« 2018年10月 | メイン | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月29日 (木)

第255回 平成30年 11月29日~ 12月4日放送分

Img_0027_2


1967年発売、アメリカの3人組グループ、ウォーカー・ブラザーズのLP

「The Sun Ain't Gonna Shine Anymore(太陽はもう輝かない)」です。

アメリカ出身なのにビートルズの亜流としてあまり売れずにイギリスに渡って

大成功したというグループ。これは日本でのデビューLPですが、ヒット曲満載。

たしかにイギリスっぽいジャケットのベストアルバムです。

*プレイリスト

M1 Irrésistiblement(あなたのとりこ)/ Sylvie Vartan

M2 The Sun Ain't Gonna Shine Anymore(太陽はもう輝かない)/ The Walker Brothers

M3 The Acrobat/ Kestrel(30分番組のみ)

M4 Jingle Bell / Ella Fitgzerald(30分番組のみ)

M5 Sesame Street / Oscar Peterson Trio, Singers Unlimited(30分番組のみ)

2018年11月22日 (木)

第254回 平成30年 11月22日~ 11月27日放送分

Img_5456


1974年発売、アメリカのシンガー・ソング・ライター、ランディ・エデルマンのLP

「Prime Cuts」です。ランディ・エデルマンは、映画音楽のサントラなどで有名で、

日本のウィキペディアではシンガーとして活躍していたことがほとんど書かれていませんが、

14枚のソロLPをリリースしていて、これは4枚目にあたります。ジャッキー・デシャノンの

ご主人としても知られていますね。

*プレイリスト

M1 Kodachrome / Paul Simon

M2 Bluebird / Randy Edelman

M3 The Great Pretender / Freddy Mercury(30分番組のみ)

*にっぽん全国レコード店めぐり(30分番組のみ)

大阪市「Rock Stakk Records

M4 Black Metal / Venom(30分番組のみ)

2018年11月15日 (木)

第253回 平成30年 11月15日~ 11月20日放送分

Img_5455

今週はイギリスのバンド、ザ・トレメローズの「16 Greatest Hits」です。

1960年代後半からビートルズやストーンズなどがアメリカで流行したムーヴメントの

ブリティッシュ・インヴェイジョンのひとつのバンドとして知られていますが、

何と言ってもデッカ・レコードのオーディションでビートルズが落ちて、

ザ・トレメローズが合格し、その担当者がクビになった、という逸話は有名です。

こうやって後にベスト盤が出るようなアーティストなのに…。

*プレイリスト

M1 More Than A Feeling / Boston

M2 Silence Is Golden / The Tremeloes

M3 Don't Want The Moonlight / Dick Jacobs & His Orchestra(30分番組のみ)

M4 Walk Away Renee / The Left Banke(30分番組のみ)

M5 Across The Universe / The Beatles(30分番組のみ)

2018年11月 8日 (木)

第252回 平成30年 11月8日~ 11月13日放送分

Img_0025_2

POPSのファンなら知らない人はいないジャズ界のレジェンド、クインシー・ジョーンズ。

1981年のプロデュース・アルバム「Dude」は、「Ai No Corrida」の大ヒットもあって

代表作ともいえるLPです。彼自身は前面に出ず、新しい才能を発掘するということで、

ここからジェームス・イングラムが巣立ちました。

*プレイリスト

M1 Take It Easy / Eagles

M2 Just Once / James Ingram 

M3 Lies / J.J. Cale(30分番組のみ)

*全国津々浦々レコード室から(30分番組のみ)

秋田県「ABS秋田放送」

M4 Geraldine / Boots Walker(30分番組のみ)

2018年11月 1日 (木)

第251回 平成30年 11月1日~ 11月6日放送分

Img_0026_2
エリー・グリニッチといってもピンと来る方は少ないかも知れません。

夫である音楽界の巨匠ジェフ・バリー、そしてフィル・スペクターなどと組んで

ロネッツやビーチボーイズなどに楽曲を提供してきたソングライターです。

LPの「Let It Be Written, Let It Be Sung」73年の2作目でセルフカバーが中心。

スティーヴ・ガッドをバックにNYでレコーディングされた隠れた名盤です。

*プレイリスト

M1 Massachusetts / Bee Gees

M2 I Can Hear Music / Ellie Greenwich 

M3 Don Quixote / Nik Kershaw(30分番組のみ)

M4 Freeway Of Love/Aretha Franklin(30分番組のみ)

リクエストはこちらから

亀淵

亀渕昭信のお宝POPS

ラジオDJ、音楽評論家としてポピュラー・ミュージックに長年携わってきた亀渕昭信氏が、あなたが一番好きな、そして大事にしているポップス、ポピュラー音楽をご紹介する番組。
所蔵するライブラリーからマニア垂涎の「お宝」レコードのプレゼントも!!

 

亀渕昭信プロフィール

1942年 北海道札幌生まれ。

1964年 ニッポン放送入社、番組制作部に配属となる。

1966年から一年間の米国留学を経たあと、約4年間、オールナイトニッポン・パーソナリティーを担当。その後、おもに編成業務をこなし、1999年、ニッポン放送代表取締役社長就任。

2008年、退任後、NHKラジオ第1「亀渕昭信のいくつになってもロケンロール」のDJを2年間担当。

2011年3月より、民放連ラジオ委員会の助力を得て、日本全国の民放ラジオ番組をNHKラジオ1の電波に乗せ、全国に紹介するという番組「亀渕昭信のにっぽん全国ラジオめぐり」の進行役を務めた。


著書

・『あの日の手紙届けます〜35年目のリクエスト』(白泉社)。

・『いくつになっても始められる男の料理入門塾』(学研)

・『亀渕昭信のロックンロール伝~ビートルズ以前、16歳の僕はドーナッツ盤に恋をした』 (ヤマハミュージックメディア)

趣味は、俳句にバイク(自転車)にマイク(ラジオ)にハイク(ハイキング)、そしてクック(料理)





2019年5月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
ブログ powered by TypePad