« 第372回 2021年 2月26日~ 3月2日放送分 | メイン | 第373回 2021年 3月5日~ 3月9日放送分 »

2021年3月 5日 (金)

第373回、第374回のフィル・スペクター追悼特集

30分パージョンでは後半に音楽評論家の萩原健太さんを迎えてお送りしました。

番組の中でお話していた、フィルスペクターについての記事をアップいたします。

40年ほど前の文章ですが、紙質とはうらはらに、いまだに色あせない内容です。

画面をクリックすると内容は拡大されますが、コピー転載はご遠慮下さい。

雑誌「POPSICLE」主宰の木崎義二さん、掲載許可をいただきありがとうございます。

Popsicle_11

Popsicle12_2

Popsicle13

Popscle21

Popsicle22

Popsicle23

Popsicle24

Popsicle25

Popsicle26

Photo






リクエストはこちらから

亀淵

亀渕昭信のお宝POPS

ラジオDJ、音楽評論家としてポピュラー・ミュージックに長年携わってきた亀渕昭信氏が、あなたが一番好きな、そして大事にしているポップス、ポピュラー音楽をご紹介する番組。
所蔵するライブラリーからマニア垂涎の「お宝」レコードのプレゼントも!!

 

亀渕昭信プロフィール

1942年 北海道札幌生まれ。

1964年 ニッポン放送入社、番組制作部に配属となる。

1966年から一年間の米国留学を経たあと、約4年間、オールナイトニッポン・パーソナリティーを担当。その後、おもに編成業務をこなし、1999年、ニッポン放送代表取締役社長就任。

2008年、退任後、NHKラジオ第1「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール」のDJを2年間担当。

2011年3月より、民放連ラジオ委員会の助力を得て、日本全国の民放ラジオ番組をNHKラジオ1の電波に乗せ、全国に紹介するという番組「亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり」の進行役を務めた。


著書

・『あの日の手紙届けます〜35年目のリクエスト』(白泉社)。

・『いくつになっても始められる男の料理入門塾』(学研)

・『亀渕昭信のロックンロール伝~ビートルズ以前、16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした』 (ヤマハミュージックメディア)

趣味は、俳句にバイク(自転車)にマイク(ラジオ)にハイク(ハイキング)、そしてクック(料理)





2021年4月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
ブログ powered by TypePad