2019年6月10日 (月)

日本の風景に茅葺屋根を残したい

2019年6月17日~2019年6月23日放送 
秋田放送 ラジオセンターラジオ制作部 二田耕平


【番組概要】
秋田県横手市で農業を営む、佐藤偉仁さん(40才)は、茅葺屋根の葺き替えや補修を兼業している。「佐藤茅葺店」(弟子2人と3人体制)をはじめ、秋田県内では10人ほどの職人が茅葺を守っているが、全国的にも職人の減少、高齢化により、秋田から各地に出張することも少なくない。茅葺道具の心地良い音、偉仁さんの思いを取材した。

【制作意図】
担当していたワイド番組で、昨年、「つぎ なにつくろう!」(※制作後記参照)のご紹介をする機会があった。その関連で佐藤茅葺店ウェブサイトの「日本の風景に茅葺屋根を残したい」という言葉に出会い、取材を依頼した。秋田では季節外れの夏日、行程の多い茅葺作業の中では、ほんのわずかな時間ではあったが、果たして、現場の雰囲気は伝わるだろうか。

【制作後記】
佐藤茅葺店が、手仕事を未来に残したいいう思いで、2015年に始めた取り組みは、賛同する仲間たちの協力を得て、体験型マルシェ「つぎ なにつくろう!」に発展した。地域の公民館を会場に、子どもたちの心を動かす様々なワークショップが数多く並ぶ賑やかなイベント。今年も秋に開催される。

2019年6月 3日 (月)

若い力で伝統芸能を伝える 那賀高校 人形浄瑠璃部

2019年6月10日~2019年6月16日放送 
四国放送 編成制作部 中木光彦

【番組概要】
徳島県南部に位置し緑豊かな山々に囲まれた徳島県立那賀高校に4年前「人形浄瑠璃部」が誕生した。今年4月末に八面(やつら)神社の境内に建つ農村舞台でメンバー7人が伝統の人形芝居を演じた。2体の人形をあやつり語りに挑戦した高校生の姿を追った。

【制作意図】
後継者が減りつつある阿波人形浄瑠璃の伝統を絶やすまいと練習に打ち込む高校生のひたむきな姿を音を通じて伝えたい。

【制作後記】
練習風景では人形遣いの勘緑さんの熱の入った指導、それにこたえようとする生徒たち本番当日はたくさんのお客さんを前にしての演技、それらを私1人でミキサーやマイクをセッティングし収録しましたが失敗できないプレッシャーとの戦いでした。

 

水音で巡る兼六園

2019年6月3日~2019年6月9日放送 
北陸放送 ラジオ制作部 沼田憲和

【番組概要】
国内外から年間200人以上の観光客が訪れる兼六園は、川から水を取り入れ、その豊富な水が園内を潤しています。この水を使って庭師たちは水音を使った演出を施しました。小さな滝をより大きく感じさせたり、風の動きによって音が変わったり、園内にある自然を模した配置の境界を何気なく知らせたりしています。この水の音の演出意図を探ることで、兼六園を音の世界から紹介します。

【制作意図】
兼六園には、園内の案内アナウンスや玉砂利を踏む音など様々な音に溢れています。その音のすべてが回遊式庭園の魅力を伝える演出でもあります。特に水の音は、加賀百万石の庭師が工夫を凝らして作り出したもので、その演出意図を知ることで兼六園の新たな魅力や江戸時代の作庭技術の高さを伝えたいと思います。

【制作後記】
地元の人間も知らない兼六園の音の世界で、改めて藩主という絶対権力者の力の凄さや庭師の作庭にかける思いの強さを感じました。

2019年5月30日 (木)

星の話をしよう

2019年5月27日~2019年6月2日放送 
山口放送 ラジオ制作部 千田 正秀

【番組概要】
山口県宇部市にあるプラネタリウムは現役のものとしては 国内で最も古いプラネタリウム。 52年前に作られた施設で解説員を務める久幸美雄さん76歳。 アナログの光学式プラネタリウムを操って、訪れたお客さんの年齢や科学の 知識に合わせた星の話をしてくれます。わずか70席ほどの小さな空間で語られる、デジタル式のプラネタリウムでは 真似できない、久幸さんの温かみのある星の話を伝えます。

【制作意図】
「地球ほどきれいなものはない。外の世界(星の世界)を知ることは 自分自身を知ること」と いう久幸さんの言葉を聞き、 久幸さんが語る星の世界をより多くの人に伝えたいと思いました。 「星の下ではすべて平等」、「われらは、はてしない夢とロマンと想像力をもつ りりしい科学者。つねにワクワクドキドキする柔軟な心を持って、 ユーモアあふれ、謙虚で、やさしい、朗らかな宇宙人でありたいと思います」。 これらは久幸さんが作った宇部天文同好会のきまりです。 久幸さんの人柄と語り口、そしてアナログの投映機が作り出す 星の世界の雰囲気を少しの間でも感じてもらえればありがたいです。

【制作後記】
番組内には入れられませんでしたが、実はこのプラネタリウムのある施設は 数年後には取り壊しが決まっていて、プラネタリウムもその寿命を終えることになります。 新たな施設が建設され、プラネタリウムや天体望遠鏡が整備されるとしても 全く新しいものになるでしょう。 久幸さんの名解説が聴けるのも今のうちなので、天文ファンの皆さん、 天文ファンでなくても一度、宇部市に足を運んで、久幸さんが案内する 星の世界で遊んでみてはいかがでしょう?

平和を奏でる音色 ~カンカラ三線からサンレレへ~

2019年5月20日~2019年5月26日放送 
ラジオ沖縄 制作報道局 報道部 杉原 愛 

【番組概要】
三線は沖縄の人々=うちなーんちゅにとって、ただの楽器ではない。何もかも失った戦時中、うちなーんちゅは悲しみや苦しみを紛らわせるため、空き缶やパラシュートの紐など、ありあわせの材料で“カンカラ三線”を制作した。切なくも力強く響くその音色に人々は生きる希望を託した。カンカラ三線の存在は、過去の沖縄の歴史も物語っている。
一方で、今の時代だからこそ誕生した新たな三線もある。ハワイの「ウクレレ」と沖縄の「三線」を融合させた楽器 ”サンレレ” だ。全く異なる2つの楽器が見事に融合して癒しの音色を奏でるサンレレには、様々な文化を受け入れ、世界とつながり独自に発展してきた沖縄の姿が重なるようにも見える。過去を語り継ぐカンカラ三線の音色と平和を喜び歌うようなサンレレの優しい音色。
どちらにも平和を祈る沖縄の心が宿っている。


【制作意図】
三線には“心”が宿ると言われる。それは、時代の流れと共に 常に三線が人々の心に寄り添ってきたからだろう。戦時中に人々の心を支えた「カンカラ三線」は、うちなーんちゅの悲しい歴史を一緒に乗り越えてきた三線。平和な時代の沖縄に生まれた「サンレレ」は、異文化を受け入れ、新たな時代を切り開いてきたうちなーんちゅのおおらかさを表現する三線。生まれた時代は違えど、そこには平和を愛するうちなーんちゅの精神が息づいている。それぞれの三線が奏でるうちなーんちゅの思いに耳を傾けてほしい。


【制作後記】
「カンカラ三線は、本来はあってはならなかったもの」という言葉が忘れられない。戦争を体験した父に収容所での経験を聞いて育ったという、三線店を営む照屋勝武さんの言葉だ。戦時中、何もかも失った最悪の状態でうまれたカンカラ三線は、平和な時代には弾かれるはずのなかった楽器だ。でも、だからこそ、カンカラ三線が奏でてきた当時の人たちの思いは未来にも語り継ぐ必要があると感じる。一方で、サンレレは全てを包み込むような平和を象徴するような音色だ。カンカラ三線の音色には苦しい状況にも前を向き、立ちあがるうちなーんちゅの強さが。サンレレの音色には異なる文化を受け入れて独自に新たなものを生み出すことができるうちなーんちゅの寛容さがあふれている。どちらの音も、次の世代に残していきたい。

 

2019年5月17日 (金)

明治から令和へ ~受け継がれる太鼓の音色~

2019年5月13日~2019年5月19日放送 
静岡放送 ラジオ局編成制作部 鈴木 保

【番組概要】
全国的に有名な楽器店も数多くあり、音楽の街としても知られる静岡県浜松市。そんな浜松市で、明治27年に創業し今年創業125年を迎えるのが安藤太鼓店だ。日本の祭りと和太鼓の音色は気っても切り離せないが、安藤太鼓店は全国お祭りで使われる和太鼓の製作、修理を全て手作業で請け負っている。
明治から令和と5つ世代を跨いで受け継がれてきた和太鼓の音色とは?
125年に渡って受け継がれている和太鼓作りの技術、手作りの和太鼓の魅力に迫った。

【制作意図】
静岡県浜松市は音楽の街としても全国に知られてはいるが、どちらかというと、有名なのはピアノを始めとした洋楽器のイメージが強いかもしれません。その浜松市の中心部で安藤太鼓店は、和太鼓を作り続けていて、平成が令和に元号が変わった今年、創業125年を迎えます。創業した明治27年から変わらず、すべて手作業で和太鼓の製作、修理を続けていて、静岡県内だけでなく、全国各地から依頼される太鼓の修理も行っている安藤太鼓店。そんな県内に限らず、全国のお祭りを支えている安藤太鼓店で受け継がれる音色や伝統を伝えたいと思ました。

【制作後記】
太鼓の音色は、地域によってそれぞれ違い、いい音の太鼓と悪い音の太鼓というような形で一括りにできない物でした。今回、太鼓の皮の張り替え作業を見せて頂いたのですが、お客さんが求める音色に近づけるための音の調整は地道な作業でした。近年、人口の減少もありお祭り自体も減ってきていていて、和太鼓の音色を聴く機会も減ってきていると感じる。今回、太鼓作りの様子やお祭りの様子を取材し、この和太鼓の音色や日本のお祭り伝統を残し続けていきたいと感じました。



2019年4月25日 (木)

尾道水道を渡る~60円の近道~

2019年5月6日~2019年5月12日放送 
中国放送 RCCフロンティア 立分美有

【番組概要】
広島県尾道市の南側に、向島と呼ばれる島があります。その向島と尾道の間には「尾道水道」という幅300mもない海峡があり、その海峡をひっきりなしに小さな渡し船が行き交っています。50年前に島への橋ができたにもかかわらず、向島の中心部から尾道駅に向かうには遠回りになる為、今でも渡船を利用する人が多くいます。尾道水道を往復する渡船は3社ありますが、その中でも運賃60円で一番安く乗れるのが今回取材した福本渡船。しかし、船員の高齢化による船員不足により、現在午前中と夕方以降のみの運行となっています。運休となると遠回りをするか、別の渡船を少し高いお値段で利用するかの二択。では実際、福本渡船がどれだけ早くて便利なのか?ということを、全国の視聴者にも体験していただきたく、実際に船を待つ時間から乗って降りるまでの一連の流れをノーカットでお届けします。

【制作意図】
住民の足として欠かせない渡船。お値段が安い、そして乗船時間が一番短いといった理由から学生が多く利用するのが福本渡船。特に朝のラッシュ時の船内は、自転車ごと乗船する多くの学生であふれかえっています。そんな学生の足として欠かせない渡船が、日中は運休状態になっているという現状と、どれだけ便利な交通手段で、どれだけ早いのかということを知っていただきたく制作しました。実際の乗船時間を使って制作しています。体感してみてください。

【制作後記】
操縦室内でのメディア取材は基本的に断っているそうですが、ラジオの取材なら入ってもいいよと特別に許可をいただき操縦室へ。想像していた船の操縦とは程遠く、ハンドルではなく、たくさんのレバーを使い、複雑かつ繊細に操縦されていました。取材をした船長の栗本さん曰く、「他の船と操縦方法が違うので、時間をかけた研修が必要」とのこと。現在研修中の若手研修生が2名いらっしゃいますが、一人で運転できるようになるには、もう少し時間がかかるそう。住民と学生の為にも、早く元の運行状況に戻ることを願っています。



レトロな列車でアツくなる!~津軽鉄道をたずねて~

2019年4月29日~2019年5月5日放送 
青森放送 ラジオ制作部 齊藤暢

【番組概要】
青森県の津軽平野を走るローカル線、津軽鉄道。小規模な鉄道ですが、四季折々のイベント列車を催しています。その中でも特に人気なのが、冬限定のストーブ列車。その歴史は古く、およそ90年前から運行しています。長く続けてこられたのは、ストーブ列車を支える人たちの存在があってこそ。乗客に観光地やストーブ列車の事を教える観光アテンダント、毎日限られた時間でメンテナンスをする整備士。決して大きいとは言えない所帯ですが、1人1人がストーブ列車の事を愛しています。今や1つの観光地となっている、ローカル列車を取り巻く人たちの想いを聞きました。

【制作意図】
初めは地元民を運ぶ列車でしたが、いつしか県外の人たちから注目され、近年では海外からの乗客も増えています。それとは対照的に、青森県に住んでいてストーブ列車に乗った事がない人が増えているように思います。存在が近すぎて、あえて意識する機会がないのかもしれません。恥ずかしながら、私もその1人でした。まだ知らない県外の人たちはもちろん、実はまだ乗った事がないという青森県民にも、魅力が伝わり興味を持っていただければ嬉しい限りです。

【制作後記】
今回の取材にあたって、青森に住んでいながら初めて乗ったのですが、なぜもっと早く気付かなかったのかと自分を責めました。ゆったり流れる景色を見ながら車体の揺れに身を任せ、石炭が燃える熱を味わう幸せ。木製の内装は視覚的にもあたたかく、その中に佇むダルマストーブからは侘び寂びの空気が感じられます。働き方改革が声高に訴えられている昨今、この空間で全てを忘れて過ごす事は最高の贅沢なのではないでしょうか。今回は仕事での乗車でしたが、次は1人の客として存分に楽しみたいと思います。

親子3代~鍛冶屋の心つなぎます!

2019年4月22日~2019年4月28日放送 
熊本放送 ラジオ制作部 日野 禎

【番組概要】
熊本人吉で200年以上 その火を絶やすことなく、その伝統をつないできた「蓑毛鍛冶屋」。8代目の祖父 裕さん84歳、9代目の父 稔さん56歳、10代目で孫の勇さん32歳、親子3代で鍛冶屋を営んでいる。孫の勇さんが家業を継いだのは2年前。それまで11年間勤務してきた海上自衛隊を辞め、「おじいさんと3代で鍛冶屋をやりたい」と人吉に帰ってきた。祖父と父親からその技を学ぶ。最盛期60軒以上の鍛冶屋が軒を連ねていた城下町人吉。鍛冶屋が減っていくなかで、手作り刃物の魅力を伝える努力も続けている・・・

【制作意図】
年々減少しつつある鍛冶屋という職業。その中で、伝統を守る職人、安定した職業を辞めてまで、家業を継いだ青年 勇さんに興味を持った。鍛冶の魅力とは何か?音とインタビューで 鍛冶屋の魅力をどの程度伝えられるのか?そこに奮闘している親子3代の奮闘ぶりと、その家族の絆とは?

【制作後記】
祖父、裕さんの暖かさ、孫 勇さんを見守る しい気持ちが取材をしていても、充分に伝わりました。いつも鍛冶屋の魅力を伝えたいと考えている勇さん。この思いは、いつか必ず地球の裏側に伝わる日が来る。「MADE IN JAPAN」の素晴らしいナイフや包丁が世界を席巻する。そんな思いがしました。

拍子木の効能は火の用心

2019年4月15日~2019年4月21日放送 
信越放送 ラジオ局編成制作部 中嶋直哉

【番組概要】
長野県山ノ内町にある渋温泉は大正から昭和初期に建てられた木造の旅館、住宅が並ぶ温泉街。一軒の建物に火災が起きてしまった場合、温泉街全体に燃えうつってしまうかもしれない。明暦3年に江戸の大半を焼いた「明暦の大火」をきっかけに、この街でその頃から続く火災予防活動を取材しました。

【制作意図】
長野県内では、消防団員の高齢化、新入団員の確保が難しいことなどを理由に、消防団活動の縮小が進んでいます。消防団と住民が一体となって、毎日活動を続ける地域は、全国的に見てもめずらしく、古くから残る温泉街が守られてきた活動をお伝えしたいと思い制作しました。

【制作後記】
私も地元で消防団に在籍していますが、年間で地域内の火災予防活動を担当するのは数回。それがこの渋温泉では毎晩消防団以外の方も含めて見回りをしているということにびっくりしました。この地域のみなさんはその活動について口をそろえて「当たり前のこと」とお話されたことがとても印象的でした。

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad