« 第179回 平成29年 6月1日~ 6月6日放送分 | メイン | 音楽雑誌ERIS19号発刊 »

2017年6月 8日 (木)

第180回 平成29年 6月8日~ 6月13日放送分

Img_3152


1980年に発売されたアメリカ出身の作曲家バリー・マンのLP『バリー・マン』。

1960年に歌手として『フー・プット・ザ・ボンプ』でデビューするものの、その後は

シンガーというより、ソングライターとして活躍。ライチャス・ブラザーズの

「ふられた気持」をはじめとして、60~80年代に数えきれないくらいのたくさんの

ヒット曲を提供しています。 このLPでは全10曲中9曲が配偶者でもあるシンシア・

ワイルとの作品で、キャロル・キングとのデュエットも2曲はいっています。

発売当初はそれほど評価されなかったものの、今になってぐんぐん評価が上がり

CDとして再発された、というお宝です。

*プレイリスト

M1 I Just Died In Your Arms Tonight(愛に抱かれた夜) / Cutting Crew

M2 Don’t Know Much / Barry Mann

M3 House Of The Rising Sun/Frijid Pink(30分番組のみ)

※全国津々浦々レコード室から(30分番組のみ)

福岡県RKB毎日放送

M4 Laughter In The Rain / Neil Sedaka(30分番組のみ)

リクエスト・プレゼント応募はこちら!

水森英夫

亀渕昭信 プロフィール

1942年 北海道札幌生まれ。
1964年 ニッポン放送入社、番組制作部に配属となる。
1966年から一年間の米国留学を経たあと、約4年間、オールナイトニッポン・パーソナリティーを担当。その後、おもに編成業務をこなし、1999年、ニッポン放送代表取締役社長就任。
2008年、退任後、NHKラジオ1「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール」のDJを2年間担当。
2011年3月より、民放連ラジオ委員会の助力を得て、日本全国の民放ラジオ番組をNHKラジオ1の電波に乗せ、全国に紹介するという番組「亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり」の進行役を務めた。

著書

・『あの日の手紙届けます〜35年目のリクエスト』(白泉社)。 ・『いくつになっても始められる男の料理入門塾』(学研) ・『亀渕昭信のロックンロール伝~ビートルズ以前、16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした』 (ヤマハミュージックメディア)


趣味は、俳句にバイク(自転車)にマイク(ラジオ)にハイク(ハイキング)、そしてクック(料理)



2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ powered by TypePad