« コハクチョウ 北へ | メイン

2019年3月29日 (金)

時を越え!歌い続ける100歳の男声合唱団

2019年3月25日~2019年3月31日放送 
RKB毎日放送 RKBミューズ 茂田拓也

【番組概要】
九州最古の大学男声合唱団、西南学院のグリークラブが今年で100周年を迎え、また歌を愛するグリークラブOBを中心に結成した西南シャントゥールも今年で創立65周年を迎える。大正8年1919年から100年、戦前、戦中、戦後と時代の激動の中、歌い続けた西南グリークラブのメンバーには誇りの「歌」がある。いつ頃かは不明だが、英語詞の曲が歌えなくなった時代より前に西南学院の英文学教授、藤井泰一郎(ふじい・たいいちろう)さんが英語詞を日本語に訳し、今や全国の男声合唱だけでなく混声合唱でも歌われる。合唱団経験者なら一度は歌ったことがある、耳なじみのある曲・・・「いざ起て!戦人よ(いざたて、いくさびとよ)」「西南学院グリークラブ」発祥でメンバーの愛唱歌とも言えるこの歌が時を越え、今もなお歌い継がれる、その歴史に迫ります。

【制作意図】
100年続く男声合唱団、西南学院のグリークラブの歴史、そして歌を愛するOBからなる西南シャントゥールの今に迫ろうと、取材を始めました。取材を続けていく中で、今回お届けする「いざたて、いくさびとよ」という曲があり、今では多くの合唱団に歌われていること。実はこの曲は西南グリークラブから広まり、そして何より、このクラブの歴史を語る上で”欠かすことのできない一曲”だった。その「歴史的背景」と今でもメンバーが歌い続ける「意味」。そして「想い」を皆様に知って頂きたく制作しました。西南シャントゥールの歌声と共にお聴きください。

【制作後記】
西南学院グリークラブ100年という歴史には、メンバーが在籍した時代によって、それぞれの青春・思い出は様々でした。しかし、年齢、世代が違ってもこの曲に対する想いは一つ。歴代の先輩から受け継がれている「いざたて!いくさびとよ」は西南学院グリークラブの「誇り」ともいえる一曲でした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/563083/34174238

時を越え!歌い続ける100歳の男声合唱団を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad