2018年4月12日 (木)

兵庫いかなご譚~春を運ぶ漁師たち~

2018年4月16日~2018年4月22日放送 
ラジオ関西 報道制作局報道制作部 山本洋帆

【番組概要】
春になると、当たり前のように食卓に現れる「いかなご」。兵庫・播磨灘の地域では冬が終わると、そこかしこの家から、いかなごの釘煮の甘辛い匂いが漂い、まさに「風物誌」と言えます。しかし、ここ数年はいかなごのシンコの漁獲量が減ってきており、価格の高騰もすすんでいます。そこで番組では、垂水の海で行われていたいかなごのシンコ漁に密着し、港に春を運ぶために奔走する漁師さんの姿を収録しました。

【制作意図】
「いかなごが減ってきているらしい」そんなニュースが数年続いていることは知っていましたが、実際に現場でその問題に直面している方たちの存在まで意識せずに聞き流していた気がします。シンコの数が減っても、変わらず海に出る漁師の方たちの姿を知りたい……そんな思いで取材させていただきました。いかなごが、地域に愛される名物であり続けるためにも、いま改めて漁師の方たちの漁と向き合う様子を、少しでも伝えられていればと思います。

【制作後記】
今回初めて漁を間近で見ることができ、あらためて神戸という街が、いかに海と密接にあるかということを実感することができました。「いかなごの釘煮」は、播磨灘を中心とした兵庫の地域において、まさに”ソウルフード”と呼べる名物です。そのいかなごを、これからもこの兵庫の食卓から消してしまわないように、食べつづけていけるように。漁師の方たちの届けてくれる春を、地域の皆さんに伝え続けられる放送局でありたいと思います。

イレブンとともに 俺たちのコバルトブルー

2018年4月9日~2018年4月15日放送 
東北放送 ラジオ局制作部 阿部航介


【番組概要】

宮城県の北東部、太平洋沿岸に位置する街、女川町。2011年の東日本大震災の津波によって甚大な被害を受け、今でも街の至るところで復興工事が続けられています。人口6,500人あまりのこの小さな港町には、Jリーグへの参入を目指すサッカークラブ「コバルトーレ女川」があります。2011年には震災を受け一年間の活動休止を経験したものの、今季からアマチュアサッカーリーグの最高峰JFLに昇格し、日本全国を舞台に戦い続けています。4月1日は、ホーム開幕戦の日。地元女川の住民たちを中心に全国各地からサポーターが応援に駆け付け、声援を送りました。サポーターの中心人物で、コールリーダーを務める工藤貴之さんの思いを中心に、コバルトーレ女川が女川の人たちにとってどんな存在なのかを描きます。


【制作意図】

コバルトーレ女川は、プロではなくあくまでアマチュアのサッカークラブです。選手たちは女川で生活をしており、仕事を終えた後にサッカーの練習をしています。街の人々からの理解と支援がなければ到底出来ないことだろうと思います。別の取材で練習風景を見学させてもらった際、選手たちは仕事で疲れている素振りなど全く見せずに本当に楽しそうに練習に励んでおり、選手それぞれの顔が非常に輝いて見えました。その姿を目の当たりにして、女川という小さな街に住む人々が、コバルトーレ女川をどんな風に思い、どんな風に支えているのか、そして何を与えられているのかを描きたいと思いました。

【制作後記】

4月1日の開幕戦には、女川町内外から1,300人を超える観客が集まりました。女川町の人口が6,500人余りであることを考えると、これだけでもコバルトーレ女川がいかに街の人やサポーターに支えられているかがわかります。試合は惜しくも1対3で敗れてしまいましたが、戦いを終えた選手たち、そして相手チームにもサポーターから惜しみない拍手が送られました。「Jリーグへ行こう 道は厳しくとも 俺たち(おらだぢ)のコバルトーレ みんなで行こう」コバルトーレ女川の応援歌の一節です。この一文に、女川の人たちとサポーターの思いが込められていると思います。

 

名古屋に響く三線(さんしん)の音(ね)

2018年4月2日~2018年4月8日放送 
東海ラジオ放送 制作局報道部 村上和宏


【番組概要】
沖縄県知事任命の「美ら島(ちゅらじま)沖縄大使」である名古屋市在住の浜盛重則さんは、東海ラジオでの沖縄発信やエイサーグループ運営など、故郷沖縄の文化をこの地方に広めようと精神的に活動している。沖縄に対する差別と闘いながら、沖縄を理解してもらうことこそが偏見や誤解をとくカギだとの新ねんで生きる浜盛さんの姿をエイサーを通じてお伝えする。

【制作意図】
NHK朝の連続ドラマ「ちゅらさん」放送後、沖縄ブームとなり昔と比べれば沖縄に対する差別や偏見は減ったというが、基地問題に象徴される様にまだ完全になくなってはいない。謂れのないない差別と闘ってきた「ウチナンチュー」が日本各地で沖縄を何とか理解してほしいと様々な活動をしている中で名古屋の沖縄人代表ともいえる浜盛さんの「差別をなくすには闘うのではなく、理解を深めてもらうこと」という姿を取り上げることで、一切内容は表現しないが沖縄のアイデンティティーを訴えたかった。

【制作後記】
エイサーの練習に取材で初めて足を運んだが、沖縄出身者、名古屋生まれの人、様々な人達が互いに教えあいながら本当に楽しそうに演舞している姿に感動した。エイサーシーズンを前に練習にも熱が入っていて、今年は更に素晴らしい演舞を見せてくれると確信した。

2018年4月 6日 (金)

源泉かけ流し!愛が溢れるあきしげゆ

2018年3月26日~2018年4月1日放送 
宮崎放送 ラジオ局ラジオ部  小倉哲

【番組概要】
新燃岳の活発な火山活動で知られる霧島連山。その裾野にあるが「あきしげゆ」です。柚木成子さん(76歳)が、たった一人で運営する日帰り湯。野趣溢れる温泉とトロトロの泉質、そして成子さんの人柄を慕ってたくさんの入浴客が訪れます。霧島という大自然の恵みであると同時に亡きご主人の想いが詰まったあきしげゆ。地元の公衆浴場少しづつ減っていく中で、成子さんはどんな想いで温泉を続けているのでしょうか?

【制作意図】
温泉や公衆浴場で耳をすませば聞こえてくるさまざまな音。かけ湯の音や休憩室に響く笑い声は、心の調律を整えてくれる癒やしの音色です。全国的に小さな温泉や地元の公衆浴場は、オーナーの高齢化によって運営維持が難しくなり、その数は徐々に減り始めています。古い温泉街を擁する宮崎県えびの市も例外ではありません。温泉に込められた湯主の思いや人々の交流を音に託して後世に伝えていきたい。そんな想いでマイクを向けました。

【制作後記】
リスナーが聞き終わったあとに「よし!温泉でもいくか!」という気分になってくれるかどうかが勝負。湯船にざぶんと浸かる臨場感や、浴場でかけ湯する情景を想い浮かべてもらえるよう心がけて取材にあたりました。ワイドFMでの放送を意識してステレオ録音に挑戦。慣れない音像でミキシングに苦心しましたが、音の世界が新たにひろがったように感じました。

また折しも取材・編集のタイミングで新燃岳が噴火。取材先に影響はありませんでしたが、巨大な噴煙を間近に見て大自然の恐ろしさ、そして同時にその恩恵を感じることができました。



2018年4月 2日 (月)

春を待ちわびて~福島の伝統行事~

2018年3月19日~2018年3月25日放送 
ラジオ福島 放送制作センター 山地美紗子

【番組概要】
福島市で300年以上続く「暁まいり」の中で行われる「大わらじ奉納」。重さ2トンの巨大なわらじをかついで、福島市内を練り歩き、その後、信夫山の山頂にある羽黒神社を目指します。担ぎ手たちの思いと祭りの音に注目しました。

【制作意図】
福島市では市民に浸透している大わらじ奉納ですが、県外出身の私からすると、とても珍しく感じました。福島のようなお祭りを大切にしてきた地域でも、人出不足に悩み、外からの協力もあって祭りが成り立っています。復興と重なる部分があり、番組にしたいと思いました。

【制作後記】
地域住民や福島市民にとってはすっかり当たり前になっていたお祭りですが、あらためて、その祭りの魅力を私自身が強く感じました。祭りを通して多くの人がかかわり、地域を見つめなおす、福島の復興を考える機会になっていると実感しました。また、取材を通して、祭りには様々な音があることを発見しました。

世界遺産をPR 御神犬 すずひめ号

2018年3月12日~2018年3月18日放送 
和歌山放送 報道制作部 柘植 義信

【番組概要】
和歌山県の北部高野山の麓、かつらぎ町天野地区にある丹生都比売神社は世界遺産紀伊山地の霊場と参詣道の一つとして登録されている。高野山の開祖弘法大師が2匹の犬に導かれ高野山にたどり着いたという導きの伝説にちなんだ神社。高野山と神社の関係は深い。今年は戌年。昨年末一匹の紀州犬が御神犬として神社に奉納された。名前はすずひめ号。1歳の雌犬。毎月16日の祭礼には神殿で祈祷を受け、参拝者の前に姿を現す人気者。神社をPRするシンボルになった。世界遺産に登録されるまでは交通の便の悪い山里でもあり、参拝客もまばらだったが最近は周辺の自然環境とともに良さが見直されて参拝客も増えてきた。このブームを一過性に終わらすのではなく、導き伝説にあやかり、広く世界遺産をPRしたいと神社や地元の人はすずひめ号は活躍に期待を寄せる。番組では、すずひめ号の活躍や、関係者の取り組みを紹介しながら、寛容な世の中と人々の心のあり方について探る。

【制作意図】
紀伊山地の霊場と参詣道という世界遺産は、一つの寺院や地域にこだわったものでなく、紀伊半島の多くの部分を占める広大なものだ。特に、高野山と麓の丹生都比売神社との関係は、神道と仏教という別々の宗教認め合う存在になっていて、独自の文化を構築している。自らの考えと反する意見を認めないといった風潮や世界観が今日特にクローズアップされている。こうした動きに反して1000年以上前からこの地域では、寛容の精神が根付いて文化を形成してきた。番組に登場する紀州犬すずひめ号の活躍を通してこうした精神文化を知ってもらい、広く平和や寛容な世の中を考える一助になることを目的としている。

【制作後記】
この御神犬すずひめ号の起用を考えた、丹生都比売神社の丹生晃市宮司は世界遺産登録の前からこの神社にやって来た。地元で紀州犬を育てている日本犬保存会会員の豊岡由行さんの協力で御神犬をシンボルにしたいと考えた。いろいろな災難から身を守るという女神を祭る神社と雌犬の御神犬の融合。1980年代後半から麓の九度山町から高野山まで道案内をするゴンという名物の犬がいたが、今回のすずひめ号の登場で、ゴンの存在も改めてクローズアップされ、導き犬伝説が定着するのではと丹生宮司は期待を寄せている。対立やぎすぎすしたことが後を絶たない今の世の中で、古くから紀伊半島にある「世界遺産」が融和と寛容の文化を発信していたことを改めて感じた。山々の自然に囲まれた山里の神社から蘇りと癒しの文化がさらに発信できればと思い、地元の放送局としてもその取り組みに寄与していきたい。

2018年3月13日 (火)

犬は湊で願かけ廻り、人は神社で何想う

2018年3月5日~2018年3月11日放送 
新潟放送 ラジオ放送部 和久井春輝

【番組概要】
日本で唯一の、廻る願掛け狛犬が、新潟の湊稲荷神社に存在しています。この神社に来る人は、神様にお願いするとともに、その狛犬を回し、狛犬に対しても願を掛けに来ます。今回の番組では、この狛犬が回されることになった由来や、神社の歴史などを湊稲荷神社の宮司の方に説明してもらいながら、神社に来た方は、一体どんな想いで狛犬を回しに来るのか、そして、神社で参拝者を待つ方はどんな想いでいるのかを伝えていきます。

【制作意図】
新潟に廻る狛犬がいることを知り、実際にその場に伺いました。その際に、狛犬の廻る音に心地よさを感じ、その音を届けたいという思いが生まれました。また、様々な人たちから親しまれていることも知り、新潟の風物詩として、多くの方に湊稲荷神社の事について伝えたいと思い、今回、題材として選びました。本編には一切ナレーションを入れず、取材中にお聞きした事のみで構成しています。人々の想いをそのまま感じて頂ければと思います。

【制作後記】
取材をしていくうちに、湊稲荷神社の歴史や、狛犬が回るようになった由来など、他にもぜひ伝えたい事を色々知ることが出来ました。残念ながら、今回の放送では伝えられなかったこともありましたが、今回の放送を機に、興味を持った人に足を運んでいただければと思います。また、地域の方たちとの関係性も見えてきました。遠くからわざわざ来られる人も多いですが、昔から親しんでいる方のお話を伺い、私自身、新潟の知らなかった一面に触れることができました。

2018年2月22日 (木)

自然の力で 「島の再生」を

2018年2月26日~2018年3月4日放送 
西日本放送 営業局ラジオセンター 堀部直子

【番組概要】

香川県小豆郡土庄町にある豊島(てしま)は、1980年代初めに車の破砕ごみなどが不法投棄され「ごみの島」と呼ばれるほどの社会問題となりました。その不法投棄された産業廃棄物の無害化も進み、今、豊かな島を取り戻すための「島の再生」が叫ばれています。そんな中、海水と風と太陽の力だけでつくる天日干しの塩づくりに挑戦しているのが、5年前に東京から移住してきた門脇湖さんです。どんな塩がここ豊島で産まれているのでしょうか?

【制作意図】

自分たちが住む愛する島に、突然大量の有害廃棄物が持ち込まれ、自力で住民運動を始めた豊島の住民。30年以上、有害な産業廃棄物による公害に島民が苦しめられてきた、通称「豊島問題」ですが、住民の努力が実を結び、無害化が進みつつあります。新しい豊島、いや、かつての豊かな島を取り戻すため、「島の再生」をかけ声に奮闘する島の今を、自然の力だけで塩づくりに挑戦している門脇湖さんを通して伝えたいと思いました。

【制作後記】

「てしま天日塩ファーム」の門脇湖さんが、豊島で塩づくりをはじめて1年。取材をとおしてて、自分が納得できる塩をつくるため、毎日、休むことなく塩づくりに励んでいる姿に頭が下がるばかりでした。「自然と人とでしかつくれない塩だからこそ、意味がある。」と話す門脇さんのつくるお塩は、自然の恵みと作り手の愛情がいっぱいつまった美味しいお塩でした。

 

こどもたちの落語会

2018年2月19日~2018年2月25日放送 
長崎放送 ラジオ局ラジオ制作部 中島千夏

【番組概要】
こどもたちがたった一人で高座に上がり落語を披露する「佐世保かっちぇて落語っ子の会」。佐世保市で起きた小6女児同級生殺害事件に心を痛めた放送作家・海老原靖芳さんの「ふるさとのこどもたちの為に何かできないか」との思いから始めた落語会です。ネタは全て佐世保の地名や方言を使った、海老原さんのオリジナル。人情味あふれる佐世保の人々も登場します。それぞれの個性にあわせたネタを託されたこどもたちは、熱心な自主練習と定期的な稽古でしっかりと頭に叩き込み、緊張の一席に臨みます。予定外の出来事もなんのその。立派に高座をやり遂げ、たくさんのあたたかい拍手をもらったこどもたちの笑顔は、どこか誇らしげです。海老原さんの思いは、確実にこどもたちに届いています。

【制作意図】
落語ブームと言われる昨今。噺家の巧みな話術とネタの面白さに、改めて注目が集まっていますが、「佐世保かっちぇて落語っ子の会」の魅力は地元を感じられるネタと、ひたむきに「笑い」と向き合うこどもたちの姿にあります。番組ではこどもたちの緊張の一席と、落語を通してふるさとのこどもたちに「笑い」を届けたいと願う放送作家・海老原靖芳さんの思いを描きます。

【制作後記】
あぐらをかいたり、あくびをしたり。稽古場で自由に振舞うこどもたちにはじめは少し驚きましたが、高座に上がるとその姿は一変。目はしっかりと客を見据え、力強い声でネタを披露する堂々とした様は頼もしく、笑いの世界に一気に引き込まれました。あたたかい笑顔とウィットに富んだ口調でこどもたちと向き合う海老原靖芳さんにも、大いに笑わせていただきました。もしかしたら、取材中だということをうっかり忘れた私の声が番組の中に入り込んでいるかもしれません。

名人たちによる技の競演 勝山年の市

2018年2月12日~2018年2月18日放送 
福井放送 ラジオセンター 制作担当 松村和也

【番組概要】
福井県勝山市の冬の風物詩となっている「勝山年の市」が1月28日、市中心部の本町通りで開かれる。手作りの木工品や民芸品、伝承料理など市内外の50店がずらりと並び、寒さが厳しい奥越に活気を呼び込む。年の市は江戸時代に山村の農家の人たちが自分たちで作った副業製品を売るため、路上で市を開いたことが始まりとされる。「ないものは馬の角だけ」と言われるほど品ぞろえが良かったという。現在は勝山本町通り商店街振興組合が毎年1月の最終日曜日に開催している。約400メートルの通りに地元の飲食店や農産物加工グループなどが露店を設置する。伝統の保存食「鯖の熟(な)れ鮨(ず)し」、アマゴやアユの加工品、かき餅などを販売。きねや臼、まな板などの木工品、木炭など手作りの逸品も並ぶ。恒例の「むらの達人」コーナーでは、ござ帽子やわら・竹細工、報恩講料理など3人が製作、調理した品を販売する。

【制作意図】
江戸時代から続く、勝山 年の市。毎年県内外から多数の来場者が訪れる市の魅力は?もちろん、むらの達人として認定を受ける伝統工芸の品々は魅力的だが、それほどの需要があるとも思えない。でも、人を集める魅力はどこにあると思い、調べるうちに、市に出る皆さんがそれぞれの分野で名人となり、その名人の品を求めて、人が集まることに気づきました。むらの達人は名人の代表ではあるが、普通に生活をする方が名人であり、地域の宝である子供たちが今後名人になる、そんな思いを表現できたらと制作しました。

【制作後記】
子供の声が響き渡る。雪深い、福井県勝山市は今年は特に雪が多く、一日一日生活を続けるのが大変です。そんな冬のこの季節に「勝山 年の市」は開催されます。そして、この市は子供たちの声が響きます。子は鎹。元気な子供たちは地域の宝。この「勝山 年の市」すべての人たちが名人であり、将来名人になりうる人たち。そして、何十年後もこの賑わいを続けてほしいと切に思います。

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad