という声を聞くと本当にうれしいという中川さんの職人魂と、文字を”書く”ことの大切さを伝えたいと思い、企画しました。

【制作後記】
私自身、万年筆を使ったことは今まで一度もありませんでした。自分の手に合った万年筆で文字を書くと、本当に「あっ」という声が出てしまいます。中川さんのお客さんに対する温かい気持ちや、あらためて”書く”ことの大切さを知ることができました。

2017年3月 9日 (木)

ブラジルからおーりたぼーり!~沖縄県系5世大城・ブルーナ・マリコ 憧れのとぅばらーま大会に挑戦~

2017年3月13日~2017年3月19日放送 
ラジオ沖縄 制作報道部 阿利貴子

【番組概要】
八重山地方で大事にされている叙情歌「とぅばらーま」思い思いの歌詞をとぅばらーまのメロディに乗せて歌い競う大会は昭和22年から続いています。この大会の前夜祭にあたる、とぅばらーまの歌碑がある、三本アコウの木の下で、とぅばらーま大会の前日「なかどぅ道ぬとぅばらーま祭りが毎年開催されています。本選への出場者や、地元民謡研究所に通う小中学生、歴代チャンピオンなどとぅばらーまを愛する観客が多数訪れました。前夜祭とはいえ、ピリピリと緊張感の漂う中、マリコさんは見事歌い上げ、拍手を頂きました。帰る直前に立ち寄った金武さん兄弟とのとぅばらーまを通しての交流など、1曲をキーワードに広がるグローカルな世界観郷土番組。

【制作意図】
世界のウチナーンチュ大会イヤーだった2016年。この年に沖縄伝統芸能を学ぶため、沖縄県費留学生として来沖している大城・ブルーナ・マリコさん。100年前にブラジルに移民をしたルーツを持つマリコさんが沖縄の文化や人々との出会いを伝えたかった。ブラジルと日本、距離的には日本の裏側だが、YouTubeで沖縄民謡を勉強するなどイマドキ事情も驚き。

【制作後記】
マリコさんが、予定していた方から借りられず、間に合わせで借りた三線の蛇皮が破れていて、は抜けた音に。演奏が始まると、観客から「あれは、(三線が)割れているね」とざわついていました。石垣島、恐るべし。帰り際に立ち寄った金武さん兄弟の畑小屋。何度もとぅばらーまのリクエストをうけ、唄うたびに涙を流す金武さん。マリコさんは、もらい泣きをこらえるのに苦労したそうです。&ありがたや、「囲炉裏と布団あるから泊まっていきなさい」との引き留め攻撃にに苦労しました。金武榮保さんは、50年前に友人からブラジルのコーヒー農園に出稼ぎ移民に誘われたそうです。その友人は大成功を治めているそう。もし、海を渡っていたら僕の人生は変わっていたかも、とつぶやいたのも印象的でした。人々の温かさ、陽気さ、熱さ、芸能好きなところがブラジルと八重山に、共通点はたくさんあるとまりこさんは語っていました。

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad