« 人生を変える小さな木箱~職人はバイオリン病~ | メイン

2017年4月17日 (月)

山里に子どもが増えた!大川にいらっしゃい!

2017年4月24日~2017年4月30日放送 
静岡放送 ラジオ局編成制作部 山本真弘


【番組概要】
過疎が進み、限界集落となっている静岡市の山間部・大川地区だが、子どもの数は増加傾向。地区の小学校では転入によりクラスも教員も増えることに。そこには、地域全体で子育て世帯の移住を支援しようという取り組みがありました。番組では、大川地区に暮らす子どもや教員、地域の方々の声を地域の音とともに切り取った。

【制作意図】
地域ならではの自然や風習が過疎によって廃れていくなか、積極的に移住者を受け入れ地域を存続させようと動き始めた大川地区。地域の人たちはどんな想いを持っているのか、またそこに移住した人はどんなことを考えているのか。繋げたいと願う自然・暮らし・風習を表現することを試みた。

【制作後記】
限界集落に子どもが増えているという新聞記事を見て、取材を始めた。静岡市大川地区は藁科川の上流、市街地からは車で1時間の山間地。本山茶というお茶の産地でもあるが、農林業の衰退で過疎が進んでいる。しかし、地域住民たちは子育て世帯の移住を受け入れていくことで地域を存続させようと頑張っている。地区に120軒を超える空き家を活かそうと家主と移住希望者のマッチングを図ったり、地域の繋がりを保とうと地道な努力を続けている。田舎暮らしというと牧歌的なイメージもあったが、実際は地域で協力してやっていかなければならないことが多いこともわかった。番組制作に当たって、当初は移住支援活動を中心に据えようと考えていたが、予定されていた取り組みが中止になるなど変更を余儀なくされた。大川小学校の放課後児童クラブも取材したが、地域のおじいさん・おばあさんがいきいきと子どもたちと会話し、遊んでいた。そうした地域ぐるみの子育てや支援の風景や大川の茶畑の景色など、音で表現できれば良かったのですが。。。


トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/563083/34055659

山里に子どもが増えた!大川にいらっしゃい!を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿

半世紀以上の歴史を持つ録音構成番組。全国の放送局がその土地ならではの風俗をそこでしか聞くことのできない音とともに紹介します。

ブログ powered by TypePad