2021年6月 3日 (木)

タイプライター ~古きよきものを残すために~

2021年6月21日~2021年6月27日放送 
文化放送 制作部 森 亮介

【番組概要】
東京、神田にある「ひかり事務機」は日本でも珍しいタイプライターの修理を請け負っている会社です。創業から50年以上、現在にいたるまで全国から修理の依頼が来るというこの会社で働く人たちにお話しを伺いました。タイプライターがどのように使われてきたのか、現代においてどのような人が使っているのか、修理の方法など伺う中で「古きよきもの」が現代、未来にわたって残っていく理由が解ります。併せて修理作業の音があります。これはひかり事務機で創業当初から修理に携わっている職人 磯貝 隆さん73歳が手作業でタイプライターを分解し、一つ一つの部品の状態を精査、その後再度組み立てている様子です。一聴すると地味な音かもしれませんが、そこには職人の技術が宿っています。

【制作意図】
今では使われなくなってしまったもの、忘れ去られえていくかもしれない文化や道具に焦点を当てたい、加えて「ものが1から組みあがっていく音」と「組みあがったものが鳴らす音」を録りたいと思ったのがきっかけです。様々なものが機械化、自動化していく中で、100年以上前の手動式タイプライターの味のある音、それを今でも必要としている人がいること、そしてその人たちの為、タイプライターを後世に残していくために情熱を燃やす人の想いを感じていただけたらと思います。

【制作後記】
取材先は大都会の中の小さな町工場のような場所でした。そこで朝から晩まで黙々とタイプライターの修理を行う姿は見ているだけで息が詰まりそうになりました。磯貝さんは「神田や秋葉原のあたりには昔はもっと文房具屋などがあり、タイプライターの修理を行うお店も多かった」と、時代とともに変わっていく町の様子についてしみじみと話す姿も印象的でした。また、取締役の福永 成一さんの話す「タイプライターが終わるとき(なくなるとき)」については、納得したのと同時に「終わり」を知りながらも続けていくことの切なさのようなものを感じました。

青空に届け、エール。

2021年6月14日~2021年6月20日放送 
東北放送 ラジオ制作部 小野寺穂実

【番組概要】
青空応援団は2013年に、団長の平了さんを含め5人の団員で結成されました。現在では全国各地に、応援団の経験を問わず80人近くの団員が所属する社会人応援団です。身近な人への応援からイベントでのパフォーマンスまで、様々な場面で、世界中の人々へエールを送り続けてきました。新型コロナウイルスの影響で、対面での応援ができなくなってしまった今でも、動画を通じてエールを送り続けています。応援を通して届けたい思い・目指す姿を、迫力あるエールとともに描きました。

【制作意図】
人間はひとりでは頑張れないけれど、誰かに応援してもらうためには、普段から自分も誰かを応援しなければいけない。そう気づき、先頭に立ち、力強く応援を続ける青空応援団の熱い思いを伝えたいです。この放送を聞き、身近な人への応援が連鎖し、明るい未来へと繋がってほしいと思います。新型コロナウイルスの影響で、世界中が落ち込んでしまっている現代へのエールの意味も込めました。"青空"のように壮大で清々しい彼らのエールを受け取ってほしいです。

【制作後記】
私自身、大学で応援団に所属していました。そこでは、当たり前ですが自らの大学の学生を応援します。一方、青空応援団で応援をするのは、依頼があった人たち。考え方が異なる人も、苦手なタイプの人も、全力で応援しなければいけません。応援の内容も、身近な人へのエールから、人生の節目におけるものまで。応援を通じて互いに頑張りを認め合い、自分らしく生きることの大切さを改めて知ることができました。

名水をたずねて~霊峰大山の恵み

2021年6月7日~2021年6月13日放送 
山陰放送 編成制作局制作部 桑本充悦

【番組概要】
鳥取県西部にある、中国地方の最高峰、霊峰大山。古くからその恵みの1つである「水」は、人々の生活を潤してきました。今回、2つの「名水」をたずねました。

【制作意図】
普段、そこにあるからこそ、地元では気づかないこともあります。私自身、改めて「名水」を取材することで、その存在の意義を見つめなおしたかったこと。そして、全国の方々に、大山(だいせん)を少しでも知っていただき、いずれ訪れていただくきっかけになればと制作しました。

【制作後記】
水にも、いろいろな表情があるということが、音だけで伝わればという思いで制作しました。実際、収録したものを編集していると、流れる量や勢いによって、音も違うものだなと思った次第です。それが、少しでも伝われば幸いです。

SDGsの最先端!?札幌市時計台のアンビシャス!

2021年5月31日~2021年6月6日放送 
北海道放送 オーディオビジネス局 編成制作部 山根あゆみ

【番組概要】
今年になって、日本国内での取り組みや紹介が活発化している「SDGs」。
みなさんご存知!北海道を代表する観光名所「札幌市時計台」も、SDGsに賛同し、この4月から新たな取り組みを始めました。一方で、背の高い商業ビルに囲まれた札幌市中心部にある「札幌市時計台」は、「日本三大がっかり名所」と言われていますが…がっかりなんてとんでもない!
実は、「今」も「昔」も、SDGsの最先端を行く観光名所だったのです。

【制作意図】
「SDGs」は日本語で「持続可能な開発目標」。17分野の課題があるうち、札幌市時計台は、「7番 エネルギーをクリーンに。そしてみんなに。」という視点から、館内全ての電力を、太陽光・地熱・風力など自然由来の再生可能エネルギーに切り替えました。驚くべきは、札幌市時計台がこのSDGsの取り組みを、建設された明治時代から行っていたこと!140年以上の歴史を持つ世界的に珍しい「機械式の塔時計」は、電気も電池も使わずに動く時計だったのです。では、いったいどのような仕組みで動いているのでしょうか?札幌市時計台を守り続ける、誇り高き「時計台保守」の仕事内容にも注目です。


【制作後記】
北海道にまん延防止等重点措置や緊急事態宣言が発令される前に、札幌市時計台への取材、2階ホールで行われた無観客配信オペラコンサートの録音をさせていただきました。コンサート録音前に、私はもちろん、コンサートスタッフ全員PCR検査をし、全員陰性であることを確認して集まりました。自分たちの身の安全を証明するためであることはもちろんですが、万が一の時に「札幌市時計台で陽性者」という発信がされてほしくない、という思いも皆ありました。札幌市時計台が、地元に愛されている観光名所であることを実感しつつ、時代を牽引するその魅力を知ることができ、道民として誇らしく思いました。

2021年5月31日 (月)

銃砲店の若き職人〜修理の技と銃砲の魅力を後世に

2021年5月24日~2021年5月30日放送 
RKB毎日放送 RKBミューズ 金子哲也

【番組概要】
狩猟用・射撃用の銃を主に取り扱う銃砲火薬店「塩田屋」は1890年(明治23年)創業の老舗。スポーツ競技としてオリンピック種目にもなっているクレー射撃や農作物を守るための鳥獣駆除にも使用される銃砲ですが、県内をはじめ、全国各地の猟友会や銃砲店で高齢化が進み後継者が不足しています。そのような中で、「塩田屋」は7代目・48歳の店主 春木聡さんと入社5年目・24歳の妹尾翼さんという若き2人が店を支え、銃砲の販売はもちろん、九州圏内で唯一、複雑な修理も行っています。日々、銃砲の販売・修理に取り組んでいる若き2人の仕事の様子・銃砲にかける想いに迫りました。

【制作意図】
クレー射撃や猟銃に使用される銃砲。「銃」「鉄砲」などと聞くと怖いイメージを持つ方も多いと思いますが、我々が生活する上で無くてはならない存在で、決して怖いものではありません。オリンピック種目にもなっているクレー射撃は生涯楽しめるスポーツですし、毎年、県内で農作物に大きな被害をもたらし、木の新芽を食べ荒らすことによって、時に、大雨の際の土砂災害の原因を作るとも言われる野生鳥獣の駆除にも大きく役立っています。日本では銃砲の所持・製造・販売には、警察や自治体のいくつもの厳しい審査や許可が必要で、射撃の腕を磨くのにも時間はかかりますが、1人でも多くの方に、クレー射撃の楽しさ、猟の重要性を知り、関わる人が増えていくことを願い、番組を制作いたしました。

【制作後記】
塩田屋のお2人とはまったく別の取材で出逢い、最初は余談として銃砲の話を聞いたのですが、正直怖いイメージしかなかった自分がこんなに銃砲の魅力に惹き込まれるとは思ってもみませんでした。修理場には相当な数の工具があり、銃の種類やメーカーごとに細かく使い分けていて、時には手作りで工具を作ることもあるというのには驚きでした。また、修理中、力強く真鍮を打ちつける一方で、ミクロ単位の細かい部品は慎重に扱うという相反する作業をする様子、また、集中力から解き放たれた瞬間の汗と深い呼吸を間近で見て、お2人の銃砲に対する強い想いを感じました。今回の放送で、特に、以前の私のように「銃砲ってなんか怖い」と思っている方の「銃砲」へのイメージがより良いものになることを願っています。

茨城から全国へ~全寮制・畳高等職業訓練校が育む若き職人たち~

2021年5月17日~2021年5月23日放送 
茨城放送 編成事業部 菊地 真衣

【番組概要】
海と山に恵まれた、茨城県の北に位置する高萩市。海を見下ろせる小高い山の中に『畳の学校』があります。日本で唯一の全寮制の畳高等職業訓練校には、北は北海道、南は九州と全国から訓練生があつまります。今年で50周年となるこの学校からはこれまでおよそ400人が卒業。機械化が進む中でも訓練生はあえて手作業での繊細な技術を学びます。手縫いや裁断など畳専用の道具を使い慎重に行います。実際にお客さんから預かった畳を自らの手で整備するため、失敗は許されません。畳と向き合うその表情は真剣そのもの。20代の若き訓練生たちの目の奥にはすでに畳職人としての熱い魂が宿っていました。

【制作意図】
茨城県でもこの畳高等職業訓練校があることはあまり知られていませんが、全国の畳屋さんでは、この学校を卒業した人が多く活躍しているそうです。二代、三代と継いできた畳店などでは、親子でこの学校の同窓生ということも少なくありません。自然が豊かなこの高萩市という土地で寮生活を送りながら畳の技術を学ぶ訓練生たち。どうして全国にいくつかある畳の学校から『茨城』を選ぶのか、その理由や魅力に迫りたいと思いました。

【制作後記】
在校生は2年生が2人、今年入った1年生が2人の計4人で、全員茨城以外の地域から来ていること、親もかつてここで学んでいたことなど、それらが決して珍しいことではないということに驚きました。4人全員が実家の畳屋を継ぐためにこの訓練校を選び、技術習得に取り組んでいます。畳を整備し終えたあと、昼食の時間には全員で協力して準備・片づけをしたり、その後はキャッチボールをするなど、共同生活で培われたチームワークの良さや仲の良さもうかがえました。卒業してからもここ茨城で生まれた絆を広げながら伝統技術を継承していくとおもうと、これから先も守らなければいけない貴重な学び舎だと感じました。

スタートはいつでも ギター職人・坂田久

2021年5月10日~2021年5月16日放送 
山梨放送 ラジオ局制作部  秋山幸江

【番組概要】
SAKATA GUITARSは、山梨県甲府市に工房を構える、ギターブランドです。ビルダーの坂田ひさしさん(65歳)は、ギター製作の傍らカレーと喫茶専門店「ハーパーズミル」を経。ご.自身もミュージシャンとして活動しています。坂田さんの作るギターは世界的にも評価が高く2018年専門誌アコースティックギターマガジンにおいて「世界の名匠100人」に選出されました。友部正人、寺岡呼人、竹原ピストルといった数々の一流ミュージシャンからも、高い信頼を得ています。番組では、ギターの音色とともに、魅力的な坂田さんの生き方をご紹介します。


【制作意図】
弾いたミュージシャンが口をそろえて「別格の音」という坂田ギター。何故そんなに素晴らしい音が鳴るのか。そのギターはどんな思いで製作されているのか。実際に音色が生まれる現場に行って確かめたいと思い制作しました。また、45歳でギター製作を始められ、世界の名匠に選ばれるまで技術を高められた坂田さんの生き方から、コロナ禍の今学ぶことが多いのではないかと思い、取材をお願いしました。

【制作後記】
「天職」ともいえるギター製作に出会った坂田さんが「今が一番自由で楽しい」と語った言葉が印象に残っています。老若問わずコロナ禍で不自由な思いを抱きがちな今、SAKATA GUITERSの音色の中に
新しい時代を生きるヒントを感じてもらえたら幸いです。

 

2021年4月28日 (水)

風を感じて~つながるベダルは心のバリアフリー~

2021年5月3日~2021年5月9日放送 
南海放送 メディア編成局 古茂田圭

【番組概要】

二人のり自転車「タンデム自転車」で障害者支援をおこなる「NPO法人NPNちゃん倶楽部」活動して10年、代表の津賀薫さんは現在70歳です。きっかけは「お前が俺の眼になり、俺がお前の脚になる」
これは、ご主人「徳行」さんの言葉からでした。徳行さんは扁桃腺の治療薬で5万分の1の確率で薬害に遭い、視力障害となりました。そして津賀さん自身も股関節がわるるいのですが、そんなご夫婦の夢が「タンデムで公道を走ること」その願い叶わないままご主人は亡くなりました。「障害」のあるなしは関係ない「タンデム自転車」はべダルがつながるっているように人と人との心もつなげていきます。そんなダンデム自転車の魅力を感じれられるのが定期的に開催されている「サイクリングイベント」。今年3月に新型コロナ感染症対策をしながら開催された「春のサイクリングイベント」の1日を追いながら、参加者の声を交えてお送りします。

【制作意図】
愛媛県はサイクリングは“健康”と“生きがい”と“友情”を与えてくれるという『自転車新文化』を提唱しています。広島県の尾道から愛媛県の今治まで、8つの島々を9本の橋でつないだ「瀬戸内しまなみ海道」はサイクリストの聖地ともいわれるようになりました。またダンデム自転車の公道走行許可も2010年8月解禁され(これば全国で4番目の許可)様々なかたちのサイクリストたちが年々増えています。愛媛の文化となった「自転車の音」を伝えたいという想いとダンデム自転車で障害者支援を10年間続けている「NONちゃん倶楽部」の活動を紹介したいと思い制作致しました。

【制作後記】
今回私自身もにタンデム自転車にのせて頂きました。参加されている方もおっしゃっていましたが、「会話」が楽しい自転車です。またべダルがつながっているため、自然と同じ呼吸で走る、まさに「絆のマシン」なのです。30キロのサイクリングはかなり大変だろうとおもっていたのですが、楽しく 清々しさ そしてもちろん「風」を五感で感じられます。障害のある方も視覚・聴覚・知的・脳性麻痺といらっしゃいましたが、どの方も笑顔でゴールを迎えられました。タンデム自転車おすすめです。

2021年4月22日 (木)

紙芝居 むかしもいまも これからも

2021年4月26日~2021年5月2日放送 
山形放送 報道制作局 庄司紫乃

【番組概要】
山形県の北西部・日本海に面した地域を庄内地方と言います。庄内地方は日本有数の米所で、北前船の寄港地として栄えた港町・酒田市もその一部です。酒田市出身の紙芝居師・米田佐之助さん(60歳)は、元・小学校教師。定年を前に教職を辞めて、紙芝居師に転身して4年が経ちます。きっかけは偶然の出会いでした。コロナ禍で披露の機会が減る今ですが、地域の魅力を紙芝居で未来へ残したいという新たな取り組みが始まっています。

【制作意図】
昔の民話が現代に伝わっているように、現代で生まれた紙芝居のストーリーがいつか地域の民話になる-そんな予感にワクワクしたことがきっかけです。また、大好きな庄内弁を素敵な「音」として残したいという思いもあります。私は山形県・庄内地方の情報番組を5年ほど担当していまして、いわゆる「庄内弁」を話す様々な方々と接してきました。ひとくちに「庄内弁」と言っても城下町、港町、農耕地域と風土によって、また人によっても違います。米さんの喋る方言は、港町・酒田市ならではの明るく闊達な印象、そして元・先生ならではの優しさを伴っているように感じます。米さんは 「紙芝居をしていると、隣の人が笑うと、また隣の人も笑う。そうしているうちにお客さん同士も友達になっている。そんな時間が生まれることが幸せだ。」と話します。紙芝居の合間に繰り出される庄内弁はお客さんがいるからこそ。米さんとお客さんとのコミュニケーションの賜物かと思います。途中、意味がわからない言葉もあったかもしれませんが、地域のあたたかみを感じとっていただけたら幸いです。ちなみに「佐之助の母ちゃん!この間はデゴヅケもっけだっけの~!」は、「佐之助さんの奥さん!先日は大根漬けありがとうね~!」という意味です。 

【制作後記】
冒頭の「怪人伝説」は、米さんが弟子入りした際に、師匠から最初の手引きとして授かった作品なんだそうです。師匠が作った、オリジナルの紙芝居-米さんは御守のように大切にしています。米さんの師匠は、「ヤッサン」という愛称で親しまれた伝説の紙芝居師・安野侑志さん。酒田市のお隣:鶴岡市のご出身で、偶然の出会いはそうしたご縁もあったようです。♪カンカンカン…♪と鳴らしている楽器は、クラベスと言います。勤務先だった学校の音楽室で出会った楽器で、拍子木よりも軽やかな音色が気に入って愛用しているそうです。後半に紙芝居づくりの依頼主として登場する内藤小容子さんと長船裕紀さん。米さんを知ったきっかけはYOU TUBEだったそうです。山形の自然に魅力を感じて根付いたおふたりは、地元の子供達に自然について教える機会も多く、展示や説明で終わらず物事を一緒に考え「伝える」、そのために紙芝居というツールが素晴らしいと感じたそうです。そして地元の方言で米さんに語って貰いたい-そんな思いから今回のコラボが生まれました。紙芝居はお客さんのリアクションに応じてアップデートしていくのだとか…今秋の完成、その後がとても楽しみです。           

山の造船所~伝統を繋げて

2021年4月19日~2021年4月25日放送 
信越放送 飯田放送局  久保田くに子

【番組概要】
南アルプスと中央アルプスに囲まれた伊那谷を流れる天竜川。シーズンには、どこか懐かしい櫓の音を響かせて観光客を乗せた舟が川を下ります。春まだ浅い2月。天竜川沿いの造船所から小気味よいつち音が響いてきます。このリズミカルで踊り出したくなる音は舟づくりから聞こえるのです。天竜川を下る舟は笹舟と呼ばれ、設計図はなく 木と釘で船大工さんの長年の経験と勘によって造られます。木のご機嫌を伺いながら1ミリずつ釘を打ち込む音が、トントト トントトと独特な弾むリズムを生み出します。しかし現在は合成樹脂の舟が主流で、伝統的な木造船の造船技術は全国的にも失われつつあるのが現状。天竜舟下りでは、船頭さんが冬の間は船大工さんとなって、伝統の技を無くしてはならないと後世へ繋いでいます。 

【制作意図】
新型コロナウィルス対の影響で観光客も減少した「天竜舟下り」。しかし地元の観光の目玉である舟下りの灯を消すわけにはいきません。浅春の頃 造船所から聞こえる舟づくりの心弾む音は天竜川に春を呼び、私たちの心にも春を届けてくれます。初めてこの音を聞いた時誰もが驚き、感動し、楽しい気分になるのではないでしょうか。でもこの伝統的な木造船の技術を伝えているのは全国でもほんのわずかな船大工さんで、天竜舟下りではその担い手は船頭さんです。船頭でも一人前 船大工でも一人前を目指し、消えつつある技を何としてでも残したいと頑張る船大工さんの心意気を軽快な舟づくりのリズムとともに伝えたいという思いです。

【制作後記】
私も久しぶりに舟づくりのトントト トントトの音を聞いたのですが、何度聞いても楽しい!天竜舟下りの船頭さんはベテランから若い人まで18人。意外と若い人が多く、しかもかっこいい!一人前の船大工さんになるには10年はかかるというが目標を持った人の姿は眩しい。設計図通りでは舟は出来ない AIでも無理じゃないかと船大工さんたちは思っています。人間の勘が頼りの仕事がここにあるのです。船大工さんは春からは船頭さんとして川を下りガイド役も務めます。ガイドにはそれぞれの個性があって面白いので何度も楽しめます。水の上から眺める景色に和み、水鳥たちもやってくる 豪快な水飛沫もかかりスリルも満点。乗船人数も制限しコロナ対策も行っている舟下りを是非多くの人に味わってもらえたら嬉しいです。 

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad