2019年1月11日 (金)

400年伝わる冬の手仕事 越中福岡の菅笠

2019年1月14日~2019年1月20日放送 
北日本放送 報道制作局報道制作部 岩本里奈

【番組概要】
富山県西部に位置する高岡市福岡町。ここは、江戸時代から400年もの歳月を経ても未だ全国シェアの9割を占める【菅笠】の産地です。材料となるのは植物のスゲ草。農作業時の日除け・雨除けや、地元富山の城端むぎや祭や山形県の花笠まつりなどに使われている菅笠は、冬場の農閑期の副業として毎年11月~翌年3月に生産時期を迎えます。かつて100件あった菅笠を生業とするお店は今では3件のみ。昔も今も変わらず、企業が機械で作っているのではなく、地元のおじいちゃんやおばあちゃんが一つ一つ手作業で作っていました。雪国富山で“手”から“手”へと渡り作られる菅笠の製作風景をお届けします。

【制作意図】
富山県の代表的な伝統産業【菅笠作り】。恥ずかしながら私の住んでいる地域とは離れているため菅笠が一体どうやって作られているのかまでは知りませんでした。その町の人でなければなかなか知らないのが実態。取材をしていく中で、菅笠作りには、問屋・笠の骨組みを作る人・笠を縫う人のリレーが必要不可欠だという事、そしてそのリレーを担っているのはご高齢のおじいちゃんやおばあちゃんたちだという事を知りました。「小さい頃に親の手伝いで作っていたおかげで手が覚えている。今もこうして作れていることが幸せ。」と聞いて、富山、全国に残したい伝統産業の音、継ぐ人の声をリスナーの皆さんに届けたいと思い、初めて聴く人と同じ立場で取材しました。

【制作後記】
技術面でラジオに携わってきた私が自ら取材して番組を制作するのは初めて。笠を縫う作業はとても地味で、取材先のみなさんにも「地味やよ~」と言われたり(笑)でも、意外と音になっているんです。また、皆さんは作っていることを幸せに感じていて、なんならボケ防止になっていると明るくお元気でした。高齢化による担い手不足問題もありますが、続けることが出来る限り続けたいというお話を伺い、寒い中での取材でしたが温かい気持ちになりました。

KOBEルミナリエ ~記憶が灯す、まちの光~

2019年1月7日~2019年1月13日放送 
ラジオ関西 報道制作局 報道制作部 山本洋帆

【番組概要】
12月、神戸のまちに現れる光のアーチ「KOBEルミナリエ」。阪神淡路大震災で犠牲になった方たちのへの鎮魂の想いから始まった光の祭典は、この冬も私たちのまちを優しく照らしてくれました。神戸が迎える明るい「冬」は、たいせつな記憶と特別な想いで語り継がれています。24回目の開催となり、毎年さまざまな声も上がりますが、それでも続けてほしいという市民の意志こそが、消してはいけない光なのかもしれません。神戸にとっての希望の光「KOBEルミナリエ」を、画でなく、音と語りでお届けします。

【制作意図】
震災当時0歳だった私にとって、1月17日を伝えることに使命のようなものを感じています。神戸のまちでは、ルミナリエは冬の季語。まさに風物なんです。私も、まちとともに歳を重ねていくなかで、ルミナリエを見上げる目の奥に、さまざまな過去や涙があることを知りました。24年語り継がれてきた記憶は、いつもこの光とともにあったことを、目ではなく耳でお伝えしたい。そう強く思って制作しました。

【制作後記】
これまで色んな視点で見てきたルミナリエでしたが、録音をするなかで、いろんな人を見て、いろんな声を聞きました。単なるイルミネーションではないということを、たくさんの方たちが理解し、存続を願っていることを直に感じることができ、一市民としてもとても嬉しかったです!本当に!この放送が少しでも多くの方に届いて、24年前に想いを馳せるきっかけにしていただけたら幸いです。

2018年12月14日 (金)

命をつなぐ~佐屋高校 文鳥プロジェクト~

2018年12月31日~2019年1月6日放送 
東海ラジオ放送 報道制作局 第一制作部 森川美穂

【番組概要】
愛知県・弥富(やとみ)市。木曽川の下流に位置する弥富市は、日本一の金魚の産地として、名をはせています。ですが、一昔前まで弥富市は、「金魚と文鳥のまち」として知られていました。1960年代~1970年代の弥富の子どもの遊びといえば、金魚にエサをやり文鳥を手に乗せて遊ぶ。そんな時代でした。子どもの遊びが多岐にわたるようになると、文鳥の需要が無くなり、文鳥農家は減少。ピーク時は200軒以上あった飼育農家が今は2軒となり、若手の後継者もおらず、文鳥組合も解散してしまいました。江戸時代から続いている、文鳥文化が消えてしまう…そこで立ち上がったのが、愛知県立 佐屋(さや)高校でした。佐屋高校 文鳥プロジェクトのみなさんの「思い」と、文鳥のさえずりをお届けします。

【制作意図】
「好き」という気持ちで、人はどれだけ動けるのでしょうか。もともとは「好き」だから始めたこと。でも今は、日々を過ごすので精いっぱい。そんな思いを持っていたこともすっかり忘れてしまった。・・・そんな人が、大人が、増えてきたように思いす。文鳥プロジェクトに参加されている生徒のみなさんは、休みの日も、テスト期間中も、自分の時間を犠牲にし文鳥に愛情をそそいでいました。その原動力になっていたのが、「好き」という思いでした。取材前は、「愛知県民も知らない、弥富市=文鳥について紹介したい」と考えていましたが、彼女たちを取材させて頂き、「文化の命をつなぐのは、人の思いだ」と教わりました。文鳥プロジェクトのみなさんの、文鳥への愛が伝わる番組にしたいと制作しました。

【制作後記】
「一番さえずりがキレイな文鳥」を教えて頂き、そのケージの前にマイクを立て、1時間ほど無人の状態で録音しました。後で聴いてみると、可愛らしく美しいこと。文鳥が、こんなにも美しい鳴き声の持ち主とは知りませんでした。放送時間全てを使って、文鳥の鳴き声をオンエアしたいぐらいです。また、文鳥がはばたく音が、こんなにも力強いとは、知りませんでした。文鳥プロジェクトのみなさんは、事前にこちらがお送りした「質問事項」の答えを紙に書いて準備し、マイクの前でキレイに読んでくれました。…その声を全く使わなくてゴメンナサイ!みなさんのナチュラルな声を届けられていたら幸いです。

親子で繋ぐ”んまい”味。~元祖!日本のハンバーガー

2018年12月24日~2018年12月30日放送 
東北放送 ラジオ局制作部 小笠原悠

【番組概要】
東北随一の繁華街、仙台・国分町に”日本最古のハンバーガーショップ”があります。1950年創業の『ほそやのサンド』です。牛100%にこだわった看板メニューの「ほそやのハンバーガー」は、世代を超えて多くの人に愛され、これまでになんと129万個を売り上げました。戦後、先代の主人が、山形の米軍キャンプで食べた本場の味に衝撃を受けたことが「ほそやの味」の始まり。その先代は8年前に亡くなり、現在は二代目の細谷正弘さん(65)が息子さんとともに厨房に立っています。「親父に教えられた通りに牛100%であること、誠心誠意”ハヤイ、んまい、やすい”を守ること。」が信条と話す細谷さん。親子で繋ぐ”んまい”へのこだわり、そして元祖日本のハンバーガーの美味しい音をたっぷりとお届けします。

【制作意図】
牛タンやずんだ餅といった広く知られた名物以外にも、仙台の街に根付いた味があります。昭和レトロな佇まいのカウンター席で、パティが焼ける音を聞きながらハンバーガーを待つワクワク感。出来立て熱々をほおばったときの幸せ。カウンター越しに見えるご主人の笑顔。時代とともに街並みが大きく変化する中で、70年近く愛される「変わらない味」。そのルーツと親子の絆に迫りたいと思いました。

【制作後記】
テレビでの報道経験はあるもののラジオは今回が初めて。開店前の仕込みから夜の営業終了まで、色々な音を録らせてもらいました。忙しい中、たくさんお話を聞かせてくれた細谷さん。インタビューにその人柄が出ていると思います。50年前から通う常連さんや、元祖の味に感動していた学生さんの”んまい”表情も伝わっていたら嬉しいです。取材後、お土産にと包んでくれたハンバーガー。んまかったなぁ…。

秋を告げるオオシマゼミ

2018年12月17日~2018年12月23日放送 
琉球放送 ラジオ編成制作部 長濱明美

【番組概要】
沖縄県は年中緑の葉が生茂り、紅葉もなく四季折々の風景を楽しむ事が出来ません。年間の平均気温が23度という中、秋を感じるには乏しい現実があります。しかし,沖縄に住む生きもの達は、沖縄にもきちんと秋が訪れた事を「音」で伝えています。その代表が蝉の「オオシマゼミ」。
県民にもあまりしられていない「オオシマゼミ」を主人公に”秋の音風景”をお伝えします。

【制作意図】
12月の沖縄は涼しくなった!と言えど日中は汗ばむ事も多々あり季節の移り変わり感じる事が出来ません。そんな沖縄に秋の訪れを告げてくれる生きものが「オオシマゼミ」
オオシマゼミの鳴き声は「秋の音風景」ですが、その声に耳を傾けている県民は少なくその存在すら知らない人もいます。それは、オオシマゼミの生息域にも関係があり本島中南部では、オオシマゼミの声を聞く事は出来ません。そこで、沖縄にも秋が訪れている事を「音風景」で感じてほしい、という思いからオオシマゼミの気持ちになって制作しました。

【制作後記】
沖縄に秋を告げる「オオシマゼミ」の認知度調査で街頭インビューを行った際にほとんどの方が「オオシマゼミ」の存在を知らない事に驚きました。しかし、オオシマゼミの生息地である本島北部の方々にとっては、「秋の風物詩」として生活の一部であり大切な存在だと教えて頂きました。今回、ご紹介した「オオシマゼミ」の鳴き声の録音は3年がかり・・・・
早朝6時から、ひっきりなしに本島上空を飛ぶ米軍のヘリコプターの音をかい潜って録音に成功したオオシマゼミの鳴き声です。今年10月の下旬に偶然!手の届く範囲で鳴く「オオシマゼミ」に出会う事ができ、今回の番組を制作する事が出来ました。



 

ふるさとの想いをつなぐ鮎やな

2018年12月10日~2018年12月16日放送 
宮崎放送 ラジオ局ラジオ部 藤島由芽

【番組概要】
延岡で300年続く鮎やな漁。街中を流れる大瀬川に横たわるように架かる、壮大な鮎やなは、延岡の秋の風物詩です。伝統鮎やな師の髙橋生矢さん(68歳)も、延岡に生まれ、鮎やなでの思い出をもつ一人。どのような思いで、鮎やなを架けていらっしゃるのでしょうか。

【制作意図】
私の出身地でもある延岡市。鮎やなの宣伝で「延岡」の文字が出ると、嬉しく思っていました。そんな「延岡の秋」を訪ねてみたいと、リスナーに思ってもらいたい。そんな思いで制作しました。川の音、鮎の跳ねる音、鮎やなを囲む笑い声。髙橋さんの延岡弁にも、優しく温かい時間を感じて頂けたら嬉しいです。

【制作後記】
初めての番組制作で、制作期間中は勉強の日々でした。その場で感じた音、感じた空気感をラジオを通していかに伝えられるか、試行錯誤しながらの制作となりました。今回学んだことを生かし、今後もラジオを通して、宮崎の元気や穏やかな日常を発信できる番組を制作したいです。

2018年11月30日 (金)

蕎麦打ちに青春をかける高校生たち

2018年12月3日~2018年12月9日放送 
ラジオ福島 放送制作センター 山地美紗子

【番組概要】
県立耶麻農業高校は、喜多方市の山あいにある小さな高校です。学校のあるエリアは、そばの里として知られています。今から30年前、平成元年にそばで町おこしをする様子を取材した「録音風物誌」がラジオ福島に残っており、その音を紹介しつつ、現在、高校生がその文化を継承するなかで地域の方々と触れ合う姿を番組にしました。10人に満たない「そば部」が今年あらたなチャレンジをしています。地域の蔵で、月に1度、そばの店を始めました。蕎麦打ちのみならず、接客もなかなか慣れない様子でしたが、生徒を応援しようとお客さんが次々ときます。その中で、喜びとやりがいを感じ、生徒たちが成長していきます。

【制作意図】
小さな高校の取り組みを発信したかったことと、30年前のこの番組の音源に再び光を当てたかったところからスタートしました。蕎麦打ちは地道な世界。30年前の蕎麦をリズミカルに切る音と、現在、高校生が一生懸命に蕎麦を切る音をつなげ、蕎麦文化の継承を表現したいと思いました。

【制作後記】
いまどきの都市部の高校生のイメージとは全く異なる、朴訥とした雰囲気の中に溶け込むのに一苦労しました。また、そば打ちの音は水回しも伸ばしも何の音かわからないので、すべてカット。インタビューが多くなってしまったことが反省点です。

54年間頑張りました!高野山ケーブルカー

2018年11月26日~2018年12月2日放送 
和歌山放送 報道制作部 寺門秀介/柘植義信

【番組概要】
真言密教の聖地、世界遺産に登録されている霊場高野山に参拝者らを運ぶケーブルカーが開通して88年。3代目のケーブルカーは54年前、2両1組の2編成が導入された。東京の高尾山のケーブルカーに次ぐ急勾配を麓の駅から山上までおよそ5分で結ぶ。ケーブルカー用としては日本一の太さがあるケーブルを使い、大きな巻き上げ機を2台を使い力強く牽引する。このケーブルカー、来年春スイス製の新しいケーブルカーが導入されるため今月25日で引退した。この間に運んだ人数はおよそ2800万人、普段はひっそりと麓と山上を往復している高野山ケーブルカー。一度塗装変更し、54年間頑張ったレトロなケーブルカーを多くの人に知ってもらい、来春登場する新しいケーブルカーへと活躍をバトンタッチしたい。

【制作意図】
和歌山県にある真言密教の聖地の高野山。これまで国内の参拝客や夏の林間学校の子どもたちで賑わっていたが、ユネスコの世界遺産に登録されると共にフランスなどからの外国人観光客も多くなっている。標高およそ860メートルの高野山へのアクセスとして88年にわたり活躍しているのが南海電鉄鋼索線、通称高野山ケーブルカー。3台目のケーブルカーが2018年11月25日で54年の歴史に幕を下ろし引退した。来年春にはスイス製の新しい車両が導入される。車社会でマイカーやバスでの参拝者が多くなり、ケーブルカーの存在が薄くなっているが、外国人観光客の増加で徐々に人気を取り戻している。番組では54年間働き続けたレトロなケーブルカーの勇姿を録音で紹介し、観光資源としても注目されるケーブルカーであり続けて欲しいとの期待を込めてその存在をアピールします。

【制作後記】
高野山への参拝客や夏の林間学校に向かう子どもたちを運ぶことはもとより、山上での生活者の足としても活躍した3代目ケーブルカー。山頂の地下にある大きな巻き上げ機が力一杯ケーブルを引き揚げる。導入当時としては珍しい自動扉を持つ2両編成のケーブルカーの存在が車社会で希薄になっていた。外国人観光客が増えて人気が徐々に復活。運行する南海電鉄も歴代車両のパネル展をしたり、記念イベントをしたりと存在をアピール。当番組とほとんど同じ時間で終点に着いてしまうケーブルカーの醍醐味を多くの人に知ってもらい地方の鉄道の再生に寄与したい。

2018年11月19日 (月)

新潟といえば、酒?米?半身揚げ?

2018年11月19日~2018年11月25日放送 
新潟放送 情報センターラジオ放送部  田村 友季子

【番組概要】
新潟県新潟市中央区窪田町にある鳥専門店「せきとり」は、鳥の半身揚げの元祖といわれている。カレー粉をまぶして半身ごと揚げるこの豪快な料理は、今では新潟のソウルフードとして、新潟だけでなく全国にそのおいしさが広まっているが、その元祖である「せきとり」を取材し、半身揚げに対するこだわりなど、新潟市の下町の、活気ある様子とともにお伝えする。

【制作意図】
「せきとり」は新潟県民なら誰もが知っている半身揚げの元祖の店である。絶妙なカレーの風味と、ずっと変わらないおいしさで長年愛されている「せきとり」の半身揚げに加え、お店に集う人たちのにぎやかな様子もお伝えできたらと考え制作した。なんといっても半身を揚げている音が重要と考え、そこから新潟県民に愛される半身揚げのインパクトやおいしさ、さらにはカレーの香りまでお届けできればと思う。

【制作後記】
三代目の関まさひとさんの、創業当時の味を守り続けたい、というお話から、半身揚げに対する強いこだわりを感じた。入り組んだ住宅街に立地する「せきとり」だが開店直後からひっきりなしにお客さんが訪れる。おいしい半身揚げのファンであると同時に、そんな「せきとり」の心意気を感じるからかもしれない。下町に似合うどこか懐かしい店構えで、カレーの香りとお客さんの笑い声が響く幸せな空間であった。

2018年11月 7日 (水)

幸と人 運ぶ讃岐の おいりもの

2018年11月12日~2018年11月18日放送 
西日本放送 営業局 ラジオセンター 出石亜弥

【番組概要】
香川県の伝統菓子とされる「おいり」。小粒でパステルカラーのかわいらしい和菓子がソフトクリームやかき氷など、様々なスイーツにトッピングされ10代~20代女性を中心に人気を集めています。そんな「おいり」元々は、香川県の西の地域に伝わる嫁入り道具の1つ。歴史は丸亀城を築城した生駒親正公の時代までさかのぼります。幾世代にも受け継がれてきた伝統のお菓子が今、「インスタ映え」という言葉と一緒に、全国へと発信されています。幸せを運ぶお菓子「おいり」のブームを、生産者の方はどう捉えているのでしょうか?

【制作意図】
見た目のかわいらしさはもちろん、優しくてほんのりあまく、サクッふわっとした食感。香川の伝統菓子「おいり」は決して「インスタ映え」だけではない魅力がたくさん詰まった自慢のお菓子です。その魅力を地元の人・生産しているお菓子屋さんの声で届けたいと思い制作しました。

【制作後記】
「おいり」にフォーカスをあてようと思ったきっかけはInstergramでした。県外の友人がわざわざ、高松市内ではなく、香川の西の端、観音寺まで電車を乗り継ぎ「おいりソフト」の写真を撮りに行ったと聞き、単純に「素敵なことだ!」と感じました。SNSを通じて、香川の伝統菓子が知られ、若い世代に響き、現地でわざわざお金を使ってそれを求める。きっかけはなんでもいい。ただ、その伝統の正しいルーツを知ればもっとそのお菓子が魅力的にみえるし愛しくなる。今も家族だけで経営しおいりを作っている、菓子工房「遊遊椿」の井下百合子さんは「こんなにもブームになっていることが不思議だ」と戸惑いながらも、とても前向きにとらえていらっしゃいました。

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad