« 季節を運ぶ | メイン

2019年3月 7日 (木)

女性フレームビルダーがかける1ミリの魔法

2019年3月4日~2019年3月10日放送 
京都放送 ラジオ制作部 竹澤日向子

【番組概要】
京都府唯一の競輪場がある向日町に、自転車のフレームを作る工房がある。その工房では、日本で唯一の女性のフレームビルダー、北島さんが毎日作業をしている。彼女がフレームを作るうえでこだわる1ミリの持つ意味とは何だろうか。また彼女にしか作れない自転車のフレームとは、どのような特徴があるのだろうか。実際に工房で聞こえる音とともに、北島さんのかける「魔法」に迫る。

【制作意図】
競輪用の自転車を作る認可を持っているフレームビルダー唯一の女性が京都にいることに興味を持った。そもそもフレームビルダーの仕事すら知らない人も多く、また競輪用の自転車となると、1ミリにこだわった自転車のフレーム自体を身近なものととらえる人も、おそらく少ないのではないだろうか。そのような知らない世界で何が行われているのかをぜひ伝えたいと思い、制作した。

【制作後記】
インタビューした北島さんは、いわゆる頑固な職人というような雰囲気を全く持たず、とても気さくな方。彼女の方からなんでも話しかけてくれるし、選手が悩みや不満を話しやすいというのも理解できた。また自転車のフレームを作る仕事の話を伺うにつれて、競輪というスポーツそのものが大変興味深く、人間味のあるスポーツであることを教わった。案外誰でもどっぷりと楽しむことができる競輪の、一瞬の勝負を左右する自転車フレームを作る北島さんのこだわりにも迫ることができた。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/563083/34171854

女性フレームビルダーがかける1ミリの魔法を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad