« 放送300回記念イベントレポート | メイン | 第306回 2019年 11月21日~ 11月27日放送分 »

2019年11月21日 (木)

音楽雑誌ERIS28号のお知らせ

 

Eris28


亀渕昭信のお宝ポップス」を毎週お楽しみくださっている皆様へ。
音楽評論家萩原健太氏が編集長を務める電子ブック、ERIS/エリス第28号が出来上がりました。

内容がものすごく盛りだくさん。

今回の目玉は、巻頭、高田漣による細野晴臣の歴史的な米国ツアー同行記
『細野晴臣さんと僕。これが面白い!
 
そして、細川周平の『追悼ジョアン・ジルベルト「調子はずれ」の鼻唄歌手』。
熱烈なボブ・ディラン・ファンの入江沿一郎が来日が決まった
ディランの伝説のツアー「ローリング・サンダー・レヴュー」を考察。

能地祐子は来日したパンチ・ブラザーズの二人のクリスを熱烈直撃、
天辰保文は幅広くて楽しいジュールズ・シアー。
 
おなじみピーター・バラカンは伝説のピアニスト/アブドゥラ・イブラヒム、
水口正裕は
ブロードウェイミュージカル2019/20年の注目作と予測。
ラテン音楽に詳しい岡本郁生はセレーナの大活躍を偲びます。

北中正和はエチオピアの音楽について。
 
鷲巣功はヒースクリフと喜多嶋修のことを。
そしてカメちゃんはレコード・イベントの話と1945年頃のポップスについてエッセイを書いています。
 
萩原健太編集長はレコードプロデューサー兼作曲家のバート・バーンズのことを書いています。
とにかく、とんでもなく盛りだくさんの内容。
 
電子ブックですから、文章がそのままネットに繋がったり、新しい時代の本でもあります。
じっくりと楽しむことも出来ます。
それが、タダ、freeで読めます。
なにかを買うとかの義務は全くありません。
純粋に音楽を楽しむ雑誌です。
詳しくはこちらのホームページから。

音楽雑誌ERISホームページ

 
 
以上、ERIS第28号の告知でした。
リクエストはこちらから

亀淵

亀渕昭信のお宝POPS

ラジオDJ、音楽評論家としてポピュラー・ミュージックに長年携わってきた亀渕昭信氏が、あなたが一番好きな、そして大事にしているポップス、ポピュラー音楽をご紹介する番組。
所蔵するライブラリーからマニア垂涎の「お宝」レコードのプレゼントも!!

 

亀渕昭信プロフィール

1942年 北海道札幌生まれ。

1964年 ニッポン放送入社、番組制作部に配属となる。

1966年から一年間の米国留学を経たあと、約4年間、オールナイトニッポン・パーソナリティーを担当。その後、おもに編成業務をこなし、1999年、ニッポン放送代表取締役社長就任。

2008年、退任後、NHKラジオ第1「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール」のDJを2年間担当。

2011年3月より、民放連ラジオ委員会の助力を得て、日本全国の民放ラジオ番組をNHKラジオ1の電波に乗せ、全国に紹介するという番組「亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり」の進行役を務めた。


著書

・『あの日の手紙届けます〜35年目のリクエスト』(白泉社)。

・『いくつになっても始められる男の料理入門塾』(学研)

・『亀渕昭信のロックンロール伝~ビートルズ以前、16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした』 (ヤマハミュージックメディア)

趣味は、俳句にバイク(自転車)にマイク(ラジオ)にハイク(ハイキング)、そしてクック(料理)





2019年12月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
ブログ powered by TypePad